プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

巡る因果:カトリーナと14号

2005/09/08(Thu) Category : 環境
台風一過。今日も強い風が吹き、大気から塵が払われた。
夕焼けが見事だった。

----------------------------------------
地球を追い詰める現代文明。
その現代文明の本家アメリカを襲うカトリーナ。
自然からの復讐というよりも、自分のやったことが自分に返ってくる因果を見る思いがする。

14号も猛威を振るった。
友人のいる佐伯にお見舞いメールをしたら、やはり浸水した地域があったようだ。

----------------------------------------
唐突だが、血液循環の重要な役割は熱を体外に放出し適温を保つこと。
体内に熱がこもってしまうと死んでしまうからだ。

地球も、こもった熱を宇宙に放出して適温を保っている。
海の熱を大気に逃し(海洋大循環)、大気は対流して熱を宇宙に放出(大気循環)するわけだ。
台風は、海が温かければ大きくなる。
言い換えれば、より大きな熱量を宇宙に吹き飛ばすためには、より大きな台風が必要だということだ。地球が必死になって宇宙へ熱を放出しようとしている―それが、巨大ハリケーンの姿なのだと思う。

昨今、「異常気象」が日常化してきているが、人間は残念ながら何にでも慣れてしまう。温暖化で氷が溶け出し、海面が上昇して島がなくなっても、その文明のあり方を変えようとはしない。

そこで、このままいけばどうなるかを教えるために巨大なハリケーンが街を襲う―不謹慎な話だが、私には、異常気象による災害は、人類に気づけという“サイン”に思えるのだ。

----------------------------------------
帰る島がなくなった人、
災害により身内や友人をなくした方、
築き上げてきた歴史を一瞬でなくしてしまった人…

人が悲鳴を上げている。
が、
地球も悲鳴を上げているように思えてならない。
関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード