プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
10 ≪│2009/11│≫ 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

変革者(パイオニア)たちへ

2009/11/01(Sun) Category : 見方・考え方・価値観-パラダイム
はい、熱を伝播させようと記事を書いたが、娘の熱は妻に伝染(--;)
おかげさまで、娘は平熱に戻り頭痛を残すのみ。
妻は38度前後を行ったり来たりしながら、時々パソコン(^^;)
妻と娘は二人してしゃべっているので、病人のいる気がしない。

今朝は妻に代わって洗濯し、久々にコーヒーをドリップで入れて一息。
外の空気がうまい。
にしても、今日から霜月のはずだが?……寒くない。
鳥は元気よく鳴いているし、私の感覚ではこれからどんどん暖かくなる3月下旬~4月上旬?―木枯らしの秋という風情がどこにもない(ヒマワリまだ咲いてるし)。

 
Comment2  |  Trackback0
 
 

「人間知恵の輪」に見る変革の本質

2009/11/02(Mon) Category : 見方・考え方・価値観-パラダイム
え~、娘は時折咳き込むものの平熱に戻り、妻は昨夜の日本シリーズに拍手混じりの熱い声援を送り、日ハムが勝ったせいか今朝は熱も下がっており(^^; …妻は札幌出身です)、代わりに息子が微熱―明日あたりが大変かも。というわけで、まぁ2日遅れくらいで次々に家族が新型インフルに罹っていて“順調”です(笑)。

私も、インフルの菌が変容して強くなる前に罹っていた方がいいかも…と思いつつ、まぁ積極的に罹る気はしませんのでマスクしてます。皆様も、お気をつけください。


 
Comment2  |  Trackback0
 
 

娘の誕生日

2009/11/03(Tue) Category : 家族小景
快晴。
昼の差し込む日差しは暑く、夜は冷え込んだね。

娘の誕生日だった。

特にほしいものはない、ケーキがあればいいというので、
ならばと、お昼に妻と娘と3人で車を飛ばして買いに行った。
息子は生クリームがダメなので、息子用には別のものを。

 
Comment2  |  Trackback0
 
 

集団カウンセリングの計画について

2009/11/04(Wed) Category : 私の姿勢
集団カウンセリングの可能性」(9/27)で書かいた「講演+集団カウンセリング」の形式ですが、いろいろとご反響ありがとうございました(m--m)。

実は、驚くべし、埼玉、神奈川、大阪の3カ所で開催の計画が上がっております。いずれも主婦の方で、女性パワー恐るべしですね(^^)。

実はこれまでの講演も、普通の方の企画から始まったものが多いのです。もう待ってはいられない。人任せでもない。自分たちの力で地域を変えていこうという思いが下記の講演を成功させてきました。

 
Comment5  |  Trackback0
 
 

「普通」って、何?

2009/11/05(Thu) Category : 見方・考え方・価値観-パラダイム
『大人どもよ、おまえらが勝手に「普通」ってもんを作ったから悲劇は起こった』―これは、当時の新聞に掲載された少年A(酒鬼薔薇事件)の言葉だ。

私の相談者の方にも、「普通」に悩まれている人がたくさんおられる。
「学校に行くのが普通だろう」
「そんな夫、普通にいるわよ」
「それくらいのこと我慢するのが普通よ」
「普通は、そんなことで文句を言わないもんだ」
「そんなことできないなんて普通じゃないよ」
「ここ笑うところだよ、普通」
「普通にしろ!」…?

 
Comment6  |  Trackback0
 
 

男泣きした「THIS IS IT」!!!!

2009/11/06(Fri) Category : 映画
出だしにやられた。
世界各地からマイケルと踊るために集合したバックダンサー達。

「人生って辛いでしょ」
「何か意味を見出したくて」
「それがこれだ(This is it)」

映像から伝わる彼らの思いがダイレクトにどんと入ってしまった。
その後しばらくは、マイケルではなく、ふとバックダンサー達に目をやるたびに涙がこみ上げた。

 
Comment7  |  Trackback0
 
 

「中年期」っていつ?

2009/11/08(Sun) Category : 人生・世代
日本家族カウンセリング協会の研修で面白いのは、参加者の方々のいろいろな体験やそれを元にした世代感覚を聞けることだ。

たとえば、中年期とは何歳~何歳くらいまでと思いますか、という質問。
皆さんはどう思われるだろうか。


 
Comment2  |  Trackback0
 
 

子育て心理学

2009/11/11(Wed) Category : 心理学
人の心がどのように育っていくのかということを知ることで、生き方や子育ての仕方、教育のあり方なども変わって参ります。いわゆる問題児を見る視点、事件を見る視点も変わって、問題への取り組み方が変わるでしょう。

そういう視点を持つきっかけになるよう、システムズアプローチの観点を背景に、交流分析の理論を土台にして、カウンセリング事例や少年犯罪などの事件も交えて、人がどのように成長していくのかをまとめてみました。
ご参考になれば幸いです。


 
Comment0  |  Trackback0
 
 

子育て心理学:第1部 1)思い当たることはありませんか?

2009/11/12(Thu) Category : 心理学
子育て心理学:第1部-自分と家族の問題を見る視点】

■1)思い当たることはありませんか?

自分の苦労は子どもにさせたくないと思っていませんか?
子どもが苦労しないように導くのが親の役割と思っていませんか?

―よかれと思ってしていることが、子どもの「生きる力」を奪っているかもしれません(お膳立て症候群)。


 
Comment2  |  Trackback0
 
 

子育て心理学:第1部 2)親を取り巻く環境の3つの変化

2009/11/13(Fri) Category : 心理学
子育て心理学:第1部-自分と家族の問題を見る視点】

■2)親を取り巻く環境の3つの変化

完全な人間はいませんよね(←いたらつまんないですね ^^)。
ですから、完全な親もいません(完全でなくていいんです。親も愛嬌やかわいげがなきゃ~ネ。だって「人間だもの」…)。

昔も今も前項のような親はいたでしょう。ただ、親を取り巻く環境が大きく変わってしまいました。その環境の変化からは、まことに残念ながら、誰も逃れることができないのです。
その変化とは、「家庭の密室化」と「働きすぎ(ワークライフ・アンバランス)」、そして「常識の変化」です。


 
Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード