プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
01 ≪│2009/02│≫ 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

暗闇恐怖の克服

2009/02/01(Sun) Category : 心の闘い物語
【「原初的トラウマ-誕生の恐怖-の克服」の続き】
(*追記しますね-これは個別な物語です。完全も完璧もこの世にはありません。全てに状況があり、その全てを含めて“個性”です。その個性の中に、それぞれの人がこの世で果たすべき課題が隠れていると思います。)



中尾さんのグロブの「七色の世界へ、お誕生おめでとう!」を読んでいました。

『脈打つ心臓、
 詰まりそうな息、
 割れんばかりの頭。
 このまま死ぬかも、という思い。』
 
Comment3  |  Trackback0
 
 

「いい子」の病の克服-アダルトチャイルド(AC)及びその家族の再生

2009/02/02(Mon) Category : 心の闘い物語
下記2編の続きです
1.原初的トラウマ-誕生の恐怖-の克服
2.暗闇恐怖の克服




心も体もすり減らす生き方をしてきた。
無意識の怒りをいろいろな活動にぶつけ、周囲を巻き込み、
「忙しい」が口癖で、ストレスと過労で倒れることもしばしば。

自分を犠牲にし、気持ちはないものとして我慢して無理して生きる
その生き方は親子関係で身についたものだった

 
Comment1  |  Trackback0
 
 

フリーチャイルド(FC)の誕生!

2009/02/02(Mon) Category : 心の闘い物語
ドク、ドク、ドク、ドク・・・
耳の奥から心臓の音がする

頭が割れるように痛む
頸の後ろの瘤が、ちょとずつ小さくなってきている

痛い、痛い
背中まで痛い

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

誰もが愛あふれる人になれる

2009/02/03(Tue) Category : 心の闘い物語
嬉しい便りが続いています。

★--------------------------------------------------
そのとき、私の胸の辺りから何かがあふれてる!と感じました。

喜びかな、それもあるけどそれだけじゃない。
愛だ~!今、絶対愛があふれてる!
噴水みたいにドバっとあふれてる!

と感じました。
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

心ではないどこかに答えはない

2009/02/04(Wed) Category : 心の闘い物語
【「誰もが愛あふれる人になれる」の続き】

ああだこうだと自分を責め、自分を縛る思考。
西洋が動物と人間を分け、人間を神に近づけるために「理性」を至上に置いたことから人間の不幸が始まりました。

IPに支配された左脳が、無限の可能性を秘めた右脳を支配しました。
会社などの組織に勤めている人はよくお分かりでしょうが、人は自分の器以上の人間を扱うことはできません。ちっぽけなトップは、優秀な部下をちっぽけにしてしまいます。いずれ、会社全体が沈没していくのです。

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

第1部-2、割れる世間の目

2009/02/05(Thu) Category : 仮面の家
第1部 家庭内暴力息子刺殺事件

■2、割れる世間の目------------------------------------

<一審>浦和地裁
『長男の立ち直りは極めて難しく、それまでの親の接し方にも間違いはなかった。長男の精神荒廃が極限の状態では、家庭が崩壊させられるか、長男を殺害するかしかの選択しかなかった』(執行猶予付)

<二審>東京高裁
父親は『社会経験が豊富で物事を冷静に判断できる立場にあった』『家庭内暴力が始まってから事件まで1年もたっておらず家族への危害はなかった。社会への適応能力もあり、治癒可能性は十分にあった』(実刑)

 
Comment1  |  Trackback0
 
 

第1部-3、“関係性”の視点で問題を見る

2009/02/06(Fri) Category : 仮面の家
第1部 家庭内暴力息子刺殺事件

■3、“関係性”の視点で問題を見る

事が起こると、その事件の渦中にある中心人物にのみ焦点が当たるのが、これまでの考え方の枠組みでした。そのため、「長男の評価」を中心において2つの判決が出たわけです。評価は2つに分かれましたが、いずれも長男を中軸においていることに変わりはありません。

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

成長を見るのは楽しい

2009/02/07(Sat) Category : 学校・教育・いじめ
「覚えていらっしゃいますか」というメールが届いた。
おぉ、2006年11月に『おもしろ~い♪』という記事で書いた中学生Y君だ。懐かしい。あの時は『しみじみと…夕暮れ』に書いたとおり、父子のようで楽しかった。

で、ここの中学では社会の授業の一環として取材やフィールドワークを行いレポートを書かせている。とてもいいことだと思う。ただ、1学期につき1つのテーマでレポートを書くというのは、ちょっと大変だね…。

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

だいじょうぶ!

2009/02/08(Sun) Category : 自然が教えてくれた
大丈夫! と山が言ってる。

20090208matumoto






 
Comment0  |  Trackback0
 
 

統合失調症を作りやすいダブルバインド

2009/02/09(Mon) Category : アダルトチャイルド
1,『言うことを聞かないことを禁ずる』 第一次禁止令
「親の言うとおりにしていれば間違いないんだ」
「親の言うことを聞かないからそういうことになるんだ」
「親の言うことを聞かなくてそうなったんだから、もう知らん」

2,『異議申し立てをすることを禁ずる』 第二次禁止令
「親は子どものためを思って厳しいことを言うんだ」
「お前のためを思って言ってるんだ」
「他人は耳障りのいいことしか言わない。こんな事を言ってくれるのは身内だけだぞ」

 
Comment5  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード