プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

私の姿勢

2001/01/01(Mon) Category : 私の姿勢
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

当ブログの注意事項

2001/01/01(Mon) Category : 私の姿勢
■ブログとは、ある存在目的(意志・方向性)を持った一つの「場」です------
では、このブログはどのような場なのか。まずお読みください。
当ブログの「場」の機能とコメントポリシー


■次に、記事に振り回されることがないよう下記をお読みください---------
当ブログを読むときの留意点及び転載する際の留意事項


■リンク及びコメントについての留意事項です-----------
リンク及びコメントについて


 
Comment1  |  Trackback0
 
 

俺は今、ここにいる

2005/11/21(Mon) Category : 私の姿勢
目に揺れるピンクの野アザミ

そよ風が肌をなで

葉ずれの音が 耳にささやく



アリがチリチリ腕を這い

裸足の足をくすぐる草草



天高く雲は行き

立ち昇る草いきれの中

私は今、暖かな大地に抱かれている



「俺は今、ここにいる」






 
Comment2  |  Trackback0
 
 

現点の想い

2005/11/25(Fri) Category : 私の姿勢
半ば過ぎたよ人生も

顔は若いが47

想いはいろいろあるけれど

一人で生きてるわけじゃない

でーんとここは腰をすえ

しっかり家族を支えよう!


 
Comment0  |  Trackback0
 
 

語り継ぐこと

2005/11/25(Fri) Category : 私の姿勢
2回にわたってお伝えしてきたワークショップ。
http://nakaosodansitu.blog21.fc2.com/blog-entry-45.html
http://nakaosodansitu.blog21.fc2.com/blog-entry-46.html

あるご縁から甲賀さんと知己を得、テル・テール・クラブのご案内をいただくようになった。私も、「語り」を重視している。

スマトラの大地震の時、全員が助かった村があった。その村では“ツナミ”の怖さが親から子へと実感をこめて語り継がれていた。そのため、潮が引き始めたとき、村人全員が一目散に高台に向かって走ったのだ。

「平家物語」も同じ。琵琶法師は、平家滅亡の物語を語り、聴衆は物語に泪を誘われながら、「人間奢っちゃいけないんだ」ということを実感として学んでいった。

 
Comment2  |  Trackback0
 
 

2006/11/09(Thu) Category : 私の姿勢
自分の姿を知りたいとき、人は鏡の前に立つ。

自分がわからなくなったとき、人は話を聴いてもらう。
そして、相手から返ってくるフィードバック(姿勢や言動)を見て自分の姿を知る。

つまり、人は自分の鏡。
だから、いろんな人との交流が多ければ多いほど、自分のいろんな側面を映し出してくれるので自己理解が進む。

ただ、鏡にもいろんな鏡がある。
小さい頃遊園地に行くとあったマジックミラー。
伸びたり、縮んだり、曲がったり、逆さになったり…自分と接する人は、そういう多様な鏡の一つ。

 
Comment1  |  Trackback0
 
 

「問題」と「事件」への関わり方-私のカウンセリング姿勢

2007/03/13(Tue) Category : 私の姿勢
「短大生遺体切断事件」を連載しながら考えていたことだが、私のスタンスを整理しておきたい。


■書く理由------------------------------------

「事件」が起きると、報道された情報の中から心理学者、弁護士、警察OB、その他識者がそれぞれの観点でコメントをする。そこは、私も同じ立場である。新聞や週刊誌も人が責任を持って取材(仕事)しているわけであり、事実に関する部分は信頼してよいと思う。

ただ、報道は耳目を惹かんがためにセンセーショナルな取り上げ方をしがちで、勇貴容疑者及び亜澄さんも、共にあまりにも一方的でスキャンダラスな見方のままに葬られることが可哀相で仕方がなかったため連載を始めた。
しかし、その記事も期間限定で削除することを考えていた。私も人の親。ご両親他ご関係者の方々のことを考えると胃が縮む思いで書いていたからである。

 
Comment2  |  Trackback0
 
 

シニア産業カウンセラーを目指す方の逐語訓練

2007/07/22(Sun) Category : 私の姿勢
奇数月の第三土曜日にシニア産業カウンセラーを目指す方の逐語検討を行っている。
15分ほどのロールプレイを録音し、それをテープ起こししてカウンセラーの癖を修正していく。

訓練期間中はありがちなのだが、カウンセラーの相づちが半歩早い。
聴こうとする誠意は伝わるが…、クライエントは急かされる気がするだろう。

一度、オウム返し以外の相づちを思いっきり減らさせてみた。
そのかわり、クライエントを温かく見守り続けて、目でしっかりと支持をし続ける。
目は口ほどにものを言う、だ。


 
Comment1  |  Trackback0
 
 

ブログ「あなたの子どもを加害者にしないために」活用の仕方

2008/07/09(Wed) Category : 私の姿勢
記事を基にした母親勉強会など、私のブログで学ばれている方も多いようです。そういう方が、よりわかりやすいように工夫をしました(→お急ぎの方は下記★★まで飛んでください m--m)。

 
Comment2  |  Trackback0
 
 

皆様、コメントをありがとうございます

2008/07/25(Fri) Category : 私の姿勢
皆様、コメントをありがとうございます(m--m)。
いつもいつも、ありがたく思っております。

続編を書けなかったのは、訪問カウンセリング、電話&スカイプカウンセリング、メールカウンセリングが立て込んでいた上に、雑誌掲載原稿の手直しが入ってしまったからです(昨日締め切り)。

本日も、これから訪問カウンセリングに出かけますので、また改めて書かせていただきますが、ご心配をおかけすることになりますので、ちょっと一言書いておかなければと思いました。
 
Comment1  |  Trackback1
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード