プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

石山寺を歩く12-宝篋印塔と凜として華麗優美な多宝塔

2017/03/01(Wed) Category : 神社・寺・城・歴史
【石山寺を歩く】

源頼朝、亀谷禅尼供養塔-----------------------------------------

多宝塔の近くには宝篋印塔があって、そこは源頼朝と亀谷禅尼の供養塔となっています。

石山寺66 源頼朝、亀谷禅尼供養塔

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

石山寺を歩く13-秘密だらけの若宮

2017/03/02(Thu) Category : 神社・寺・城・歴史
【石山寺を歩く】

若宮の祭神が天照皇大神の謎----------------------------------

多宝塔のある一角にひっそりと若宮があります。

石山寺68 若宮2

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

石山寺を歩く14-芭蕉庵~「石山の石にたばしるあられかな」に積み重なる歴史

2017/03/03(Fri) Category : 神社・寺・城・歴史
【石山寺を歩く】

芭蕉庵----------------------------------

さて、若宮の並びに芭蕉庵があります。
中秋の名月の時に行われる「秋月祭」で、お茶席が設けられるそうです。

石山寺75 芭蕉庵

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

石山寺を歩く15-かつては鮮やかな紅白だった月見亭

2017/03/06(Mon) Category : 神社・寺・城・歴史
【石山寺を歩く】

菊花紋の鬼瓦----------------------------------

芭蕉庵の隣、月見亭に行く前にある建物。
石山寺78 芭蕉庵と月見亭の間の建物

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

石山寺を歩く16-花山法皇を称え、美しく佇む心経堂

2017/03/07(Tue) Category : 神社・寺・城・歴史
【石山寺を歩く】

心経堂----------------------------------

月見亭から見上げると、そこには紅白の心経堂がこちらを見下ろしています。

石山寺85  心経堂

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

石山寺を歩く17-オーブがいっぱいモミジ道

2017/03/08(Wed) Category : 神社・寺・城・歴史
【石山寺を歩く】

めかくし石----------------------------------

月見亭から「めかくし石」へ。
そう、たくさんのオーブが写っていました↓

石山寺87 めかくし石

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

「梅」と瀬織津姫

2017/03/09(Thu) Category : 神社・寺・城・歴史
【石山寺を歩く】 番外:菅原道真

豊穣殿の近くに梅園「東風の苑」(こちのその)があります。道真のあの有名な歌からとった名前ですね。見事な龍梅が空に向かって伸びていました。

石山寺105 東風の苑の龍梅

さて、これまで瀬織津姫を表す植物や花を書いてきました。花について主なものは次の通り。
桜、藤、菊、牡丹、椿・・・・そして、いよいよ梅の登場です。
梅について、少し調べてみました。


 
Comment0  |  Trackback0
 
 

藤原摂関体制確立の時代に生きた菅原道真

2017/03/10(Fri) Category : 神社・寺・城・歴史
【石山寺を歩く】 番外:菅原道真

梅について見た後は、菅原道真について―まず、時代背景から。


780-940 天変地異と藤原摂関体制確立の時代年表----------------

○ 天皇即位
△ 権力内クーデター
▼ 縄文勢力征討
▲ 縄文勢力反乱
■ 地震・津波・噴火・天然痘
(フォントの関係で記号の大きさがバラバラですが)

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

嵯峨天皇・空海・橘逸勢―「三筆」に隠された意味

2017/03/13(Mon) Category : 神社・寺・城・歴史
【石山寺を歩く】 番外:菅原道真

「番外3」なので、3にちなむお話。

嵯峨天皇・空海・橘逸勢----------------------------------

桓武天皇(737-806)の子が平城→嵯峨→淳和と天皇になっていくわけですが、
嵯峨天皇・空海・橘逸勢の3人を「三筆」と呼びます。
優れた書道家として並び称しているわけですが、逸勢の真跡として確認できるものは今日ほとんど伝わっていないそうです。

空海 774-835
橘逸勢 782-842
嵯峨天皇 786-842

ご覧の通り、同時代を生きた3人。
しかも、在野の3人でした。

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

死後の姿をさらした橘嘉智子(檀林皇后)の強き思い

2017/03/14(Tue) Category : 神社・寺・城・歴史
【石山寺を歩く】 番外:菅原道真

檀林皇后九相図--------------------------------------------

さて、前記事に出てきた嵯峨天皇の皇后の橘嘉智子(たちばなのかちこ 786-850)。橘氏から出た最初で最後の皇后ですが、すごい人でした。

橘嘉智子
【橘嘉智子】

 
Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード