プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
01 ≪│2007/02│≫ 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

「短大生遺体切断事件」 13.亜澄を求めた勇貴

2007/02/01(Thu) Category : 少年犯罪・家族事件簿
【「短大生遺体切断事件」目次】

★23.亜澄を身につけた勇貴-----------------------------------------

殺害の後、勇貴容疑者は亜澄さんの下着を持ち歩いているようです。乳房や局部も切り取られていたと言います。
こういう事実があると、すぐにマスコミは「性的猟奇的事件」としてセンセーショナルに取り上げたがります。しかし、そこ止まりです。人々が知りたいのは、その奥だと思います。

そこは、いくら本人に聞いても、家族に聞いてもわかりえないところでしょう。本人たちが分かっていれば事件は起こっていません。分かっていないからこそ事件が起きるのですから。

また、『事件直前、現在交際中の男性が、「嫌いなんだから(家族のことなんて)どうでもいいだろう」と話すと、「大好きだからつらいんじゃん」と泣きながら答えたという』(毎日新聞1/22)という事実は家族からは出てきません。

 
Comment2  |  Trackback0
 
 

「短大生遺体切断事件」 14.大義が心を殺す

2007/02/01(Thu) Category : 少年犯罪・家族事件簿
【「短大生遺体切断事件」目次】

★25.大義が心を殺す-----------------------------------------------

長いこと書いてきました。
しかし、それは犯人捜しをするためではありません。そもそも犯人はいないのです。そこには、ただ「状況」があるだけです。
(参考:「ゼロトレランスでいじめは救われない」)

私のカウンセリングは、犯人捜しをしません(他のカウンセリングも同じだと思いますが…)。ただ、「状況」が関係者全員に分かるように提示します。そして、その状況の中で「現在」という結果が現れていることを理解してもらいます。すると、今後どうすればいいのかが見えてきます。

 
Comment6  |  Trackback0
 
 

皆殺しの天使

2007/02/02(Fri) Category : 映画
タイトルは、ルイス・ブニュエルの映画の題名である。



 
Comment2  |  Trackback1
 
 

国虚飾にまみれて山河荒ぶ

2007/02/02(Fri) Category : 環境
この後、「飛鳥発掘が覆す大化改新」(NHKスペシャル)見たいので、急ぎメモ。

「日本の農業は息の根を止められようとしている」

これが、「地域発!どうする日本『誰が支える?あなたの食卓』農業改革で村が揺れる」(NHK)を見ての実感。

背景にあるのは、国際分業体制と比較優位の考え方。この2つはセット。
米国に追随する日本はこれしかないと思いこんでいるから、このセット以外の考え方はできない。そして、「グローバル化」という眉唾のかけ声に乗せられて、いよいよ瀕死の農業は最後のとどめを刺されようとしている。

 
Comment1  |  Trackback1
 
 

カウンセリング with TV

2007/02/04(Sun) Category : モラハラ(モラルハラスメント)
母、娘、祖母-本日のカウンセリングは8時間に及んだ。
テレビカメラは5時間回したという。
私も、相談される方も全く気にならなかった。

事前にディレクターの方に確認したのは、ご本人がカウンセリングを望まれているのかと言うこと。ディレクターの方が、こういう人がいるという話しをされたら、むしろご本人から是非お願いしたいと望まれたそうだ。

その方はモラルハラスメントの被害者。
自分と同じ目に遭ってほしくない。
ただ、その気持ちからテレビに出る決意をされたという。
トラウマの残る身を挺して訴えたい気持ちがある。

 
Comment2  |  Trackback1
 
 

「夫婦のコミュニケーショントラブル」をテーマにした朝ビタ

2007/02/04(Sun) Category : 夫婦問題
昨日のTBSの収録に引き続き、本日はテレビ東京の「朝はビタミン!」の2回目の打合せ。
生放送は明日月曜日の朝8:00!
当然修正が入るから、最終打合せは明日朝6:30!

ほんと、テレビの世界は自転車操業。
「あるある」がやっつけ仕事になるのも分かる気がする。
制作現場は追われている。
1日2日貫徹するのは常のことのようだ。
明らかにこのペースは異常だ。

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

マスからローカルへ

2007/02/05(Mon) Category : 世相・社会
いやはや生放送は目まぐるしい(--;)。
いろいろな欲求がスタジオ台本の上で鬩ぎ合っている。
それを十分に練り込む時間がないし、その台本がまた生放送の中で変化していく…。

1本の再現ドラマでも、お話ししたいことは沢山あるし、それぞれが気づきにつながるものなのだが、局側がそうは問屋は卸さない。

番組はお金がないと作れない。
お金はスポンサーとなる企業が出す。
企業の宣伝効果を上げるためには視聴率。
視聴率を上げるためには、刺激的な画面作りをしなければならない。
また、朝8:00というあわただしい時間帯を考慮しなければならない。
じっくりとしたもの、重たすぎるものは敬遠される。
でも、興味は惹きたい…

 
Comment2  |  Trackback0
 
 

モラハラ被害者へのカウンセリング-「イブニング5」

2007/02/06(Tue) Category : TV.本.漫画
昨日2/5(月)の「朝はビタミン!」(テレビ東京)のコメンテーター出演について、いろいろと取り込んでいて事前告知をしておらず、ご迷惑をおかけしました(いや、かけてない? ^^;)。

「“今、家族が危ない”再現VTRで問題検証その一言で夫婦崩壊」の番組表を見て、たまたまチャンネルを回した友人からも、『今朝8時過ぎに12チャンネルに回したら中尾さんがしゃべっていてびっくりしました』と(m--m)。


 
Comment7  |  Trackback0
 
 

「死」の捉え方で「生」が変わる

2007/02/06(Tue) Category : 自然が教えてくれた
「死」をどう意識するかで、生き方が変わってくると思います。

小学校3年生前後だったでしょうか。死ぬことが、とても怖かった覚えがあります。その時の「死」のイメージは次のようなものでした。




「死」のイメージ

 
Comment1  |  Trackback0
 
 

自然が教えてくれた「死生観」(1)-蝸牛

2007/02/08(Thu) Category : 自然が教えてくれた
小さい頃、まだ縁側のある小さな平屋で、縁側から地べたに飛び出すこともしょっちゅう。
植物好きの母は、花と言わず食用と言わずいろんなモノを植えていました。

梅雨の頃は、大きなアジサイが見事で、よくカタツムリを取りました。
「水」が好きなのだと思っていたので、空き缶に満杯に水を入れ、5,6匹その中に放り込んで、蓋をして学校に持っていったものです。
水の中を宇宙遊泳のように漂うカタツムリ…

カタツムリもとんだ災難でした。

カタツムリ


 
Comment4  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード