プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
01 ≪│2016/02│≫ 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

ゴミ屋敷になる4つの心理的要因と解決策

2016/02/04(Thu) Category : 存在不安
本日発売の「女性セブン」(2月18日号)で「汚屋敷」の記事があり、その中で一部中尾眞智子がコメントしています。いい機会ですので、「なぜ片付けられないのか」「なぜ汚部屋になるのか」「ゴミ屋敷の心理とは何か」について、まとめておきましょう。

女性セブン7号(2月18日号)


 
Comment1  |  Trackback0
 
 

シュメールの人々の見る夢

2016/02/01(Mon) Category : 宇宙・スピリチュアル
恒星の周りを公転する周期が90万年という、途方もない恒星系が発見されました。
一方で、岩石惑星の限界を超える(と思われている)地球の17倍の質量を持つメガアースが発見されました(こちらは45日という超スピードで公転)。ビッグバンからわずか30億年後にできたようで、宇宙の形成史にも一石を投じるようです。

宇宙は人類の想像を超えて、そこに在ります。


 
Comment0  |  Trackback0
 
 

「日本人になった祖先たち」と「D」の意志

2016/01/25(Mon) Category : 見方・考え方・価値観-パラダイム
「日本人になった祖先たち―DNAから解明するその多元的構造」 (篠田謙一)という本があります。



 
Comment0  |  Trackback0
 
 

「言霊の幸ふ国」で流行っている「おつかれさま」

2016/01/11(Mon) Category : 世相・社会
1872年(明治5年)、ジュール・ヴェルヌが「八十日間世界一周」を発表。
1889年、ニューヨーク・ワールド紙は、世界一周最短記録を樹立すべくネリー・ブライを東回りの世界旅行に派遣。72日で地球一周を終え、日本に魅了され「愛と美と詩と清潔の国」と綴る。

同紙に対抗したコスモポリタン誌は、エリザベス・ビスランドを西回りの世界旅行に派遣。76日で地球一周を終える。
ラフカディオ・ハーンはビスランドから、『いかに日本は清潔で美しく人々も文明社会に汚染されていない夢のような国であったか』を聞き、日本に行くことを決意。

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

和楽器バンド、光線銃を撃ちまくれ!

2016/01/07(Thu) Category : 家族小景
和楽器バンド!!

行ってきました武道館。
和楽器バンド2016.1.6武道館「暁の宴」

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

世界で一つのあなたに幸あれ

2016/01/04(Mon) Category : 自律(自由と責任)への道
あけましておめでとうございます。

仕事始めの方は、瞬く間に正月気分も吹っ飛んでいることでしょう。
どころか、年末年始休まず営業している飲食店も増えていますしね。

でも、
呑み込まれずに、
自分を見失わずに、
自分のペースで歩いて行こう。



 
Comment1  |  Trackback0
 
 

2015年を振り返って

2015/12/30(Wed) Category : 見方・考え方・価値観-パラダイム
2015年も終わります。
2005年夏にブログを始めて、早いものでもう10年経つんですね。

このブログ上にある記事は、思考の産物や机上の学問ではなく、皆様の体験そのものであり、その体験から学んだことを表現したものです。
皆様一人一人が、自分の小さいちゃんや脚本ちゃんの表現者であるように、私は皆様の体験の表現者であるに過ぎません。
なので、ここに書かれている記事は全員のものという気がします。


 
Comment2  |  Trackback0
 
 

古都秋景9ー東福寺で紅葉三昧

2015/12/29(Tue) Category : 神社・寺・城・歴史
【古都秋景】

伏見稲荷大社山中から東福寺方面へ向かいました。
人っ子一人いない山道なので、廃寺っぽい所を通ったときなどちょっと不気味。足早に歩けば20分ほど。

東福寺の名は、奈良最大の東大寺+奈良盛大の興福寺からとって、京都最大の大伽藍にせんがため、東福寺にしたそうです。

東福寺01
東福寺01 posted by (C)Hide

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

古都秋景8ー不思議空間、伏見稲荷大社で感じたこと

2015/12/28(Mon) Category : 神社・寺・城・歴史
【古都秋景】

さて、せっかく京都に来たのだからと、もう1日取ったのは昼間に回りたい神社とお寺があったから。それが、外人人気ナンバー1の伏見稲荷大社(↓)と東福寺の通天橋。まずは、「お稲荷さん」の総本山、伏見稲荷大社へ。

伏見稲荷大社007
伏見稲荷大社007 posted by (C)Hide

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

古都秋景7ー青蓮院門跡で見た宇宙の営み

2015/12/27(Sun) Category : 神社・寺・城・歴史
【古都秋景】

赤が映える紅葉ライトアップの中で、ここは青の世界。
なので、来てみようと思っていました。

門の向こうが青の世界ですね~。
青蓮院門跡(ライトアップ)01
青蓮院門跡(ライトアップ)01 posted by (C)Hide


 
Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード