プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
03 ≪│2007/04│≫ 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

志を受け継ぐ

2007/04/03(Tue) Category : 人生・世代
73歳で急逝された岡本先生の遺志を受け継ぎ、産業カウンセラー資格者の勉強会をもう一人の仲間と共に引き受けることにした。奇数月第3土曜日に逐語訓練他を行う。

先日お久しぶりにライフスクエアのSさんや「フラッシュバック」を書かれた高橋さんにお会いした。


あの時Sさんは、いつものように私のサイトに来て「突然の訃報」の記事を読み始めた瞬間、パタッとネットを閉じ、胸騒ぎの中、またネットを開き、そしてまた閉じ…そういうことを繰り返していたそうだ…。

Sさんは、つい1週間ほど前に元気な岡本先生に会っていたばかりだった。

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

自然が教えてくれた「死生観」(6)-花虻

2007/04/04(Wed) Category : 自然が教えてくれた
ヴーン…
という羽音で思い出すのは ハナアブ。
姿形がミツバチとそっくりなのです。

違いは唯一つ。
刺す針を持っていません。

アブとハチ


ハエの羽音と違って、ハナアブの羽音は耳に心地よく、よく菜の花畑に捕りに行ったものでした。蜜を吸っているところを片手でパッと包み捕ります。

それを耳に近づけると、グーの手の中から実に心地よい羽音が聞こえるのです。
その音を聞きたいがために、捕っては放し、また捕っては放し…。


 
Comment0  |  Trackback0
 
 

旅立ちの季節

2007/04/05(Thu) Category : 人生・世代
新たな旅立ちの季節である。

嬉しいお便りをいただいた。
許可を得ているので、かいつまんで掲載させていただく。




『色々とためになるログありがとうございました。かなり時間がかかりましたが、今までに、過去ログも含めてほとんどを読破したと思います。ログを読んでコメントを書くことが、こんなに自分の心を整理できるとは思っていませんでした。』

『仕事関係で沢山書くことがあっても、自分の人生のために書くというのは、これが始めてで新鮮でした。』

 
Comment2  |  Trackback0
 
 

車のキーが呼んだ?

2007/04/06(Fri) Category : 家族小景
バタンッ!
しめた後に気づいた。

「あっ!キーをつけたままだ」


…ついこの間免許の更新に行ったが(ゴールド免許です ^^)、
その間ズーーーーっと、こんなことはなかった。

なんでまたこんなうっかりをしてしまったのだろう…。
まぁ、珍しいことである。


中には買い物してきた冷凍食品がまだ鎮座ましましている。
う~ん、こりゃ妻のパート先に出向いて鍵を借りて戻ってきて…結構時間がかかりそう。
しかし、それ以外に手はない。

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

社会を作るのは私たち一人一人です

2007/04/07(Sat) Category : 家族小景
明日は都知事選。
こんなに(14名も!)立候補者がいたんですね(↓)。
http://www.senkyo.janjan.jp/election/2007/13/00005580.html

「ブログに見る都知事選挙」という特集もありました。
http://www.technorati.jp/special/election/2007/tokyo/


ともかく…
marcun殿さんもmixi日記に、都知事選のキャッチフレーズをもじって書かれていたが、「東京の未来は あ な た が決める!」(私は都民じゃないもので…)

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

先生のための教育メソッドの本~アサーティブコミュニケーション

2007/04/09(Mon) Category : TV.本.漫画
従来のアカデミックな大学院とは異なり、実践的プロフェショナルを生み出すための大学院がある。
それが「専門職大学院」だ。

まだ聞き慣れない方も多いと思うが、アメリカのプロフェッショナルスクールを範として2003年度に制度導入された。2004年にスタートした法科大学院(ロースクール)も専門職大学院のひとつである。

いわゆる大学の延長で行く大学院との違いは、「高度で専門的な職業能力を持った実務家の養成」を行うことを目的としていることである。そのため、現場の第一線で活躍する各分野のスペシャリストを教員に招き、レベルの高い専門的実務教育を実施しているのが大きな特徴だ。
現在、法律、会計、行政、医療・福祉、教育、ビジネス系の大学院があるようだ。



 
Comment0  |  Trackback0
 
 

散歩で選挙

2007/04/09(Mon) Category : 家族小景
都知事選。
なんだかアッサリと流れていく。

対抗馬が出ないもたつき感。
その後は議論も十分に尽くせないまま投票日に突入。

いろんな大事なことが、スルースルーと流れるように決まっていく。
……


マイミクの方の選挙関連の話題を拾ってみた。




らいよんさんの日記。
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

DV防止法改正へ (今国会成立をめざす)

6日金曜日の朝日新聞トップで「ドメスティック・バイオレンス(DV)防止法」改正の動きが出ていた。
南野知恵子(のおのちえこ)氏を座長とする自公のプロジェクトチームが議員立法として今国会へ提出する。尚、01年に施行されたDV防止法は3年ごとの見直しを規定されており、今年度がその年に当たる。
DV防止法改正記事070406

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

スカイダイビングでの危機離脱

2007/04/10(Tue) Category : 世代間連鎖
スカイダイビングをされているから話を伺ったときのこと―


飛行機から降下する。
ある地点でパラシュートを開く。

が、開き方がおかしい。

開くまでは余裕を持ってフリーホールしていたが、
いざ開いた距離から下を見ると、
それまでとは比べものにならないくらい地面がぐんぐん近づいてくる。

焦る!

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

自然が教えてくれた「死生観」(7)-蜂

2007/04/11(Wed) Category : 自然が教えてくれた
小4くらいの頃でしょうか。
バドミントンをしている時、羽が屋根の上に引っかかってしまいました。

木造の小さな平屋ですからね、木梯子を持ち出して屋根に上りました。
軒下のトイの辺りにあったんじゃないかと思います。

無造作に手を伸ばして取った瞬間、


ジクジクッツ!!

スズメバチに刺される

激痛!が走りました。



 
Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード