プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
04 ≪│2016/05│≫ 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

佐倉チューリップフェスタ 1.オランダ風車とカムロちゃん

2016/05/01(Sun) Category : 家族小景
第28回佐倉チューリップフェスタに行ってきました(4/16)。
100種類約71万本のチューリップは関東最大級だそうです。

オランダ風車とカムロちゃん(佐倉・城下町400年記念イメージキャラクター)がお出迎え。
佐倉チューリップフェスタ 1 オランダ風車01

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

佐倉チューリップフェスタ 2.見渡す限りのチューリップ

2016/05/01(Sun) Category : 家族小景
【前記事の続き】

見渡す限りのチューリップ畑です。
佐倉チューリップフェスタ 2 チューリップ畑01

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

佐倉チューリップフェスタ 3.花を添える京成電車とポプラ

2016/05/01(Sun) Category : 家族小景
【前記事の続き】

チューリップ畑を見渡して、京成電車が走ります。
佐倉チューリップフェスタ 3 京成電車01


 
Comment0  |  Trackback0
 
 

昭和の森 1.花々と木々と人々と

2016/05/02(Mon) Category : 家族小景
千葉市の昭和の森に行ってきました。
高速を使えば1時間かからずに行けるので、お昼頃には帰ってこられるお気軽コースです(とはいえ、穴川ICは休日は下りが渋滞するので、そこを過ぎるまでは一般道の方がいいかも)

昭和の森は、その名の通り森を利用した広大な公園で、子供達が小さい頃にここでアスレチックをやりました。ツツジは盛りを過ぎてましたが新緑は美しく、鯉のぼりが伸び伸びと泳いでいました。展望台からは九十九里の方まで見えます。

さて、第一駐車場から入っていくとサイクリングロードにかかるツツジの土手が見えます。
昭和の森 1 花々 01

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

昭和の森 2.鯉のぼり

2016/05/02(Mon) Category : 家族小景
【前記事の続き】

太陽の広場に鯉のぼりが
昭和の森 4 鯉のぼり 01


 
Comment0  |  Trackback0
 
 

昭和の森 3.タンポポの小径

2016/05/02(Mon) Category : 家族小景
【前記事の続き】

タンポポの野原を帰ります。
昭和の森 5 四季の道 01

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

反戦を訴え続けたゼロ戦エース原田要さん逝去

2016/05/04(Wed) Category : 戦争
「最後の零戦乗り」を書かれた原田要さんが5/3、99歳の生涯を終えられました。



 
Comment0  |  Trackback0
 
 

映画「ちはやふる」感想(上)

2016/05/05(Thu) Category : 映画
娘や妻に勧められていた漫画「ちはやふる」を読み始めたのが、2週間ほど前。「なんだこれ、熱血スポ根少年漫画じゃん!」と思った。強敵の登場や展開の仕方などよく研究されていて面白い。

ということはさておき、寝しなに読んでいたのが、最後はまとめ読みで、30巻終えた時には早く次が読みたいというくらいはまった。
折しも映画「ちはやふる 下の句」が始まったので初日の4/29に見てきました。(「上の句」は、この後に見ました ^^;)

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

「ちはやふる」感想(中)―千早と新と太一

2016/05/06(Fri) Category : 映画
漫画、映画込みで「ちはやふる」の感想の続きです。
思い入れたっぷりの感想であることをご了承ください。

-----------------------------------------------------------
両親は姉にエネルギーを注ぎ込み、ロストワン(忘れられた存在)となった千早のストローク飢餓(私を認めてという飢え)は深かったことでしょう。かわいい、美人と周囲にもてはやされても、それは存在無価値感を満たしてはくれません。母親に無視されていれば空しいだけ。

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

「ちはやふる」感想(下)―若宮詩暢

2016/05/07(Sat) Category : TV.本.漫画
前記事に引き続き、思い入れの記事です ^^;)

妖艶で圧倒的な強さを見せるクイーン若宮詩暢。
とはいえ「しのぶちゃん」といいたくなるキャラ。

この漫画の登場人物は、それぞれに親を背負っているけれど、詩暢もまた同じく。

子どもは幼児の頃から家族の権力構造を把握しています。そして、その権力構造の中で母親を守るために動きます。

 
Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード