プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
11 ≪│2016/12│≫ 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

33.狸谷山不動院:いつでも誰かが きっとそばにいる

2016/12/02(Fri) Category : 神社・寺・城・歴史
【京の奥座敷巡り旅】33

まだ熱気さめやらぬ中、帰途に。

「火床」(処女地)を通って下界に降りていくようです。
胎内から世界へと、新たな生まれ直し―赤ちゃんも、こうやって“降りて”(生まれ出て)いったのかなぁ・・・

狸谷山不動院06 祈り灯籠
狸谷山不動院06 祈り灯籠 posted by (C)Hide


 
Comment0  |  Trackback0
 
 

32.狸谷山不動院:火渡り祭~新たに生まれた大地(処女地)を行くが如し

2016/12/01(Thu) Category : 神社・寺・城・歴史
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

31.狸谷山不動院:黄昏時の「雰囲気」のある参道と本殿のビッグオーブ

2016/11/30(Wed) Category : 神社・寺・城・歴史
【京の奥座敷巡り旅】31

それでは、白龍弁財天から始まり、本殿までの道を歩いてみましょう。
黄昏時でしたので、とても怪しげな雰囲気がある道々でした。
摂社については、「興味深い摂社」をご参考に。





 
Comment0  |  Trackback0
 
 

30.狸谷山不動院:狸と狐、そして伏見稲荷・熊鷹社の正体

2016/11/29(Tue) Category : 神社・寺・城・歴史
【京の奥座敷巡り旅】30

狸谷山不動院は、かつては瀬織津姫を祀っていただろうことがわかりました。瀬織津姫なら、「葛の葉伝説」で見たように白狐―キツネですね。
なのに、狸です。瀬織津姫なのに、なぜ狸?
というわけで、ちょっと調べてみました。

狸谷山不動院02 真言宗修験道総本山
狸谷山不動院02 真言宗修験道総本山 posted by (C)Hide


 
Comment0  |  Trackback0
 
 

29.狸谷山不動院:摂社が暗示していること

2016/11/28(Mon) Category : 神社・寺・城・歴史
【京の奥座敷巡り旅】29

鞍馬駅からホテルに戻って夕食。
狸谷山不動院(たぬきだにさんふどういん)の火渡り祭に行くため、早めに準備してくださいました。ありがとうございました。タクシーも手配していたので、夕方6:30には入口につくことができました。

狸谷山不動院01
狸谷山不動院01 posted by (C)Hide


 
Comment0  |  Trackback0
 
 

28.鞍馬寺:貴船~鞍馬を歩く旅で感じたこと

2016/11/25(Fri) Category : 神社・寺・城・歴史
【京の奥座敷巡り旅】28

童形六体地蔵尊---------------------------------------------

由岐神社を出て下っていくと「童形六体地蔵尊」がありました。

鞍馬寺55 童形六体地蔵尊
鞍馬寺55 童形六体地蔵尊 posted by (C)Hide

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

27.鞍馬寺:三宝荒神社=竈神~「竈」に潜む青蛙

2016/11/24(Thu) Category : 神社・寺・城・歴史
【京の奥座敷巡り旅】27

由岐神社の境内に荒神さんがいました。

三宝荒神社(さんぽうこうじんじゃ)-----------------------------

三宝荒神とは仏法僧の三宝を守護し、不浄を嫌う仏神。
火の神、竈の神として、古くからこの地に祀られているそうです。荒神さんは台所などに祀られていますね。

鞍馬寺53 三宝荒神社
鞍馬寺53 三宝荒神社 posted by (C)Hide


 
Comment0  |  Trackback0
 
 

26.鞍馬寺:京都三大奇祭の「鞍馬の火祭」が暗示していること

2016/11/23(Wed) Category : 神社・寺・城・歴史
【京の奥座敷巡り旅】26

鞍馬の火祭(京都三大奇祭の一)-----------------------------

記事24で、靫明神は大地震に国家大乱(承平天慶の乱)を収めるために、藤原基経一族の命によって封じられた神(国常立神&瀬織津姫)だということがわかりました。

すると、京都三大奇祭の一つと言われている「鞍馬の火祭」の意味が見えてくる気がします。鞍馬の火祭とは、次のようなお祭りです。


【鞍馬の火祭】

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

25.鞍馬寺:鞍馬寺と由岐神社―名と紋と構造に見る対の秘密

2016/11/22(Tue) Category : 神社・寺・城・歴史
【京の奥座敷巡り旅】25

由岐神社 本殿の色------------------------------------------

さて、このように見てきますと由岐神社は国常立神と瀬織津姫を祀っていることがわかります。特に「靫」という名と、神(瀬織津姫)が寺を見守るという日本に初めてお寺を建てた蘇我馬子の思いと形が貫かれているところから、代表神格は瀬織津姫でしょう。

鞍馬寺51 由岐神社 本殿
鞍馬寺51 由岐神社 本殿 posted by (C)Hide


 
Comment0  |  Trackback0
 
 

24.鞍馬寺:藤原政権に封じられた「靫明神」の秘密

2016/11/21(Mon) Category : 神社・寺・城・歴史
【京の奥座敷巡り旅】24

鞍馬寺の守護神・由岐神社---------------------------------------

お寺の中に神社。神仏習合の形ですね。

鞍馬寺46 由岐神社
鞍馬寺46 由岐神社 posted by (C)Hide

 
Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード