プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

ロザンナさんへ-母親は父親にならなくてよいのです

2008/02/15(Fri) Category : 人物
ロザンナの次男(加藤来門 29)が大麻所持で逮捕された。
今朝の記者会見のニュースを見て知ったが、ロザンナの発言で気になるところがポロポロとあった。

「夫・ヒデ亡き後、人さまにご迷惑をかけないこと、法を犯すことのないよう、厳しく育ててきた」
「中学生まではひっぱたいた」
「お父さんの役もやってきたつもりですけど、夫がいたら、もっとひっぱたいて強い男になっていたかもしれませんが」
「夫にも文句を言いたい。近くにいたならなぜ止めてくれなかったかと。あちらに行ったらケンカします」
「この涙は哀しいのではなく、悔しい涙です」
「勘当しようかと思ってる」




■母子家庭で躾が厳しくなる理由--------------------------------

夫が亡くなった後、「人様に後ろ指を指されないように」と、躾が厳しくなることがままあります。ただでさえ世間からの注目を浴びる芸能人-ロザンナも、その気持ちが強かったかも知れません。

夫がいる場合、「お父さんが言っているから」などと夫に責任の一端を担ってもらえるので気分が楽です。それに、お父さんがルールである場合、父親もやはり人間ですからどこかに抜けがあって子どもも息がつけるものです。

が、世間様に笑われないようにと頑張って躾しようとすると、世間のルールをそのまま家の中に持ち込んでしまうことになります。外から帰ってきても、家の中も世間そのものとすれば家の中で自分に戻ることが出来ません。それどころか、世間以上に厳しいルールの監獄となってしまう場合があるのです。



■躾に名を借りた自己防衛--------------------------------------

もう一つ厳しくする理由があります。
夫を亡くして気持ちのはけ口が亡くなった妻は、それでも子を抱えて気丈に生きていかなければなりません。すると、「心のコップ」が一杯一杯で子どもの気持ちを受け入れる余地がありませんから、子どもが気持ちを自分にぶつけてこないように予め布石を打つのです。たとえば次のように。
「人の悪口を言ってはダメ」
「相手のよいところを見るようにしなさい」

これは、一般的な躾の形を取りながらも
「家の中で気持ちを出すな」と「禁止令」を出し、
「だから、見方を変えて気持ちをごまかしなさい」と自分の中で回避するやり方を教えているわけです。
結局、無意識のうちに子供の気持ちを受け止めることを拒否し、「私はあなたの気持ちを受け止めないよ」と宣言しているようなものです。



■子はいい子になって親を支える---------------------------------

こうなると子どもは、次のような理由から自分の気持ちは出すことを封じられます。
1,上記のように躾の名を借りた親からの「直接的禁止令」が出ている
2,親が愚痴を言わず我慢して生きる姿勢が、子に我慢を強いる(親がしないことは、「間接的禁止令」となって子もしません)
3,母親は子供にとってこの世と自分をつなぐ安全基地の本体ですから、その安全基地に不安があれば、これ以上母親に負担はかけられないと悩みや愚痴を言わない

実際、夫が亡くなった当時のインタビューでは、「明るい子どもたちに支えられて」とロザンナは語っています。そして、「楽しいことしか思い出さない」とハキハキと年齢以上にしっかり答えている幼い次男がいました。子どもたちは、自分たちも哀しいでしょうにその哀しみをおくびにも出さず、懸命に母親という安全基地を支えていたのです。

「また泣いてるの」と子どもたちに気遣われるほどロザンナの哀しみは深く、しかし、子どもたちに見守られ支えられてその哀しみにどっぷりと浸ってグリーフワーク(十分に悲嘆に暮れること)ができたからこそ、その時何とか立ち直ることができたのだと思います。
が、一方で、子どもたちは自分の思いを抱えたままでした…。



■鏡である子に自分を投影したロザンナ------------------------

立ち直った母親-ロザンナは、子どもたちを強く育てようと父親役まで背負ってしまいました。それは、こんなにメソメソと弱い親ではダメだという自分の姿を子供に投影してしまっただったのだと思います。

人は時に自分がされたい事を相手に投影して、それを相手にすることによって自分を救おうとします。投影とは、一見相手のためにやっている行為のようで、実は自分のためにやっている行為です。この時、相手は「道具」にされています。

強くなりたいロザンナは、子どもたちを強くすることで、自分が強くなりたかったのではないでしょうか。もうメソメソする自分を見たくない、これからは強く生きていこう-その思いに無理がありました。悲しんだっていいのです。泣いたっていいのです。湧いてくる感情を抑え込んではいけません。押さえようとすればするほど衝動が湧いてきます。

もし、ロザンナが子供に弱さを見つけた時にひっぱたいたとすれば、それは、自分に対する行為だったのではないかと思います。同時に、抑え込んでいた感情のはけ口になっていたかもしれません。

本来は、子供の気持ちを受け止めることが親の役割です。しかし、ロザンナはひっぱたくこと、厳しくしつけることで子供の気持ちを封印しました。それは、子供の気持ちを受け止める余裕のない自分と、強くありたい自分-その相乗効果…いずれにせよ、自分のための行為であったのではないかと思います。



■哀しい涙ではなく「悔し涙」である訳---------------------------

これまでロザンナがやってきたことが全て自分のためであったことが、「悔し涙」という表現に現れているように思います。本当に相手の身になることができれば、大麻に手を出してしまった子供のいろいろな思いを感じるでしょう。そして、そこへ追いつめてしまった自分への思いが湧いてくるでしょう。そうやって出てくるのは、まず哀しみと息子への謝罪ではないでしょうか。

悔しいという気持ちは、人の身に属する気持ちではなく我が身に属する気持ちです。この気持ちをまず第一番に感じると言うことが、自分と子供を一心同体に考えていると言うことです。一心同体とは、子供も自分の身の一部-言い換えれば、子供を一人の人間としてみていません。難しく言えば子の人権を認めていないあり方です。ひっぱたくという行為自体、人の身体を我が身と同じに考えていなければ、そうそうできるものではありません。

悔しいのは、強くありたいと努力し続けていた自分(息子も一心同体です)が、実は大麻に手を出すほど弱かった。その弱い自分を見せつけられたことが悔しいのではないかと思います。
そして、子供という鏡を通して弱い自分を見ることがイヤなので、「勘当」さえも考えるのではないでしょうか。



■子は親を支え続ける-------------------------------------------

家族カウンセリングをやっていてわかることは、母親がどこか心配で、同時に母親の愛情に飢えている子どもたちは、終生母親の周りを衛星のようにウロウロとしていることです。親と同居したり、親の近所に家を構えたり、結婚しても出戻ってきたりします。本当の意味で自分に人生に踏み出すことができません。

『来門容疑者は5年前に結婚。男児(4)をもうけたが、昨年7月に離婚。同時に実家で暮らし始めた。実家には妹の万梨音(26)夫妻と子供も同居しており、来門容疑者が深夜に帰宅すると「子供が夜泣きする」と度々口論に』【サンスポ】なっていたようです。

私は、以前私が会社人間であった頃のことを思い出しました。家庭は母子家庭状態です。幼い子どもたちは妻の愛情を取り合っていました。2人とも始終べたべたと妻にくっついて、寝る時もサンドイッチのように挟まれて身動きが取れず、起きた時に背中が張っている、肩がこっているという大変な状況にありました。

長期休暇をとったある時、夕食を一緒に取ってゆったりと過ごしていると、幼い息子が一人遊びを始めたのです。お姉ちゃんが妻のところに行っても動じず、自分のことに集中し始めたのでした。そう、お母さん以外にも、もう一人自分たちを見守ってくれている人がいる。お母さんの愛情だけを取り合う必要はない。子どもたちは、父親がそこに座っているだけで大安心して、取り合い競争から離脱したのでした。

お母さんと同居していた次男と末子長女は、まるでお母さんの愛情を奪い合っているようだなぁと思いました。
どの発達段階で父親を失ったかは大きく響いてきます。長子は下の2人よりはお父さんの愛情ももらったでしょう。愛情をもらった子供は巣立っていきます。もらっていない2人の子供が愛情を奪い合っている気がするのです。



■2番目の哀しみ----------------------------------------------

では、なぜ次男だけが…そう、思われる方もいらっしゃるでしょう。次男だけがやはり弱かったのではないかと。
子供の頃の1歳の違いはとても大きなものです。また、長子はどのような形であれ、親のエネルギーが集中します。末子は女の子で性別が異なったこともあり、別の形でエネルギーが注がれます(いずれも一般的にの話で、もちろん親が背負っている事情によって異なりますが…)。次男というのは、親からの愛情がへこむポジションなのです。

まして、勉強のできる兄と比べられていた次男は、何とかして親に認めてもらおうと、自分が褒められる道を模索し続けます。その褒められることの一つに、「いい家庭を作る」ことがあります。個人としての能力や才能はないけれど、「いい家庭」なら作れるかもしれない…そうして、無意識に家族にレールを押しつけていきます。

実は…、いい家庭を作ろうとするあまり、夫が家に寄りつかなくなったり、小学校まで優等生だった子供が不登校になっていったり、と家庭崩壊に向かう家庭というのが結構あります。その母親は「なぜ、自分ばかり…」と嘆いていますが、実はその母親が家族を苦しめている張本人なのです。殆どの場合、そういう母親は自分の親を(無意識が)見ていて、自分の家族を見ていません。つまり、「親の子」の立場にずっといて、「子の親」になっていないのです。子供が子供を育てられるはずがありません…。

次男来門容疑者も、お母さんに認めてもらえるようないい家庭を作ろうとしたのではないでしょうか。その場合、家族は「道具」になってしまいます。離婚に至るのも必然だたかもしれません。
母親であるロザンナは『落ち込んでいたけど、だれにでも、悲しいことはある。どんなことにせよ許されないし、私は許す気持ちになれない』と語っています。しかし、その悲嘆の裏に、よい家庭を作れなかった悲しみ、お母さんに認めてもらえないことへの落胆などがあったことがわかっているでしょうか…。



■千葉マリアさんからのメッセージ-------------------------------

テレビで、息子が覚醒剤で逮捕された三田佳子(←こちらも次男ですね)と、大麻で逮捕された千葉マリアが出ていました。
ロザンナと三田佳子が「子供はいつまでたっても子供」と言いあっているのが印象的でした。子供は生まれたときから一人の人間です。そのことに気づかなければなりません。

一方の千葉マリア。彼女からのロザンナへのメッセージが心に響きました。

「母親として自分を見つめ直すこと」

彼女の息子は、今依存症と闘いつつ更生施設ダルクの施設長として働いています。




■子供に問題が起きたときは、親が生き方を問い直すとき---------

自分が強くありたいと思っている間は、実はとても弱いままだ。
自分の弱さを知ったとき、本当の強さが生まれる。

強くありたい弱き者は、自分の関係者を強くすることで自分も強いという錯覚を得ようとする。
自分のエゴが周りを苦しめていることに気づかない。

弱い自分を含めて、丸ごとの自分を自分が受け入れたとき、「強い弱い」にこだわらない強さを身につけることができる。
自分が自分を受け止められないから、我が子を受け止められない。

子供は親の鎧ではない。
子供は親の心を映す鏡なのだ。

だから、千葉マリアさんのメッセージを受け止めてほしい。自分と闘い苦しみ抜いたからこそ生まれたメッセージだ。

「母親として自分を見つめ直すこと」



■自分自身に戻ろう-------------------------------

親に必要な機能は、子供の気持ちを受け止めること-ただ、それだけです。
子の気持ちを受け止め、抱きしめてあげてください。
それだけで、子供は自力で復活します。

母親はフェニックスの巣なのです。
父親になる必要はありません。
父親がいなくても、自分がまっすぐに自分の背骨を持って立っていれば、子は自律します。
人はモデルを見て成長しますから。
(むしろ、背骨を持たない父親といる方が害がある)

だから、父親役は降りてください。


優しく受け止める母親に戻ってください。


されば、どんなに自分が子どもたちに救われてきたのかがわかるでしょう。


自分を受け止めてください。

よくここまで頑張ったと、自分を褒めてください。

そして、許してください。

自分を許し、認めることが、そして一人の女性として自分自身に戻ることが、来門君を救うことになります。

天国にいるヒデが望んでいたことは何だったでしょう。

今の姿でしょうか?




…私に見えるのは、母親を支えようと明るく振る舞う幼い来門君の姿です。
今も、あの姿は変わっていません。


ロザンナ一家の門に幸せ来たらんことを-





関連記事
 
Comment3  |  Trackback1
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

はじめまして。

本日から登録しました。初心者ですがよろしくお願いします。 日記感覚で、日々の心に感じた事を少しずつ書いて行こうと思います。 一人言のような内容もただあるかもしれませんが、流して下さいね(^^) ちょっと、感性が人よりズレいるのか友達が余りいません。... ...

 
 
 

Comment

 

うちの母親にそっくりです…二番目の子供という立場も…自分ではどうする事も出来ないような何かに追い詰められる感覚も…

 

色々と考えさせられました

旦那さんが亡くなって、その変わりを母親がしようとする。奥さんが亡くなって、その変わりを父親がしようとする。親が亡くなって、子供がその変わりをしようとする。私個人の感想としては、家族の誰かが亡くなった直後にそうなるのは、むしろ健康的な感じがします。亡くなった人の分まで埋め合わせてやって行こうと家族で頑張る。死んだ後に家族からそう思われないような人であれば、家族の一員としてなんの意味もなかったということになるような気がします。

問題なのは、それが慢性化して当たり前になってしまった時ではないでしょうか。そして、悲しみに向かう時間がないとき。それが長期化していく。誰もそのことに気がつかずに突っ走る。その時に、中尾さんが言っているコップが水でいっぱいになって、あふれる。今回は息子さんの水があふれたということなのかもしれません。

私自身は家族を早くに亡くしたという経験は無いのですが、付き合いのある家庭で早くに御主人が亡くなった家がありました。その家庭でも、葬式が終わった後でも悲しんでいる暇は無い、父親の分まで母親が頑張るということでやっていました。私の目にははっきりとは見えませんでしたが、中尾さんの今回の分析のように、そこの子供達もきっと必要以上に母親を支える役目をしていたのでしょう。3年程経って、やはり、どこかでしわ寄せが来たようで、奥さんの方がまいっていました。その時に、その家庭の隣の御主人が二月に一回だけですが自分の子供達と一緒にその家庭の子供達もドライブに連れて行くようになったそうです。それ以来、その奥さんは気持ちが楽になったと言っていました。それまでは、奥さんが父親役もしていたので、コップがいっぱいいっぱいになっていたのでしょう。今回のエントリーを読んで、そのことを思いだしました。

中尾さんがおっしゃるように、仕事が忙しければ父親が生きていても実質的に母子家庭のようになっている所は多いと思います。でも、主人が忙しくてということを自慢話のように話している奥さん達が結構いるのも事実です。「家にいないこと=出生=立派な社会人」という構図が、そういう人達の頭の中にはあるようです。一昔前は「亭主元気で留守がいい」なんていうCMを見てうなずいていた人達や笑っていた人達が多かった事を考えると、親との死別があったかどうかに関わらず、今回のエントリーで扱われているような心理的な構図がどの家庭にあっても不思議ではないなと感じています。

色々と考えるいいきっかけになりました。今回の件の息子さんも、取り返しのつかないような人を傷つけるようなことをしたわけではないので、中尾さんの言っているようなことを親子で気がつくようになればいいなと思いました。

いつも、色々と考えさせられるブログありがとうございます。

 

ロザンナさん、がんばってね

ヒデ&ロザンナさんの往年のファンです。ほんとに子育てってむずかしいですね。かくいう私も母子家庭です。長男の中学入学前の春休みに離婚して故郷にもどってきました。私にとっては、懐かしいふるさとですが子供達にしては旅行にきたような気分で落ち着かなく、ましてや思春期に入り色々大変でしたが、今は25才と23才の青年に成長し、家族仲良く暮らしております。今、子供がどんな心理状態かということに常に気にかけてきたように思います。私はいつも心理学の本を読んで心の支えにしてました。子供達二人共まだ大学生なので、これから就職、結婚と人生の節目を無事に進んで行けるように親として暖かく見守っていきたいと思います。又、ここまでがんばってきた自分を慈しんでます。神様に感謝の気持ちとともにに。。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード