プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
03 ≪│2010/04│≫ 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

「離」の章:親への執着を手放しハラスメント界から離れる時、生きる意味が見えてくる

2010/04/01(Thu) Category : 世代間連鎖
世代間連鎖を断ち、モノを捨て、ハラスメント界から離れる「断捨離」】の続き

さて、前項のコメントで、お金を「親に出してもらった場合でもだめなのか・・・」とありました。それは無意識に飲み込まれている場合とお考えください。要は意識の問題です。親のために頑張ってきたのだから、その慰謝料のつもりで遠慮せずに脱出費用を出してもらっていいのです。親が無意識でどのように押しつけてこようとも、こちらが罪悪感(←IP)など持たずに堂々と受けていればいいのです。何事も自分に無理をさせないこと(←無理をさせる方向に考えるのがIP)。まずは脱出して身の安全を確保すること。

…では、「離」の章です。


 
Comment7  |  Trackback0
 
 

IP(インナーペアレンツ)の妨害工作を笑え!

2010/04/02(Fri) Category : 心の闘い物語
「親という監獄」からの脱出過程』で、いかに親というテリトリーから離脱することが困難かを書いた。その大変さを実感していただくために、一つのストーリーを読んでいただければと思う。

たとえ親と距離をとってはいても、IPに乗っ取られて生きている人は多い。そういう人が2年ほどをかけて背骨を作っていく。その2年間も半端ではない闘いの連続である。

そして、ようやく自分のIPも相当に強い、ということが自覚できるようになってくる(闇にどっぷり浸かっているときは、IPの強さも自覚できません。そして、他の人のブログ見ながら、みんなIP強くて大変だなぁ…などと他人事のように見ています ^^;)。自覚できたということは、敵を自分から分離できるということ。

 
Comment13  |  Trackback0
 
 

無責任な株主(IP)から、「自分株式会社」の経営権を取り戻そう

2010/04/03(Sat) Category : 自律(自由と責任)への道
「自分」という会社を懸命に合理的に“管理”しようとする人がいる。

自分は、「自分株式会社」の社長だ。
社長には経営者と管理者の二通りがある。

経営者は自社をよく知るが故に、外部の雑音に惑わされず冒険が出来る。
管理者は株主や銀行がダメと言ったらダメ―主体性を失ったその企業は、やがて勢いを失い、そして沈没していく。


 
Comment2  |  Trackback0
 
 

魂リーディング-(1)情報には“時”がある

2010/04/04(Sun) Category : 宇宙・スピリチュアル
以前、虎井まさ衛さんからリーディングを受けたことがある。
ひょんなことから、別の方(女性)からリーディングを受けた。
リーディングとは、まぁ簡単に言えば高次の存在の声を聴いてそれを伝えること。あるいは、相手の魂にアクセスしてその声を本人に伝えること。

リーディングに関してはいろいろと思われる方もいると思うが、外からもたらされる情報や現象は、それがなんであれ、すべて自分の鏡と言ってよい。そのことに気づきさえすれば、すべての鏡を自分の人生を全うするためのメッセージとして活用していけるだろう。

 
Comment3  |  Trackback0
 
 

魂リーディング-(2)私の生き方

2010/04/05(Mon) Category : 宇宙・スピリチュアル
魂リーディング】私の生き方

■鯉の滝登り---------------------------------------------

鯉の滝登り―それが私の生き方らしい。

koinotakinobori

実は、過去生からずっと流れに逆らうという生き方を繰り返してきたそうだ。

 
Comment4  |  Trackback0
 
 

魂リーディング-(3)私の魂の性質

2010/04/06(Tue) Category : 宇宙・スピリチュアル
魂リーディング】私の魂の性質

■根が自由人---------------------------------------------

魂の性質が自由人なんだという。
流れに逆らうというと、信念持って体制に迎合しない反逆者のような頑固なイメージがあるが、そうではなく「自由」なんだという。

それもよくわかる。前項で、「普通」が一番いいということを書いたが、私が普通であり続けたいことの背景に、自由を奪われたくないから、というのがある。私にとって第一の価値は自由であることだ。
すべての奴らに気持ちの自由を!


 
Comment4  |  Trackback0
 
 

魂リーディング-(4)私の魂の役割

2010/04/07(Wed) Category : 宇宙・スピリチュアル
魂リーディング】私の魂の役割

■導く人-------------------------------------------------

で、導く人なんだそうだ。
なぜなら、何かに囚われていたら導けないから。
自由でなければ導けないから。
(な~るほどね)

その代わり、誰も前にはいない。
道は自分で切り開かなければならない。
決断はすべて自分でしなければならない。

体当たりだから失敗もある。
そして、失敗を自分の力で昇華する強さを持たなければならない。


 
Comment1  |  Trackback0
 
 

魂リーディング-(5)今生の目的

2010/04/08(Thu) Category : 宇宙・スピリチュアル
魂リーディング】今生の目的

■私の夢-------------------------------------------------

今生の目的について書く前に、私自身の夢について書いておこう。
昨日も書いたが、自由だからどんな生き方でもできそうなものだが、流れ(その時代の価値観や体制)に逆らうという生き方を繰り返してきている―なぜ、わざわざそんな苦労を背負い込むのかといえば、私一人が自由であっても、面白くないからだ。

自由で活き活きとしている人があふれている社会だからこそ、その社会が楽しい。監獄社会の中で一人自由であっても、くそも面白くない。ロボットの中で一人感情を持っていても楽しくないでしょ。

 
Comment2  |  Trackback0
 
 

魂リーディング-(6)人生最大の試練

2010/04/09(Fri) Category : 宇宙・スピリチュアル
魂リーディング】「人生最大の試練」とは何か?

■人生最大の試練--------------------------------------------

遠くない未来に、最大の試練が来るという。
川を堰き止めてダムにしようとする勢力が来るそうだ。

いろいろな理屈をつけてダムを造る。
社会にとって一見いいことのように思える。
しかし、循環する自然を堰き止める必要はない。蓄える必要もない。

相手は、社会を救うための、とても魅力的かつ効率的な計画を持ってくる。
が、それはまがい物。

 
Comment2  |  Trackback0
 
 

魂リーディング-(7)「家族」と一つになれ

2010/04/10(Sat) Category : 宇宙・スピリチュアル
魂リーディング】「人生最大の試練」を乗り越える最大の鍵とは何か?
(ジュセリーノではありませんが、ここに書いたのでもう“試練”が来ないことを期待しますが)

■「家族」と一つになれ----------------------------------------

それは、家族だ。

あなたは危機を感じているからこそ、焦りを感じ頑張ってしまう。
自分しかいないという思いで一人突っ走る。

(あ゛~これもよくわかる(--;)。
私を突き動かすのは、常にこのままじゃダメという危機感(感じなければ放っておきます)。個人のICや組織の集合意識の叫びを感じてしまうのだ。それを感じている自分が代弁していくしかないという思いで行動してきた。私の書いた2冊の本も、両方とも自分しか書く人がいないという思いで書いたものだった)

 
Comment1  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード