プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
06 ≪│2015/07│≫ 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

「スリーテン2015」感想1

2015/07/01(Wed) Category : 家族心理・子育て講座
【「スリーテン2015」の感想です】

先日は充実したひと時を過ごせ、本当に感謝しております。
一日が終わった後はくたびれ果て、何も考えられない状態でした。
あまりにも大きく、そしてたくさんの宿題を受け取った一日でした。
まだ未消化な部分がほとんどですが、感想をまとめました。

私たちのグループは、三人を選び出すことができないまま終わりました。

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

「スリーテン2015」感想2

2015/07/02(Thu) Category : 家族心理・子育て講座
【「スリーテン2015」の感想です】

スリーテンは初めてでしたので、緊張というより恐れを抱いて会場入りしました。何事も経験してみようと申し込んでみましたが、討議そのものが初めてなので、自分の意見に反論されたとき、自分が絶望したり傷ついたりするのが怖かったのです。
皆と違ってもこれが私!という自信がないというのが正直なところです。

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

「スリーテン2015」感想3

2015/07/03(Fri) Category : 家族心理・子育て講座
【「スリーテン2015」の感想です】

当日は、私にとって大成功の一日でした。
IPに妨害される事もなく好きなように行動が出来て、「私は今とっても自由だなぁ」とずっと感じていました。

スリーテンに参加したのは二度目ですが、今回は前回を踏まえての目標があったんです。
それは「きちんと自己開示する」というものでした。
前回、私はほとんど自己開示が出来ずにいて、それがとても心残りだったのです。

 
Comment1  |  Trackback0
 
 

「スリーテン2015」感想4

2015/07/04(Sat) Category : 家族心理・子育て講座
【「スリーテン2015」の感想です】

講座の充実度もさることながら、
あの日は様々な奇跡がありました。

あの日あの場所で、様々な出身、世代の方々と出会えた奇跡。

あのチームメンバーで講座を共に出来た奇跡。

懇親会で皆さんの貴重な話を聞けた奇跡。

カラオケで気兼ねなく歌い合えた奇跡。

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

「スリーテン2015」感想5

2015/07/05(Sun) Category : 家族心理・子育て講座
【「スリーテン2015」の感想です】

今回、スリーテンに参加してみていろいろと自分の中で気付きがあったので、整理してみました。

私は今回のワークでは、自分の意見(ICの思い)をほとんど言えず、グループの意見のまとめ・調整役に始終していました。

これは、現在の仕事でよくやっていることで、プライベートのワークショップでも同じことをやってしまった訳です。

部下メンバーの自主性や意見を尊重して、能動的な組織作りをしたいと日頃から考えているので、当然と言えば当然な行動でした。


 
Comment1  |  Trackback0
 
 

「スリーテン2015」感想6

2015/07/06(Mon) Category : 家族心理・子育て講座
【「スリーテン2015」の感想です】

私のグループは医者としての課題でした。

私のグループは、まず、それぞれ各自の意見や選んだ理由などを、各自話しました。

私の選んだ理由は「救われた人が、多くの他者の将来に希望を与えれるかどうか」でした。
なので、多く意見があった若い人達を残したいという観点には一切興味がありませんでした。ただ、そう思う方々がいて当然だし、私のような考えがあってもいいと感じていたので、むしろ、違う意見があることを心地好く感じていました。

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

「スリーテン2015」感想7

2015/07/07(Tue) Category : 家族心理・子育て講座
【「スリーテン2015」の感想です】

まず、中尾先生、真智子先生に初めて直接にお会いしてお話できたことが、とても嬉しかったです。IP、脚本、チャイルドという言葉をリアルに交わしたのも初めてでした。いつもHPを読んでいましたが、夢のようなイメージだったのが、やっと現実の世界のものになったような感じです。

さて、講座について、思ったこと、感じたことを書かせていただきます。

医師が救命する3名を選ぶ、という課題の中で、私が最初に考えたのは、「先着順にする=選ばない」ということでした。問題文を見たときは、自分なりの候補が浮かび、内心の葛藤もあったのですが、すぐにストップし、「プロの医者なんだし、好き嫌いで決めてはいけない。」と思いました。

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

「スリーテン2015」感想8

2015/07/08(Wed) Category : 家族心理・子育て講座
【「スリーテン2015」の感想です】

2月の講座に引き続き参加させて頂きました。
前回の講座は受け身の講義だったので、今回は体験できるワークショップということで、何日も前から楽しみにしていました。
当日会場に入ってからも程良い緊張感とワクワクした気持ちでいました。

私たちのグループは、なんとか時間内に「小1」、「銀行員の妻(妊娠中)」、「プロ野球選手」の3人を選ぶことができました。
でも家に帰って・・・雑多な感情に取りつかれていました。
なんだかスッキリしない。

 
Comment1  |  Trackback0
 
 

「スリーテン2015」感想9

2015/07/09(Thu) Category : 家族心理・子育て講座
【「スリーテン2015」の感想です】

2度目の参加だったこともあり、前回の内容は忘れていたのですが、私にしては珍しく、特に調べたり心構えもせず気楽に会場に向かいました。

もらった課題を見て、「前回と同じだ!」
前回のことをだんだん思い出しはじめました。
時間内に3人選べず、先生に命が失われたことをビシッと指摘されたこと。
それにとても衝撃を受けて、2回目の議論が活発になったこと。

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

「スリーテン2015」感想10

2015/07/10(Fri) Category : 家族心理・子育て講座
【「スリーテン2015」の感想です】

スリーテンの感想がどんどんアップされて、毎朝起きるのが楽しみな今日この頃です。
スリーテンの感想を提出してからも、まだまだあの時の体験から得るものが多く、もう一度筆を執ってみました。

カラオケの場で、中尾先生とお話しする機会をいただき、
「私は本当に、心から誰も選択したくないと思っていると思う」
と訴えると、
「それは脚本だ」
といわれ、ここ5年くらいで一番のショックを受けました!

 
Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード