プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
08 ≪│2010/09│≫ 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

上嶋洋一先生がカウンセリングの道に入られた原体験

2010/09/01(Wed) Category : 心の闘い物語
産業カウンセラー協会の講演で、千葉商科大学の上嶋洋一先生のお話を聴いた。先生がカウンセリングの道に入られた原体験が興味深かったので、そのときのメモから再構成して記します。記憶違いがあるかもしれませんが、人がどのように体験から学んでいくのか、参考になると思いましたので掲載します。

 
Comment4  |  Trackback0
 
 

メンタルレスキュー協会下園壮太先生のクライシス支援

2010/09/02(Thu) Category : 自殺・自傷
前回に続き、産業カウンセラー協会主催の講演をご紹介します。
下園先生は、陸上自衛隊コンバットストレス教官。まさに命のやり取りの現場におけるストレスケアをされてこられた方です。その方が、自衛隊で培われた支援方法をNPOメンタルレスキュー協会(MR)を通して民間に普及しようとされています。

上記サイトと講演を含めてのメモです。

 
Comment2  |  Trackback0
 
 

「躾と虐待の違い」-玉井邦夫先生の講演より

2010/09/03(Fri) Category : 虐待
日本家族カウンセリング協会の研修で、大正大学玉井邦夫先生のお話を聴いた。とてもエネルギッシュでわかりやすいお話しだった。ダウン症のお子さんを持ち日本ダウン症協会の会長もされている。以下、メモである。


●虐待とは--------------------------------------------------

abuse=ab(逸脱:例→abnormal=正常から外れた)+use(取り扱い)
→「不適切な取り扱い」
 (米国の電化製品には→「Don't Abuse」と書かれているそうだ)
 
Comment4  |  Trackback0
 
 

援助者の心構え(=人間関係の心構え)

2010/09/04(Sat) Category : 自律(自由と責任)への道
虐待児と向き合い続けていらっしゃる玉井邦夫先生の言葉。
『「虐待を受けた子供」と対する場合は、自分がその子から「虐待をされている」という認識を持って対応する必要がある』―この言葉には衝撃を受けました。私は、次のような事例をスーパーバイジングしたことがあります。
(以下、ご本人の許可を得て掲載しております)


 
Comment14  |  Trackback0
 
 

心の脊柱側湾の治し方

2010/09/06(Mon) Category : 自律(自由と責任)への道
援助者の心構え(=人間関係の心構え)】を読まれた方(ぴよたんさん)から、mixiにコメントをいただきました。参考になると思いましたので、許可を得て記事として掲載させていただきます。ありがとうございます。
(上記タイトルは、私が勝手につけたものです)


-----------------------------------------------------------------------
子育て中に、もしかすると子どもとのやり取りでも同じような事例があるかもしれないなぁ・・と思って大変興味深く、何度も読ませて頂きました

 
Comment2  |  Trackback0
 
 

痛みの塔のてっぺんにいるチャイルドへ

2010/09/07(Tue) Category : 自律(自由と責任)への道
援助者の心構え(=人間関係の心構え)】を読まれた方から、BUMP OF CHICKENの「ハンマーソングと痛みの塔」をご紹介いただきました。

いい歌でした。YouTubeにたくさんアップされていますね。
まずはお一つどうぞ。

 
Comment19  |  Trackback0
 
 

24時間自分の人生

2010/09/09(Thu) Category : 自律(自由と責任)への道
援助者の心構え(=人間関係の心構え)】で登場されたAさんは、出来事から自己への洞察へと進み、母親と自分の関係を深めていく中で、「自由と責任」の理解へと到達されました。自由とは、母への愛憎も含めたすべての思い(執着)から解き放たれることでした。

解き放たれたら、日常が劇的に変わってばら色になる―そういうことではありません。いろいろな課題も、楽しいことも、すばらしいことも、現れ続けます。

ただ大きく異なるのは、24時間すべてが自分の人生になるということです。
だから楽しいのです。
だから人のせいにする必要がなくなるのです。

 
Comment2  |  Trackback0
 
 

執着をなくすと楽ちんだ

2010/09/10(Fri) Category : 自律(自由と責任)への道
自分が枠から離脱して自由な世界に身をおくと、見えてくるものがあります。それは、枠に囚われている人々の姿です。それは、かつての自分の姿。それがはっきりと見えるようになったということが、もはやその世界には住んでいないという証なのです。たとえば次の方のように。

(体が破綻するほど何もかも抱え込んでブラックホール化されていた方が、孤独の試練を抜けた後に到達された地点です。許可を得て掲載させていただきました)

 
Comment7  |  Trackback0
 
 

内なる野生を取り戻そう

2010/09/11(Sat) Category : 自律(自由と責任)への道
自律への道は難行苦行をすることではありません。日常のすべての中に自分と向き合うきっかけが内包しています。楽しみながら、自分と向き合っていけばよいと思います。許可を得て掲載いたします。


■ツリートレッキング--------------------------------------------

先日、むすめと夫の3人で旅行に行った時、ホテルに併設されている「ツリートレッキング」にひとりで挑戦しました。
 
Comment11  |  Trackback0
 
 

素直に行動すると天からご褒美がある

2010/09/12(Sun) Category : 心の闘い物語
■Round1:予約が取れない---------------------------------------------

山登りの一人旅を計画した。
しかし、肝心の列車が取れない。それが取れないと計画が狂う。

「ま、いいか、今回は行かなくても」
「それほど行きたいとは思わないし」
「めんどくさいし」

一旦あきらめた。

 
Comment11  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード