プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

「親の操り人形」からの離脱

2008/02/29(Fri) Category : モラハラ(モラルハラスメント)
男の子は、支配する母親の下 ハラッサー(人を道具にする人間)となった。
女の子は、支配する母親の下 ハラッシー(人の道具となる人間)となった。

二人が出逢ったとき、何か同じにおいを感じた。
監獄の囚人が街で出逢ったような感じだろうか。

相手を救うことが、囚われの身の自分を救うことになるのでは…無意識が惹かれあった(意識上では、自分が母親に囚われているなんて思っていないからね)

夫婦生活が始まった。
かつて母親の道具となっていた妻は、夫から道具にされてもさほど違和感を感じなかった。

夫は(親への無意識の)怒りを妻に向けて吐き出し始めた。
母親から吐き出されることになれていた妻には、どこか馴染んだ感覚だった。


おかしい…
本音が顔を出しかけると、自分の中に棲む母親が「あんたがおかしい」と叩き潰した。

やはり、おかしい…
子供がおかしくなり始めた…しかし、それは全てが自分のせいに思えた。矜恃などなかった。

が、苦しさにたまりかねてカウンセラーに話を聞いてもらったとき、
自分がおかしいのではない、自分の住んでいる世界がおかしいのだと知った。



もう一つ知ったことがある。
落ち着いて、安心できる場所があるんだ…
私を傷付けない、すべてを受け入れてくれる場所がある…

この世にそういう世界があることを知らなかった
母親という異空間から、夫という異空間へ…私は、支配と服従以外の世界を知らなかったんだ…



私の中に「生きる意欲」と「意志」が宿った



夫は、義母の操り人形だった
私は、母の操り人形だった

私たちを舞台で踊らせていたのは、母と義母という黒子だった
夫に心なく、私の身体が思うように動かないのは、操られていたからなんだ…

私が本当に闘わなければならない相手は、目の前の心ない人形ではなかった
黒子で見えなかったけれど、私を操っているあなたこそが闘う相手だったのだ



操り人形に「意志」が宿ったとき、とたんに操りにくくなった
黒子達は大あわてで、あれやこれやと意志を奪いに来た

しかし、カラクリが見えた今、もう怖くはない
気づいてしまい心を持ってしまった人形は、もはや操ることはできない

これまでは、操られないと生きられないと思っていた
が、人形は、操られなくても、自分の心で動けることがわかってしまった



とても辛いけれど、とても簡単なこと
私はハサミを取り出し、自分と母をつなぐコントロールの糸を静かに切る

あぁ…上を見上げると、母にもまた糸がついている。そして、祖母にも、曾祖母にも…
そうか、運命の糸がつながっていたんだ

ゴメンね。私は、我が子を自由に羽ばたかせたい。
この舞台は、私が踊る舞台じゃない。


私は、人間として生きる


だから、ただ静かに舞台から下りていきます。
そこには、狭い舞台の上とは比べものにならないくらい広い、広い世界が待っている。






「PLUTO」~ゼペットじいさんも操り人形




関連記事
 
Comment4  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

わたしも

私も操り人形でした。母とそっくりな夫を選んでいたという事実。子供がおかしいわけです。この世に生まれてから安全な場所にいた事がないんだから、今までの事は仕方ないか、、、。家庭は自由を許されず、独裁者が支配する緊張感にあふれた場所でした。その中で「ここが安全な場所なんだ」と言い聞されていました。さあて、ハラスメント界を出るぞ。

 

わたし・・最近、この事を知ったのです。私の未来に光が差し込みました。
必ず、操られている糸を切ります!


でも、それを知りながら、別の糸にも操られそうになっていた私がいました。

その糸は、何かに操られるかのように切ってしまったのです。
切ってしまってから・・不思議な感覚が続いています。

その相手はハラッサーとして豹変しましたが、会う事はありません。

そして、一番身近にある、夫との糸、必ず切ります。

また、訪問しますね。

 

私の事だ…

DVモラハラ夫から夢中で脱出した私。しばらくして気付いたのは、肉体的虐待した父と精神的虐待をした母の存在でした。湧き上がる怒り、両親をミックスしたような夫を選んだ後悔、犠牲にしてきた子供達への罪悪感。世代連鎖はなんとしてでも阻止したい…手探りの日々です。中尾さんのブログ、参考にしてます♪
これからも楽しみにしていますね。

 

あぁ…私もそうやって、操られていた糸を自分で切ったのだなぁ…
と、読んでいてしみじみ思いました。

今は、母親のことを許すも許さないもなく、ただ自分を生んでくれて、この世に送り出してくれた親なんだ…と自然に感じています。

一人でも多くの人たちが、『広い、広い世界』を見上げることができるといいなぁと思っています(^-^)

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード