プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
12 ≪│2017/01│≫ 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

ひめゆりの証言-吉村秀子(19歳)

2008/02/05(Tue) Category : 戦争
『「痛くてたまらない。何かが傷口を噛んでいる。開けてみてくれ」と言うのです』

『しかし確かにカサカサ音がします』

『血と膿でべっとりした包帯をこわごわ解きました。そしたら太った蛆が3,4匹這っているんです。悲鳴の出るのをぐっとこらえました』

『蛆を払い落とし、「何もいません。包帯が汚れて痛むのでしょう。今日は包帯交換日ですからそれまで我慢しましょうね」と包帯を元に戻しました。心が疼きました』

『(略)骨までしゃぶっている蛆は掻き出さねばなりません。患者は顔面蒼白になり脂汗を滲ませ、体をくねらせて唸ります。私たちは満身の力で患者を押さえつけます』







【手記を全て読みたい方は、「ひめゆり記念資料館」ガイドブックをご覧ください】
http://www.himeyuri.or.jp/publish.html#contents


関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード