プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
09 ≪│2007/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

自然が教えてくれた「死生観」(26)-蛙(3)

2007/10/03(Wed) Category : 自然が教えてくれた
子どもの頃、宮崎の母の実家の山道の小さな側溝で、なんとも不思議な光景を見たことがあります。

カエルと蛇がいました。

まぁ、自明の関係です。



追いかけていました。

まぁ、よくあること …

では、ありませんでした。



 
Comment0  |  Trackback0
 
 

時津風部屋暴行致死事件(5)-時津風親方隠蔽工作への憤り

2007/10/04(Thu) Category : 社会事件簿
【時津風部屋力士暴行致死事件】

今朝の「とくダネ!」を見て、さらなる怒りが湧いた。
「弟子達が連れて行った後はわからない」と、時津風親方が弟子達のせいにしていたことだ!

親が罪を犯してその罪を我が子になすりつけているようなものだ。
それが何より許せない。


「とくダネ!」では、時津風部屋を応援している後援会の方が、弟子達から聞いた状況を話された。事件当日、その部屋の力士達と食事する予定になっていたが、行けなくなったという電話を受け、そこから状況を聞くことができたという。

事件後、親方の対応に不信感を持った若手力士がいなくなっており、二重三重に若者の将来を奪った―それを許すことができず、その方は取材に応じたのだった。

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

時津風部屋暴行致死事件(6)-ハラッサーとしての時津風親方

2007/10/04(Thu) Category : 社会事件簿
【時津風部屋力士暴行致死事件】

怒りを抱え込んでいる人間は、無意識のうちに怒りの吐き出し先を探している。
怒りを抱え込んでいるのは苦しいからだ。

ある母親は、少なくとも月に1度は大爆発を起こしてわが子を座らせ、12時間にわたって罵倒し続けた。しかも…その間の記憶を全てなくしていた(解離性健忘)。だから、自分では怒りを持っていないと思いこんでいた。

なぜ記憶をなくすかというと、我が子を自分の怒りのはけ口(道具)としていることに自分が耐えられないからだ。お腹を痛めた我が子を踏みつけにしているのである。その良心の呵責に耐えられないから、記憶をなくす。

言い換えれば、我が子を犠牲にし記憶をなくすことまでしても、怒りを吐き出すことをしないと自分が壊れていまうのである。怒りの感情というものは、ため込んでおけるものではない。
まして、マスコミで識者が語っているように「怒りを理性でコントロールする」ことなど、できない。


 
Comment1  |  Trackback0
 
 

心が亡くなる過労死大国

2007/10/06(Sat) Category : 世相・社会
■残業140時間、過労死で賠償命令=8300万円、薬剤師の両親勝訴-名古屋地裁
(時事通信社 - 10月05日 20:11)


東海地方でドラッグストアを展開する「スギヤマ薬品」(名古屋市千種区)に勤めていた薬剤師杉山貴紀さん=当時(24)=が死亡したのは、長時間労働による過労が原因として、静岡県大井川町に住む杉山さんの両親が同社を相手に慰謝料など約2億600万円の支払いを求めた訴訟の判決が5日、名古屋地裁であり、多見谷寿郎裁判長は計約8300万円の支払いを命じた。
多見谷裁判長は、杉山さんが死亡する前の1カ月間の時間外労働は約138時間にも上り、休日も2日しかなかったと指摘。「必要な睡眠時間の確保も難しく、疲労が過度に蓄積していく状態だったにもかかわらず、会社側は適切な措置を怠った」として、過労死を認定した。


 
Comment1  |  Trackback0
 
 

乳がんと闘う山田泉さん講演会「いのちの授業をもう一度」

2007/10/07(Sun) Category : 人物
虎井まさ衛氏からご案内を頂き、山田泉さんの講演会に行ってきた。

虎井まさ衛氏は、幼少時より自分は男性であるとの性自認(Gender Identity)を持っており、大学卒業後、アメリカにて性同一性障害の診断を受け、アメリカで女性から男性に性転換された。
2004年に施行された「性同一性障害者特例法」の成立に深く関わり、同法により戸籍上も男性となった。そして今年、<差別と偏見をもたない人や環境を育成する教育事業>に乗り出そうと決意されて事務所「オフィス然nature」を立ち上げ。


その第一回企画講演として、乳がんの再々発で闘病生活をされつつ講演活動もされている山田泉さんを呼ばれたのである。テーマは、「いのちの授業をもう一度」。


 
Comment1  |  Trackback0
 
 

「死にたい」と思っていた人との往復書簡(1)-(問1)自殺はダメなことなのか?

2007/10/07(Sun) Category : 自殺・自傷
以前、青木ヶ原樹海で自殺しようとしている男性と遭遇したドキュメントを見た。
取材した人が「理由もなく死ぬ」ということにショックを受けていた。

「孤独」は、生きる気力を奪うに十分な理由だ。

ある方との往復書簡-それをブログに掲載することにも意味があるのでは、と、ふと思った。
その方も、死について深く考えていらっしゃった方だった。そういう方と真摯にやりとりしたかつてのメールを掲載することが、そういう思いを抱えている方により共感的に届くのではないかと思ったからだ。

『自分の文章が何らかのお役に立てること、ありがたく思います』
ご返事を頂いたので、掲載したいと思う。


 
Comment2  |  Trackback0
 
 

「死にたい」と思っていた人との往復書簡(2)-(答1)生きる意味

2007/10/08(Mon) Category : 自殺・自傷
【復1】

自殺は、意識してやっていない場合もあります。
疲れ果てて、もう休みたいと思っていたら、気づくと電車のホームから一歩足を踏み出そうとしていた…そういう場合も多いのではないでしょうか。

そういう方は気づいたときには天国です。
そこに価値観の入り込む隙間はありません。

ですから、私は人をそのように追い込む環境を憎みます。
何とかしたいと思います。
そのためにブログで情報発信しているわけです。


上記のような場合があるにせよ、自殺を肯定はしません。
それは、次の3つの理由からです。
1,生き物だから
2,宿命(自分のこの世でのテーマ)を達成していないから
3,自殺したいくらいに悩んでいるときこそ生き直しのチャンスだから


 
Comment5  |  Trackback0
 
 

「死にたい」と思っていた人との往復書簡(3)-(問2)宿命とは何か?

2007/10/09(Tue) Category : 自殺・自傷
【往2】

お忙しい中お返事頂き、本当にありがとうございます。

>自殺は意識してやっていない場合もある。
まったくその通りだと思います。

この場合は価値観の問題ではありませんね。
動いてはいるのだけど、周りが全く見えていない。
ただただ楽を求めて、今の苦しい状況からの救いを求めていたら、気付いたらホームの先に立っていた―そういうことだと思います。


中尾さんの言われる3はよく分かります。
楽しくやっている時にわざわざ自分の人生を見つめたり、振り返ったりはしないですよね。苦しい時だからこそ、真剣に自分を見つめることができる。それによって連鎖を断ち切ることもできる。


 
Comment0  |  Trackback0
 
 

「死にたい」と思っていた人との往復書簡(4)-(答2)宿命とは自律への意志と連鎖との闘い

2007/10/10(Wed) Category : 自殺・自傷
【復2】

宿命というのは、私の体験から出てきた考え方です。

以前パニック症候群に陥ったことがあります。
この病は、私に生きるペースを変えよと教えてくれるものでした。
この時期は、突っ走ってきた自分の見直しをいろいろと迫られる時期だったのでしょう。

「前世療法」という本に出合いました。
これは、自分と家族、特に子どもとの関係の認識を変えてくれました。


概要次のようなものです。

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

嘱託殺人-自殺願望の女性を契約殺害

2007/10/11(Thu) Category : 社会事件簿
「自殺願望の女性殺害」-今朝の朝日新聞朝刊一面に衝撃の文字。

【朝日2007年10月11日03時00分】
【読売2007年10月11日15時10分】

おりしも、自殺はするな「生きてください」というメッセージをブログで発信していた最中(*最下欄参照)だっただけに、何とも言えぬ思いが走る。


記事によると-
 
Comment1  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード