プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

大韓航空機撃墜事件の検証

2008/02/21(Thu) Category : 社会事件簿
【NHKスペシャル「大韓航空機撃墜事件の検証」を見ての感想 1995.02.10日記より転載(昨日20日の日記の続きです)】



もう、10年以上も前になる大韓航空機撃墜事件。
トラブルは、様々な小さなミスや見過ごし、意図が重なって起こる。
 
大韓機が後方から来たソ連機に気付かなかったこと。
ソ連機の警告が伝わらなかったこと。
そんな緊迫した状況の中、折しも大韓機が機種を上げ上昇に転じたことが、ソ連機にとっては、上昇による減速のために戦闘機の飛行能力を失わせる作戦とみなされたこと。

ソ連機パイロットは大韓機が逃げると悲鳴を上げ、…そして、最終命令が下った。

アメリカはレーダーで大韓機の侵入を知っていたはずである。
が、大韓機への警告はなされなかった。

冷戦構造の最中、269人の命が、ソ連叩きのスケープゴートにされた…。





が、しかし、それにしても何故、大韓機は虎の穴に首を突っ込んだのか?
問題はそこである。

そもそも、領空内へ侵入しなければ─。
機長はなぜそこへ行ったのか?
スパイでないとすれば、その心理に迫るしかない。

後続機の先輩機長がこう語った。
当時の会社は「コスト」にうるさかった。
燃料や時間をロスする者には「始末書」が待ち受けていた。


そのベテランの機長が飛び立ったとき、いつか自動飛行装置のミスに気付いたはずだ。
が、彼は空港に戻らなかった。
初歩的なミスのために時間と燃料を無駄にし、始末書を書く無能の誹りが怖かったのだ。

彼は、「269人」と「プライド」を天秤にかけ、そして269人よりも自分を選んだ。そして昔ながらの羅針盤で目的地へ向かおうとし、領空を侵犯したのだった。

彼は、自分の属する組織の自分に対する評価が怖かったのだ。


ソ連機のパイロットも同じである。
パイロットは、万一取り逃がしたときの彼に対する軍(組織)の評価が怖かったのである。


組織の無言の圧力が、個人を思わぬ方向へ走らせる。
その時、本人は冷静なつもりなのだ…。





家族も組織である。
厳しく怒ればいいというものではない。
子供をしつけようと怒れば怒るほど、子供はうそつきになっていく。
何らかの言い訳を覚えていく。
責任転嫁を覚えていく。

大韓航空や軍隊のような「罰する組織」が、個人を追い詰めていったのだろう。

自分の組織が人をどう評価しようとしているのか、どこへ向かおうとしているのか、今どのような状態にあるのか、ぼくは常に見続けていきたい。





日航機無断滑走事件の背後にあるもの



関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード