プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
05 ≪│2015/06│≫ 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

「桃色吐息」のマザー牧場(千葉県富津市)

2015/06/08(Mon) Category : 家族小景
おっ、今日は天気いいな。
老夫婦の日常の刺激のために、どっか行こうかな、という程度ののりで、日曜日の朝ネット検索。

「イベント 千葉」で検索して出てきた「ウォーカープラス千葉」のサイトで、「6/7」を見てみると、まずはバラ園関連がだっと出てくる。
潮干狩りというのも出てきた。え~、もうやってるんですね~。

と、マザー牧場「桃色吐息」というのが出てきた。「桃色吐息」って、ペチュニアを品種改良してつけた名前らしい。

花の谷に日本最大級のピンクの花畑が広がっているらしい。
花好きな母に聞いてみると、「行く」と即答。
万一の時の必要品は日頃揃っており、眞智子がチェックしてくれて準備万端。

 
Comment1  |  Trackback0
 
 

表層意識―下意識―無意識―深層心理~自分の構造

2015/06/29(Mon) Category : 心理学
人は、日々選択して生きています。
その選択の連続を振り返ると「人生」になっているわけです。

その人生を振り返ったときに、「我が人生に悔いなし」と言えるかどうか。それはひとえに、自分の気持ちで選択してきたかどうかにかかっているのでしょう。

けれど、自分の気持ちのままに選択し、その選択に悔いなしと思っていても、それが脚本ちゃんの思いであって、本当は自分の人生を生きていなかったりします。

そのことがわかる事例が、今回の「スリーテン」の中でありました。
「スリーテン」とは、「10人の中から3人を選ぶ」というテーマです。

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

人生脚本の見せ場としての人間関係

2015/06/30(Tue) Category : 家族心理・子育て講座
前記事で、スリーテンの課題に取り組むことを通して「自分の構造」に気づいた事例を紹介しました。ところで、その課題には8人ほどのメンバーで取り組むことになるわけですが、そのメンバーとの関係性の中から自分の脚本に気づかれる方もいらっしゃいます。

ある方(Bさんとしましょう)は、なぜか気になる人(Cさんとします)と全く気にならない人(Dさんとします)がいました。
話を伺っていると、BさんはCさんをほぼ無条件にフォローしています。一方で、Dさんのことは全く気にとめていませんでした。

 
Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード