プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
01 ≪│2015/02│≫ 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

8-5)妻と娘から利用された父親

2015/02/01(Sun) Category : 渋谷夫バラバラ殺人事件
【「渋谷夫バラバラ殺人事件」の考察】
【8.離婚を決意した娘vs拒否した母親(2004.05)】


5)妻と娘から利用された父親

検察側「前回、祐輔さんのところに戻った理由を『実家には居場所がないと父から教えられた』と話していたが、父親から何を言われたのか?」 
歌織 「父は自宅に夜11時ごろ戻ってきた。父が1時過ぎくらいまで一方的に私に対していろんなことを言っていた」
検察側「居場所がないと思った父親の言葉は何か?」
歌織 「いろいろあって、ひとつひとつ言うことはできない」
検察側「一番記憶に残っている言葉は?」
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

8-6)父親の利用のされ方―不安を抱えている人間は利用しやすい

2015/02/02(Mon) Category : 渋谷夫バラバラ殺人事件
【「渋谷夫バラバラ殺人事件」の考察】
【8.離婚を決意した娘vs拒否した母親(2004.05)】


6)父親の利用のされ方―不安を抱えている人間は利用しやすい

では、父親の証言を見てみましょう。

弁護側「なぜ帰ってきたと言っていた?」
父親 「『暴力を受けている』と」
弁護側「跡を見たか?」
父親 「顔面や右腕、左の横っ腹に青いあざがいっぱいあった」
弁護側「結婚はどうすると?」
父親 「『とにかく離婚したい』と言っていた」

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

8-7)母子のへその緒を切ることが「父親」の本当の役割

2015/02/03(Tue) Category : 渋谷夫バラバラ殺人事件
【「渋谷夫バラバラ殺人事件」の考察】
【8.離婚を決意した娘vs拒否した母親(2004.05)】


7)母子のへその緒を切ることが「父親」の本当の役割

「私にわかったことは、『私という人間は実家にいてはいけないんだ』ということ」―この言葉にいろいろな思いが湧きます。

カウンセリングを通して思うことは、父親の最大の役割は、いえそれをするからこそ父親と言え、それをしなければ父親とは言えない唯一の役割は「母と子のへその緒を切ること」(母子分離をすること)です。

母と子の絆は、父と子の絆とは比べものになりません。
比べる気にもなれないくらい次元の違うものです。

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

8-8)男を武器(矛と盾)にして闘い合う母と娘

2015/02/04(Wed) Category : 渋谷夫バラバラ殺人事件
【「渋谷夫バラバラ殺人事件」の考察】
【8.離婚を決意した娘vs拒否した母親(2004.05)】


8)男を武器(矛と盾)にして闘い合う母と娘

この時、もう一人の男性祐輔はどうしていたのでしょうか。

『「歌織は会社社長のお嬢。おやじは顔も利くし、入り婿になってもいいんだ。でも殴ったら実家に帰ってしまった。お嬢だから、もったいない。逆玉に乗れそうだったのに」
当時祐輔さんはリートという不動産投資信託に興味を持ち、仲間と一緒に会社を興す準備をしていた。その仲間に暴力のことを打ち明けた。その仲間は祐輔さんにこうアドバイスした。
「新幹線代貸してあげるから奥さんの実家に迎えに行ってこい」
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

8-9)人生脚本のレールに戻された歌織

2015/02/05(Thu) Category : 渋谷夫バラバラ殺人事件
【「渋谷夫バラバラ殺人事件」の考察】
【8.離婚を決意した娘vs拒否した母親(2004.05)】


9)人生脚本のレールに戻された歌織

検察側「新潟からどうやって戻ったの?」
歌織 「父とそういう話があった翌日、彼に電話をかけた」 
検察側「電話?」 
歌織 「実家の電話。家にいられないので、ああいう人を選んだのは私自身なので、帰るしかないと思って、(電話を)かけた」 
検察側「あなたが弁護側の質問で祐輔さんからひどい暴力を受けていたと言ったから確認したいが、居場所がない実家と、祐輔さんの元に戻ることを天秤にかけたんだよね。なぜ祐輔さんの元に戻るという結論を出したの?」
 
Comment1  |  Trackback0
 
 

息を引き取る直前に表れた本当の「顔」

2015/02/06(Fri) Category : 脳内親vs小さいちゃん
【脳内親vs小さいちゃん】

【表情4】------------------------------------------------

ある父親が臨終の時―まさに息を引き取ろうとするお父さんの顔に違う人相が表れました。
「あ、おばあちゃんだ!」

思わずその方(Cさんとしましょう)は言ってしまったそうです。すると、他のご親族の方も気づいたようで、「今のおばあちゃんだったね・・」という声が聞かれたそうです。その面相はすぐに父親にもどり、そして亡くなったそうです。

これは、一体何を表しているでしょうか。


 
Comment0  |  Trackback0
 
 

9-1)母への絶望の中、祐輔の優しさに泣いた歌織(2004.06)

2015/02/07(Sat) Category : 渋谷夫バラバラ殺人事件
【「渋谷夫バラバラ殺人事件」の考察】
【9.母への絶望と憎しみの封印(2004.06~2005.01)】


1)母への絶望の中、祐輔の優しさに泣いた歌織(2004.06)

歌織は実家を追い出されました。殴られると思っていた祐輔にとっては拍子抜けのことでした。安心すると同時に、自分を不安にした歌織への怒りも湧いたことでしょう。歌織にはもはや逃げ場がない―祐輔はそう確信したことでしょう。祐輔の行動は当然大胆になっていきます。

弁護側「実家から帰った後、祐輔さんの暴力に変化はあったのか?」
歌織 「はい。変わった」
弁護側「どのように?」
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

9-2)自己洗脳で心を再封印し、脚本のレールに自分を引き戻す(2004.夏)

2015/02/08(Sun) Category : 渋谷夫バラバラ殺人事件
【「渋谷夫バラバラ殺人事件」の考察】
【9.母への絶望と憎しみの封印(2004.06~2005.01)】


2)自己洗脳で心を再封印し、脚本のレールに自分を引き戻す(2004.夏)

この時期、歌織は大学時代からの友人女性と会っています。『脚本人生(束縛)の証人役(2003.夏)』となった女性―祐輔についての印象操作ができる相手です。なぜ証人役に適当かというと、仕事で海外にいることが多いからです。この女性は、2003年夏~2004年夏、2004年10月~2005年7月、2006年2月からまた海外に行っています。つまり、実際の祐輔と会う機会がない人なので、情報操作しやすいのです。(なお、後に出来ていますが、このような脚本人生の証人役の友人がもう一人います)

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

9-3)爆発しようとする母への憎しみを封印する歌織(2004.秋)

2015/02/09(Mon) Category : 渋谷夫バラバラ殺人事件
【「渋谷夫バラバラ殺人事件」の考察】
【9.母への絶望と憎しみの封印(2004.06~2005.01)】


3)爆発しようとする母への憎しみを封印する歌織(2004.秋)

弁護側「その後、あなたの生活に変化はあったか?」
歌織 「いつごろからかは分からないが、夜になり彼が帰ってくると思うと、怖くなって眠れなくなった。平成16年秋ごろからは(精神)安定剤や睡眠剤、飲めないお酒を飲んで自分の中から怖い時間を消そうとした」

歌織の発言は、一見祐輔の暴力が恐いと言っているように文脈からは思えます。しかし、果たしてそうでしょうか。実は先の話になりますが、同じように眠れなくなった時期があります。

『18年秋ごろからは、祐輔さんの借金返済問題で再び暴力が始まったというが、(歌織被告は)その当時から夜眠ることができなくなった。コーヒーや濃い緑茶といったカフェインを(多く含む飲み物を)取るようになった。睡眠も1日4~5時間になった』(金鑑定人)


 
Comment0  |  Trackback0
 
 

9-4)万引き事件―脚本人生の再スタートを切るために仕掛けた「謝罪」ゲーム(2005.01)

2015/02/10(Tue) Category : 渋谷夫バラバラ殺人事件
【「渋谷夫バラバラ殺人事件」の考察】
【9.母への絶望と憎しみの封印(2004.06~2005.01)】


4)万引き事件―脚本人生の再スタートを切るために仕掛けた「謝罪」ゲーム(2005.01)

そして05年1月、歌織は渋谷のデパートで5万6,000円相当のブランド服を万引きして捕まります。ネット情報では、「常習犯」として書類送検されたそうです。

万引きの意味はいろいろと解釈できますが、1回ではなく「常習」とすれば、思い当たることがあります。脚本人生(虚構)を生きている人は“証拠”を欲しがるわけですが、その証拠作りにする行動というのがあるのです。

たとえば、「ハードワークする」という脚本の場合、
仕事を複数掛け持ちして複数の賃金明細をストック(←証拠)したり、
過労で倒れて点滴を打つこと(←証拠)を繰り返したり、
定期的にスーツや靴を買い換えたり(←証拠)します。

 
Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード