プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
01 ≪│2013/02│≫ 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

「スリーテン2013」感想2

2013/02/01(Fri) Category : 家族心理・子育て講座
「スリーテン2013」の感想です】

行って,いや行けてよかったなあ。

いろんな気づきがありました。特に夫に関して!
私は夫に対してもいい妻,いい母でいようとしている!ってこと。

行くまではどうして夫に対して優しくなれないんだろうと不思議に思っていました。がんばりすぎ,我慢してしんどくなるんだなあと分かりました。
誰に対してもそうしてしまうんでしょうね。


 
Comment1  |  Trackback0
 
 

「スリーテン2013」感想3

2013/02/02(Sat) Category : 家族心理・子育て講座
「スリーテン2013」の感想です】

参加して良かったです。
楽しかったし、面白かったです。

頭を使うのは嫌だなぁと思っていたのですが、ほとんど使わず、その時に思ったことを表現していました。
思いを率直に表現できればとても楽だし、それを聴いてくれる人がいれば、さらに嬉しいものだなぁと思いました。


これはそのままチャイルドのことのようです。
 
Comment1  |  Trackback0
 
 

「スリーテン2013」感想4

2013/02/03(Sun) Category : 家族心理・子育て講座
「スリーテン2013」の感想です】

会場に到着し、椅子に座るっていると同性も少なく、いささかの緊張もありましたが、冒頭、英司先生のご実家の出来事のお話をお聞きしたら緊張など一気に吹き飛び瞬く間に「まほろば講座」に引き込まれていきました。

討議する側と観察する側。初体験です。
これまでも立ち位置を客観的に見る目は養っていたつもりでしたが、つもりにしか過ぎませんでした。

観察する立場にいると、議論の責任が生じません。
すると討議している方々を全体的に見渡すことが出来ました。

 
Comment1  |  Trackback0
 
 

「スリーテン2013」感想5

2013/02/04(Mon) Category : 家族心理・子育て講座
「スリーテン2013」の感想です】

9月のまほろば講座同様、この日も、すんなり新小岩まで行くことはできませんでした。途中、入った喫茶店では、あとから来た隣の人たちが気になって出てしまったり。

電車で平井まで来て、車窓をみて、乗り越した!と思って降りて、秋葉原まで気付かず引き返したりしましたが、なんとか新小岩まで来ました。そこから会場へは、すんなり行くことはできました。しかし時間ギリギリ。

部屋に入っても、すんなり席につけない。
受付で真智子先生のいうことも、すんなり頭には入らない。

 
Comment1  |  Trackback0
 
 

「スリーテン2013」感想6

2013/02/05(Tue) Category : 家族心理・子育て講座
「スリーテン2013」の感想です】

先日は楽しいワークショップに参加させていただきありがとうございました。今回の告知をブログで知ってから、単純にワクワクして絶対参加する!と決めたのですが、じつはスリーテンより懇親会のほうが楽しみだったんです。

カウンセリング1年くらい止めていたし、真智子さんや中尾先生とお話ししたい!と思っていたので、今回願いがかなってうれしかったです。

大雪で電車止まったりして…とか不安になったり、バス停失念したり会場の名前がパッと出てこなくて焦ったりしましたが、まあいいかとタクシーを利用しました。

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

「スリーテン2013」感想7

2013/02/06(Wed) Category : 家族心理・子育て講座
「スリーテン2013」の感想です】

昨年の11月17日のまほろば講座(講座のみ)に一度参加して、今度はワークショップも行われるということで始めは少し躊躇していましたが、体験を通して自分の中でなにか気づきが得られれば…と思い、思い切って参加しました。


私は引っ込み思案で、議論やグループで何かをするということにとても苦手意識を持っていて、始めは何をやるのかと不安ですごく緊張していたし、初対面でどういう人かもわからない人たちといきなりグループを組んでの討議も前半は人の意見を聞くのに精一杯で積極的に発言ができませんでした。

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

「スリーテン2013」感想8

2013/02/07(Thu) Category : 家族心理・子育て講座
「スリーテン2013」の感想です】

先ほど、みなさんの感想を読ませてもらい、洗濯物を干しながら、あの日の気持ちや、行動などいろんなことを思い出してみました。時間がたち、浸透するように自分の中に染み込んで、立ち現われてくるものがありました。

スリーテンの間中、わたしをもう一人のわたしが静かな目で見ていました。

わたしが、わたしから離れてしまう時というのは、制限のある時間内で結果を求められる時でした。(まさに、課題が与えられた時です!)
からだは過剰な緊張から、こわばり、文字や言葉が入ってこない。

 
Comment3  |  Trackback0
 
 

【告知】3/20熊本市or福岡市でのカウンセリング募集します

2013/02/08(Fri) Category : (家族)カウンセリング
「スリーテン」の感想はまだ続きますが、ちょっと中断。募集の告知をさせていただきます。3/18、19に熊本市役所で講演をさせていただくことになりました。なかなか九州まで面談に出る機会がありませんので、この機会に面談のご希望がある方がいらっしゃればお受けしたいと思い、告知しました。

★面談日は 3/20(水)
1000-1800の間―熊本市内もしくは福岡市内のご自宅あるいはカラオケボックス(何しろ熊本から博多まで約40分ですからね・・・驚きです)

★申込み〆切 2/22(金)
2週間後の2/22を〆切とさせていただきます。

 
Comment1  |  Trackback0
 
 

いじめ・体罰・パワハラ・DVの地平

2013/02/09(Sat) Category : 家族心理・子育て講座
(前記事の続き)
実は、当ブログに初めて来られる方で一番多いのは(最も多い検索ワード)は、「パワハラ事例」―群を抜いてダントツの1位です。他に「パワハラ上司」「上司 パワハラ」や「ダブルバインド」等も含めますと、15%~20%の方がパワハラ関連の記事を見に来られています。

2006年に「急増!ハラスメント用語」で、『その現象が多様で多岐に渡れば渡るほど、それに関する語群は多くなる』、つまり『今の日本は、バイオレンス(肉体的暴力)やハラスメント(精神的暴力)の現象が多様で多岐に渡っていると言うことだ。簡単に言えば、あらゆる層、あらゆる職種に“暴力が蔓延している”ということである』と書きました。




 
Comment1  |  Trackback0
 
 

焦らず自分のペースで

2013/02/10(Sun) Category : 自律(自由と責任)への道
(昨日の記事の補足)

『まずは、気づくきっかけとして、是非学んで欲しいと思います』と書きましたが、例えば本やブログなどを通じて知識を得ると、理解して気づいたつもりになったりします。

ここからがくせ者なのですが、思考(IP)がそれを利用して自分を追い立て始めることがあります。そして、以前も書きましたが、自律に向かうことさえも課題として真面目に、あるいは完璧に取り組ませようとします。

つまり、その“課題”が「不幸になること」であれ「自律すること」であれなんであれ、生き癖そのままに取り組むのです。本当に変えなければならないのは、その取り組み姿勢そのものにあるのですが。
【参照】Let,s Try 虎井まさ衛リーディング-(10)私の仕事


 
Comment5  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード