プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
05 ≪│2006/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

「ひきこもり」とは何か(1)-自己の解体と再統合の時期

2006/06/01(Thu) Category : 不登校・引きこもり
『突然手錠、恐怖で動けず』(6/1朝日)-アイ・メンタルスクールに拉致された青年の記事が載っていた。5/19から書いているが、この項の最後に「引きこもり」のとらえ方について書いておきたい。

引きこもり=甘え、怠け、つまり悪と見なされている。
だから、それを矯正し、社会のレールに復帰させようとする試みが是とされる。それが暴力的であれ何であれ、向かう方向が社会に引っ張り出すことであれば基本的にOKなのだ。

『死亡した男性は米国留学後、引きこもりになった』(5/22朝日)と言う。
異文化に接して、生き方を含めた価値観が混乱し、それがトリガーとなって引きこもることはあり得ることだ。

引きこもりとは外部との情報遮断である。
では、何故自らを外部から遮断して引きこもるのか?

 
Comment5  |  Trackback0
 
 

「ひきこもり」とは何か(2)-自己解体期の危機(アイデンティティ・クライシス)

2006/06/01(Thu) Category : 不登校・引きこもり
青年は依存症だったという。
迷い道に入り込んだときに、何かに依存してしまうことはあることである。

解体しかかる自分が怖くて、早く再統合したくて、思想やイデオロギー、宗教や団体などに「これだ!」とはまってしまうこともそうだ。
解体しかかる自分が怖くて、しかし、それらのものに支えを見いだせずに、薬物やアルコールなどに逃避してやめられなくなることもそうである。

何かにはまってしまった場合、それが脱カルトであれ、脱アルコールであれ、適切な離脱のプログラムが必要だ。その最も重要なものは、離脱者の話を聞くことである。アルコール依存の断酒会が有名だが、定期的に仲間と会って互いを支え合い続けること。

依存の治療とは「習慣を絶つ」ことに他ならないから、毎日毎日が勝負の日々なのである。一人でその勝負に勝つのは至難の業なので仲間が必要なのだ。…



 
Comment1  |  Trackback0
 
 

少子化が止まらない-【出生率1.25】

少子化:出生数比較図

『出生率最低1.25』(6/2朝日1面)
『底見えぬ少子化衝撃』(同2面)
『働き方を変えよう』(同社説~タイトルはその社説の書き出しから)
…と紙面を費やし、データを並べ、『家族そろって夕食が食べられる。そんな社会に変えたいと思う』と希望が述べられているが…。

1990年の『1.57ショック』以降、もう15年以上もたっている。
その間出生率が下がり続けたと言うことは、それ以降もにショックショックと騒がれながらも、有効な対策が何ら取られなかったことを示している。もう「ショック」と言う言葉自体に慣れてしまった。

 
Comment5  |  Trackback0
 
 

「医師不足」にも見られる現代のいびつ

2006/06/03(Sat) Category : 世相・社会
『この国は誰をどこまで守ろうとしているのか』
『本当に困ってる人を救えなくなったら、税金払う意味なんてあるのかな?』-マイミクのKITさんの日記のコメントに書かれていた言葉。

行政にいる方々さえもが、そう悩んでいる…。


------------------------------------------------
昨夜見たNHKスペシャルの「医師不足」の1シーンを思い出す。

小児科医だった父親は、自分が高2の時に過労で亡くなった。医師を目指していたが、「父親を殺した科」として小児科は憎んだ。

…が、実際に医学部で学び、「子供には将来がある」という教授の言葉に感動し、インターンとして子供に触れる内、他にやる人がいないのならば自分がやるしかない、と父親と同じ道を歩むことを決意する。

その女性が涙ながらに話す場面を、私も目を真っ赤にして見ていた。
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

学校を生かすも殺すも校長次第

2006/06/03(Sat) Category : 学校・教育・いじめ
マイミクの方が「学力を育てる」(岩波新書 志水宏吉著)という本を紹介されている。

日記で、『他校の通塾生徒の算数国語の成績よりもこのE小学校の塾に通っていない子どもたちの方が平均点が高いという』小学校の取り組みが次のように紹介されている。

1.わからないときにわからないと言える学習集団づくり
2.授業と家庭学習との有機的なリンク
3.弾力的な指導体制と多様な授業形態
4.学力実態の綿密な把握
5.学習内容の定着をはかる補充学習
6.動機づけをはかる総合学習の推進

『数多くの施策を校長が中心になっておこなっている』


 
Comment2  |  Trackback0
 
 

学校を生かすも殺すも国次第

2006/06/04(Sun) Category : 学校・教育・いじめ
「親がおかしい(4)-万引き」のTB先へ訪問して驚いた記事(↓ちょっと遅いですが…^^;)。

『国立教育政策研究所生徒指導研究センターと文部科学省は、問題行動を起こした小中学生を出席停止とするなど厳格な対応を求める報告書をまとめ、22日公表した』
『高校生には退学や停学などの懲戒処分を実施して学校秩序の維持を図る内容』
『具体的な指導方法として、小さな問題行動から注意するなど、段階的に罰則を厳しくする「段階的指導」を挙げている』
(詳しくは『文科省:問題行動の小中学生、出席停止を厳格に適用』)

さらに、『文科省:児童生徒の指導厳格化を報告』の記事
『米国では「人間の心は変えられないが、行動は変えられる」という行動主義心理学と、微罪を取り締まって重大犯罪を減らす治安理論の影響で、ゼロトレランス(寛容度ゼロ)教育が隆盛した』『生徒指導の厳格化をためらう理由はない』という和田秀樹氏のコメントにはショックを受けた。

『子どもは救われぬ-ドラマ「3年B組金八先生」の脚本家、小山内美江子さんの話』とあったが、全くその通りだ。

 
Comment0  |  Trackback1
 
 

墓石行政

2006/06/05(Mon) Category : 世相・社会
秋田児童殺害事件。
「このような事件が二度と起こらないように」…被害者のお父さんが訴える。
幾度も繰り返されてきたこの言葉。

「心の闇」が、また問われる。
しかし、両親を殺害して焼身自殺した海洋学者一家の事件が、その翌日、千葉に飛び火して両親を殺害後自殺した事件を呼んだように、今やなんらかのきっかけで爆発しそうな「心の闇」はあちこちに広がっている感がある。

本当の、本物の対策を取らない限り、間違った対策を取り続ける限り、現象は現れ続ける。
これでもまだわからないか、とサインは現れ続ける。
そして、そのサインはだんだん非道くなっていく。

放置していると、多くの命が奪われることになる。
http://nakaosodansitu.blog21.fc2.com/blog-entry-259.html
 
Comment0  |  Trackback1
 
 

おかえり

2006/06/06(Tue) Category : 家族小景
「ただいまー」

「お帰りー」
「お帰りなさい」
「お帰り」


たったそれだけのことだが、

ホッとする。



自分を迎え入れてくれる「場」がここにある

変わらないものが、ここにはある。


「家族」は、暖かいから家族なんだと思う。
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

「ひきこもり」とは何か(3)-6年間引きこもった青木昆陽

2006/06/07(Wed) Category : 不登校・引きこもり
さて、ちょっと間が空いたが、このシリーズの終わりに、引きこもりの例を青木昆陽に見てみよう。
2001.4.25のNHK「その時歴史は動いた」で青木昆陽を見て以来ファンになったが、その時に書いたものを掲載したい。




私の好きな人物の一人に甘薯先生、青木昆陽がいます。
彼は、病の父を助けるため医学に志し、京にて三年学びますが父を救えません。相次いで母をも失ってしまいます。
そして彼は、父のために三年、母のために三年、計六年もの間喪に服します。お参りに行く以外は外に出ず、今風に言えば引きこもったのです。

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

モラハラの心理-1.再現ドラマに見る洗脳事例1

2006/06/08(Thu) Category : モラハラ(モラルハラスメント)
フジテレビのモラハラ特集(「こたえてちょーだい!」6/8)を見た。
モラルハラスメント被害者同盟の管理人さんによるとお2方の体験が下敷きになっているようだ。

その事例を元に以下のようにモラルハラスメントの心理構造について掲載していきます。


★モラルハラスメントの心理
1.再現ドラマに見る洗脳事例1 (本項)
2.再現ドラマに見る洗脳事例2
3.モラ夫に洗脳されるメカニズム
4.なぜ、結婚すると突然モラ夫になるのか?
5.絶対服従を叩き込む


 
Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード