プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
09 ≪│2010/10│≫ 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

07,ヤミー(ニセモノ)に入られると闇の「入れ物」と化す

2010/10/01(Fri) Category : 存在不安
闇との闘い方

■07,ヤミー(ニセモノ)に入られると闇の「入れ物」と化す------------

『闇に影響されると普段思わないような事を思い、それを行動に移そうとする。』

『一旦闇に入られると、闇の「入れ物」と化してしまう。自由自在に闇が出たり入ったりするのだ。闇が入っていない時はまともに見えるので、見破る事も困難となる。よくよく気をつけて見ないと普通は分からないだろう。そこが闇の狡猾なところである。闇に入られている本人は、闇に入られているなんて思っていないから、見るもの感じるものが光のものだと思っている。ニセモノの光を見せられているとは、ゆめゆめ思っていない。』
http://iruka-andara.blog.so-net.ne.jp/archive/20091020

 
Comment2  |  Trackback0
 
 

08,ヤミーには誰もが落ちる可能性がある

2010/10/04(Mon) Category : 存在不安
闇との闘い方

■08,ヤミーには誰もが落ちる可能性がある------------------------

1,知人が囚われたケース
『本人は全く気づいていない。同士のブログを読み続けていたが、ある日から何かおかしいと思うようになった。それはほんの些細な変化だった。その変化に気づいた。そしてずっとおかしいと思っていたが、今日決定的に闇とつながっている事が判明した。

それは私にとって大変なショックであった。闇に囚われる事がないと思っていた人だったので、ひょっとしたら私の方が闇にいるのではないかとさえ思った。一瞬動揺したが、動揺すれば闇の思うつぼだと思い、自分の心を立て直した。

 
Comment5  |  Trackback0
 
 

09,波長同通の法則

2010/10/05(Tue) Category : 存在不安
闇との闘い方

■09,波長同通の法則-----------------------------------------------

『憑依はお互いの感情が同じでないと成立しない。良くない思いやマイナスの感情を持ち続けていると、憑依する身体を捜している霊体は喜んで入ってくる。

人間として3次元で生きている限り、マイナスの感情や良くない思いを持つのは当たり前である。それらを持ったとしても、すぐに手放せば問題はない。持ち続けることで、その感情に囚われるということである。

 
Comment2  |  Trackback0
 
 

10,トラブル引き寄せの法則~ハラッサーはハラッサーを呼ぶ

2010/10/07(Thu) Category : 存在不安
闇との闘い方

■10,引き寄せの法則-----------------------------------------------

『下を見ると、暗い世界(同じ3次元の世界だと感じた)にたくさんの人がいて、すべての人の顔が鬼のようになっているのが見えた。誰もが不満を抱えていて、そこかしこで争いが起きていた。

なぜこんなものを見せられるのだろうと思ったが、彼らは不満や争いが当たり前の世界にいて、私たちは温かく心地よい世界にいる。それが同じ3次元だということにハッと気づかされた。

 
Comment1  |  Trackback0
 
 

11,本物とは

2010/10/08(Fri) Category : 存在不安
闇との闘い方

■11,本物とは-----------------------------------------------

『全く神々しさがなく、光輝いてもいなかった。ニセモノには、ニセモノ特有の雰囲気がある。それは私の感覚で覚えているもの。私の感覚がおかしいと言っているのが分かる。』
http://iruka-andara.blog.so-net.ne.jp/archive/20090322

「本物の光とは、あなたが今食べた一口のクッキーと一口の紅茶から感じたような、温かいものなの。じわ~っと感じる温かさを持っているの。
目を見張るような光や人を驚かせるような光ではないの。
太陽のように暖かく、人を和ませるような光が本物。
あなたがそばにいるだけで人が安らぎを感じるような光が、本物の光。

 
Comment6  |  Trackback0
 
 

12,光に戻るための方法

2010/10/09(Sat) Category : 存在不安
闇との闘い方

■12,光に戻るための方法-------------------------------------

『彼女は感覚が鋭い人なので、闇に落ちた時の事を表現してもらうと、「自分とは違うものが身体に入ってきて自分が身体から抜け出し、別な場所から自分の身体を見ている状態」だったとの事。なにものかが彼女の身体を支配し、彼女は身体から離れていたらしい。そのような状態の時には、すべての事を悪い方へ悪い方へ考えてしまったとの事。

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

13,光の道を保つ方法

2010/10/10(Sun) Category : 存在不安
闇との闘い方

■13,光の道を保つ方法--------------------------------------

『やはり「自分」である。自分がしっかりしていないと迷いが出てくる。
闇は、私が見せられているものをすべて知っている。それを見せて私を迷わせ、取り込もうとする。少しでも波長が下がったり弱い自分でいれば、隙ができて闇にコントロールされてしまう。自分の心がしっかり光に向いていれば、すぐに見破る事が出来る。今回の学びは大きい。学ばせてくれた闇に感謝!』
http://iruka-andara.blog.so-net.ne.jp/2009-02-28

 
Comment5  |  Trackback0
 
 

14,これからの時代

2010/10/12(Tue) Category : 存在不安
闇との闘い方

■14,これからの時代----------------------------------------

『「内なる自分に向かう」という事。
今まで外に意識を向けていたために、自分以外に意識を向けていたために、いろんなものにぶつかり葛藤してきた。しかしこれからは、外に意識を向けるのではなく自分に向かって行く。

「内なる自分に向かう=光に向かう」方法は、様々な人たちが伝えている。表現方法が違うだけで、みな同じ事を言っている。

 
Comment1  |  Trackback0
 
 

15,「私はできる」時代

2010/10/13(Wed) Category : 存在不安
闇との闘い方

■15,「私はできる」時代----------------------------------------------

『見えない、感じないと思っている人たちは、今までの思い込みが強いだけだと思う。その思い込み、私は見えない、感じないという枠を取り払ってみたらどうだろう?

「~ない」という打消しの言葉を自分の中から追い払って、
「見える」「感じる」「できる」と自分に宣言する。

 
Comment4  |  Trackback0
 
 

16,心体維持の方法

2010/10/14(Thu) Category : 存在不安
闇との闘い方

■16,心体維持の方法----------------------------------------

『朝起きてすぐ、コップ一杯の塩水を飲んでいる。
最初は、「ウエ~!!、まずい!」と思っていたが、飲み始めて1ヶ月が経とうとした今、だいぶ味に慣れてきた。
なぜ塩水なのかというと、様々な理由があるのだが、塩はミネラルなので、身体にミネラルを取り入れる事であらゆる症状が改善されるのだ。そして塩は浄化という意味も持っている。』

 
Comment5  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード