プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
07 ≪│2011/08│≫ 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

体の気持ちを言葉にできるのは自分だけ

2011/08/01(Mon) Category : 地震・災害・脱原発
節電のおかげさまで、最近は電車の冷房もノーマルに近づいてきた。
「節電のため、お客様にはご迷惑をおかけしますが・・・」などとアナウンスがあると、「いえいえ今までが迷惑(*)だったんですよ。ノーマルに戻ってくれつつあってありがとう」と思う。

*JRさんへ、俺たちは野菜じゃない!

けれど、まだまだ電車によってはガンガンに冷えていることもある。そういう時は、降りたホームに駅員さんがいれば一言言う。
「この電車冷えすぎて寒かったですよ。もっと弱くして下さい」

 
Comment5  |  Trackback0
 
 

肩書きではなく、人間として生きる山本太郎さん

2011/08/02(Tue) Category : 人物
『ジャーナリズムを原点に返すデジタル化』の記事で紹介した山本太郎さん。新幹線の中で、「原発マネーに汚染されたテレビと芸能界へ」【週刊現代8/6号】という記事を読みました。


★本当の自分を取り戻した、解放の涙---------------------------------

山本太郎さんは、『文科省が、子供の年間被曝許容量を20ミリシーベルトと定めた時、国は本気で子供たちを見殺しにすることに決めたんだと確信』します。

激しい憤りを覚えながらも、『自分は? 生活のため、と上げるべき声を上げていないではないか』と悶々とする日々。そこに孫正義社長が原発賛否を問うツイッター。

 
Comment3  |  Trackback0
 
 

内部被曝の怖さ―ICRPの元最高責任者が懺悔、児玉龍彦‬‏氏が怒りの訴え

2011/08/03(Wed) Category : 地震・災害・脱原発
昨日、「未来にバトンを渡すために命をつなごう」という山本太郎さんのメッセージを掲載しました。中には、疎開までしてそんな大袈裟なと思う方もいらっしゃったのではないでしょうか。

けれど、福島第1原発の排気筒に続く配管で、毎時5シーベルト(5000mSv/h)以上(ロボットは5シーベルトまでしか測定できない)が計測されたことが昨日わかりました。8/1には排気筒下部の配管で毎時10シーベルト“以上”が計測されていますから、10シーベルト前後の放射能が大気中に排出された可能性があります。
10シーベルトの外部被曝をすると2週間以内で死ぬそうです(↓)。

 
Comment1  |  Trackback0
 
 

自分と向き合った人の言葉には力がある―児玉龍彦氏の質疑応答

2011/08/04(Thu) Category : 地震・災害・脱原発
『東電なり我々科学者なり日本政府が、とてつもない十字架を背負っていると思います』―これは、衆議院厚生労働委員会質疑応答における児玉龍彦氏の言葉である。

誰もが、このハラスメント界の中で生きている。
誰もが、世代間連鎖の中で生きている。

つまり、過ちを犯していない人は、ただの一人もいないということだ。

この世には大きく言えば、二通りの人しかいない。
・気づいて自分との闘いに向かう人
・気づかないままに社会に迎合や反抗などを続けていく人

 
Comment2  |  Trackback0
 
 

66回目の広島原爆の日の現実

2011/08/06(Sat) Category : 戦争
朝からセミが鳴いています。
長閑な朝ですね。

66年前の今日も、このような朝だったのかと思います。
66回目の広島原爆の日の式典を見ながら、午前8時15分に黙とうしました。



【広島原爆投下再現映像】

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

原子力損害賠償支援機構法は原発の延命装置:古賀茂明×渡辺喜美×石川秀樹

2011/08/07(Sun) Category : 地震・災害・脱原発
8/3、原子力損害賠償支援機構法が成立した。
この法律の真実の姿を古賀茂明氏が解き明かしてくれている。どうやら例によって、またイネイブラー(悪しき状態の延命者)となる法律が成立したようだ。


【古賀茂明「東電の処理と発送電分離について」】

 
Comment1  |  Trackback0
 
 

終わりの始まり

2011/08/09(Tue) Category : 見方・考え方・価値観-パラダイム
8/7朝日新聞朝刊の見出しは『ドル時代 終わりの始まり』でした。
象徴的な見出しでしたね。

前記事で見たとおり、国が東電を潰さないと思っているから、株価が急降下しても銀行は東電に無担保で金を貸すわけです。
また、そのように相乗りした企業は東電が潰れれば一蓮托生となりますから、東電を潰さないように懸命に融資しようとします。
しかし、そのお神輿に乗っている間に東電は判断力も足腰も弱って、害を及ぼすようになります。

 
Comment2  |  Trackback0
 
 

ベーシックインカムによる賃金奴隷からの解放(by古山明男)

「終わりの始まり」ということは、既に新たな潮流はいたるところで生まれているわけであり、その一つが賃金からの解放でしょう。マイミクの方からご紹介がありましたので、BIメールニュースから転載いたします。

★賃金奴隷からの解放---------------------------------------------

人間は商品ではありません。
人間が商品として売買されるならば、奴隷です。

 
Comment4  |  Trackback0
 
 

支え合いが日本を再生する(南信州泰阜村からby辻英之)

2011/08/12(Fri) Category : 世相・社会
JIメールニュースNo.515【2011.08.11】で素敵なメールが配信されてきましたので、前記事に引き続き転載します。思いや志を同じくする方々があちこちにいて嬉しいですね(^^)。


★支え合いが日本を再生する-----------------------------------------

いま、私たちNPOでは地元の村と住民との協働で、フクシマの被災児童を自然体験キャンプに招待している最中だ。1年間の長期山村留学にも被災児童を受け入れている。

地元の村は南信州泰阜(やすおか)村

 
Comment3  |  Trackback0
 
 

イギリスの暴動と「受け継がない意志」(ONE PIECE 63巻)

2011/08/14(Sun) Category : 世相・社会
警官による男性射殺事件をきっかけに暴動が英国各地に広がり、人の波は瞬く間に6都市を飲み込みました。SONYの倉庫が黒煙を上げている映像は衝撃でした。人の心に平和がなければ、外の世界の平穏は、たった1日で脆くも崩れることがわかります。

背景には国によって追い詰められている家族の姿があるようです。


【英国暴動の背景】
 
Comment3  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード