プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
03 ≪│2014/04│≫ 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
 
カテゴリ
全ての記事を表示する
RSSフィード
ブックマークに追加
 
 
QRコード
 
QRコード
 
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

災後の文明の構築に向けて、たこつぼから出て連携し始めた専門家達

 
2014/03/25(Tue) Category : 地震・災害・脱原発
BS1スペシャル「震災後の日本をどうする~次の大災害のために~」を見ました。

「災後の世界」をどのように築いていったらいいのか。
政治、行政、経済、歴史、文化などさまざまな専門性を持つ17人の学者が、その垣根を越えて2年半にわたって被災地に足を運び、研究会を続け、論文集にまとめました。

最後の方で、座長の御厨東大教授が述べられていた認識。
「これまで専門家はたこつぼに入っていた」
「全体を見ないとわからない」
「専門領域を超えてつながる」
「地元の人と率直に話をして仕組みを作っていく」
「組織を超えて情報を共有し、連携する仕組みが必要」

FC2 Management
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

震災ビッグデータ~車で地震に遭ったときの対応

 
2014/03/24(Mon) Category : 地震・災害・脱原発
東日本大震災発生時、地元と東京での人の動きはどうだったのか?
それを知ることが、今後の防災にもつながり、自分と家族を救うことにもつながります。

地元の動きは『"いのちの記録"を未来へ~震災ビッグデータ~』(NHK)で、東京の動きは『震災ビッグデータfile3 "首都パニック"を回避せよ』で紹介されていました。

いずれも、カーナビのGPS情報やツイッター情報を基に被害の実態を検証し、今後の防災に役立てようとする産官学連携しての取り組みから割り出された情報です。私も、家族を守るために活かしたいと思います。

*まずは東北での人の動きを見てみましょう。


 
Comment0  |  Trackback0
 
 

震災発生後、72時間になすべきこと

 
2014/03/23(Sun) Category : 地震・災害・脱原発
「テレビ未来遺産 震災直後…生死を分ける72時間になすべきこと」(TBS)を見ました。

東日本大震災で自衛隊が救助した人の数は19,000人余り。
救助者数の推移を見ると
3月11日(震災発生当日) 8202人
3月12日(震災発生翌日) 6362人
3月13日(震災発生3日目)3944人
3月14日(震災発生4日目)465人
3月15日(震災発生5日目)203人
3月16日(震災発生6日目)77人
3月17日(震災発生7日目)26人
3月18日(震災発生8日目)7人

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

『アナと雪の女王』~ありのままの姿見せるのよ

 
2014/03/16(Sun) Category : 映画
「アナと雪の女王」を見に行っていた真智子から電話。
車で迎えに来てほしいのだろう、と思いつつ電話を取ると、「一緒に見よう!」と言う。私が乗り気でないのを知っていたから真智子は一人で行ったのだが・・・

―なぜ、乗り気でないかというと、ディズニーだから。
幼い頃はディズニーアワー(三菱ダイヤモンドアワー)を夢中になって見ていたが、近年の作品では「過去を振り返らせないメッセージ」が巧みに織り込まれているのを感じたり、インディアンの歴史を少しかじった者から見ると「ポカホンタス」は明らかに歴史の糊塗であったり(見てないけど)・・・つまり、胡散臭いものを感じていたので、私がディズニーを敬遠していることを真智子は知っていたから―


 
Comment9  |  Trackback0
 
 

ウルグアイ・ムヒカ大統領のスピーチ「幸せになるためにこの地球にやってきた」

 
2014/03/06(Thu) Category : 見方・考え方・価値観-パラダイム
「バンクーバー朝日軍」は憎しみに打ち勝つこと、
「かぐや姫の物語」は欲に打ち勝つことの大切さを教えてくれました。そして、「天使の記憶を持っていた子供」は、この世で最も大切なことは命を輝かせること。そのためには、心が輝かなければならないを教えてくれました。

美しい地球には、憎しみから欲望に至るまで108ものお試しがあります。そのお試しに打ち勝つことが、この「宇宙の幼稚園」のような地球に下ろされてきた私たち魂の試練なのでしょう。


その地球に降りてきたかぐや姫や天使達の心情を、そのまま表したようなタイトルの記事を真智子が書いていますね。
「幸せになるためにこの地球にやってきた」

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

天使の記憶を持っていた子供

 
2014/03/04(Tue) Category : 宇宙・スピリチュアル
月から降りてきたかぐや姫。
地球に来るときも記憶を消され、月に戻るときも地球での記憶は消されました。

しかし、中には天使だった頃の記憶を持っている子供もいるようです。
マイミクの方のお子さんは、空にいる時にお母さんと一緒に遊んでいたお話などをし始めました。『語彙がぐんと増えた5歳から7歳ごろのお話が、とても具体的でメッセージ性もあり、私自身にとっても生きるヒントをたくさん貰いました』とのこと。

そして、「天使の記憶」というタイトルで時々日記にアップされていました(そのタイトルは全体に公開されています)。そのタイトル以外も興味深くおもしろいのですが、ごくごく一部をピックアップしてみます(許可を得て掲載させていただきました)。



 
Comment0  |  Trackback0
 
 

「かぐや姫の物語」~もう、哀しみの無限ループは終わらせたい

 
2014/03/03(Mon) Category : 映画
何となく気になっていたので、最終日に見に行った。
途中で、お腹の底からこみ上げてくるものがあった。
全身で泣きそうになった。

私のチャイルドがむせび泣いているようだった。



 
Comment1  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
原発だけでなくTPPもあなたの生活を根こそぎ奪います
風化させまいカレンダー
 

チェルノブイリ・ハート
放射能汚染される水(生命基盤)
現在のベラルーシに見る20年後の日本
 
会場でお会いしましょう(^^)
写真/動画集はこちら↓
 
 
著作
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
わが子を守るために
記事
お時間があれば是非…
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。