プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
12 ≪│2017/01│≫ 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

オーブからのメッセージ(石山寺)

2017/01/16(Mon) Category : 宇宙・スピリチュアル
石山寺に行ったときのこと。帰って写真を見て驚きました。

石山寺駅から寺に向かう大津放水路の上ですが、左上にカラーのオーブが写っています。他にも幾つか。

石山寺 大津放水路 オーブ01
石山寺 大津放水路 オーブ01 posted by (C)Hide

 
Comment1  |  Trackback0
 
 

「大好き」から科学と哲学、そしてコミュニティが生まれる

2017/01/15(Sun) Category : 世相・社会
NHK「サキどり」(日曜日8:25am)―あまりに感動。

森を大好きな人がいる。
50年かけて「素晴らしいだろう?」という森を育てた。

この桧を活かしたいと思った家具職人。
桧での椅子作りに挑戦した。

従来の作り方では投げれば壊れた。
1日20時間の試行錯誤がノウハウを蓄積させた。

その時を知る妻は、
夫はその時「取り憑かれていた」と。

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

酉年に「金鶏伝説」!

2017/01/03(Tue) Category : 神社・寺・城・歴史
今年は酉年ですね。
酉と言えば、「金鶏伝説」があります。

「金鶏伝説」とは、土中(山や塚)に埋められた金鶏が、多くは元旦に鳴くという伝説。皆様の近くでは鳴きましたか?

この伝説は日本全国にあって、その鳴き声を聞くことを「吉」としたり「凶」としたり地域によって様々なようです。とらえ方が違うということは、埋めた「金鶏」に対する立場が違うということでしょう。面白いよね~。


 
Comment0  |  Trackback0
 
 

自然の声、体の声

2017/01/02(Mon) Category : TV.本.漫画
ところでレコ大。近年のレコ大は、なぜそれが選ばれたのかの基準がわからず、納得性が低くて面白くない。

そんな中、老いも若きも口ずさんだ「シクラメンのかほり」の時のように(古!)、久々に登場した国民的ヒット「海の声」―こちらは、園児から高齢者までと、さらに幅広い。これはレコ大決まりだろう!と、思って期待していたのでガッカリした。

Youtubeでの外国人の要望が多いあまり、全世界に配信決定となった大ヒット曲なのに、な~ぜ~~??


 
Comment0  |  Trackback0
 
 

花束を君に

2017/01/01(Sun) Category : 世代間連鎖
あけましておめでとうございます。

大晦日は、老親が寝た後も妻と2人で紅白の趣向を面白がりながら見ておりました。司会の3人も、それぞれいい味出していてとてもよかった。楽しめて見応えのある紅白でした。


そんな中、ロンドンにいる宇多田ヒカルの録音ルームでのソロを見て、いつぞやの中森明菜を思い出しました。2人とも、「母親を背負った歌姫」というイメージがあります。(まぁ、そういう方は他にも多々いらっしゃいますが・・・)

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

今は、ただ「ありがとう」

2016/12/27(Tue) Category : 家族小景
今は、ただ「ありがとう」


【SMAP 「Bestfriend」】

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

予期せぬクリスマスプレゼント

2016/12/24(Sat) Category : 家族小景
「郵趣サービス社」から、封筒が届きました。
あれ?今注文してないのにな・・・と思いつつ封を切って、開けてビックリ玉手箱。

なんと、「スタマガネット10周年記念キャンペーン」当選!!

え?ホントに当選したんだ!!

驚き~~。抽選で3名だったんだよ~~?!
(最近は、嬉しい驚きが多いね~)


その賞品がこちら↓

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

大津・石山寺にあった鯉城(広島城)の秘密

2016/12/23(Fri) Category : 神社・寺・城・歴史
小学校時代に切手集めをしたことがあります。友人と切手交換する時のワクワク感を思い出しますね~。最近、何十年ぶりかで再び切手に注目。

というのも、日本の歴史に関する記事を書くようになって、仏像他なかなかフリーに使える写真などがない。けれど切手は、まさにそれらを意匠に取り入れているわけで、「あ、使えるかも」と思った次第。

さて、ある時WEBでつらつら眺めていて下記のものを発見し、即購入。


33年に一度 如意輪観世音菩薩御開扉(かいひ)--------------------

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

昼は大日如来、夜は月神の輝き鯉城(広島城)

2016/12/14(Wed) Category : 神社・寺・城・歴史
【広島城の続き】

鯉城(りじょう)------------------------------------------------------------

頼 聿庵(らい いつあん)が、「紅塵背指鯉魚城」(紅塵背指すれば鯉魚の城)と詠んだのは、このような姿だったのか・・・

広島城24 「紅塵背指すれば鯉魚の城」
広島城24 「紅塵背指すれば鯉魚の城」 posted by (C)Hide


 
Comment1  |  Trackback0
 
 

広島城:二の丸~広島護国神社

2016/12/13(Tue) Category : 神社・寺・城・歴史
郵便が届きました。
差出人は、なんと「広島城」!

広島城から郵便物

広島城から届くなんて、なんかカッコいいですね(←ミーハー^^)。

 
Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード