プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

釜爺

2008/03/09(Sun) Category : (家族)カウンセリング
ハラスメントの世界で苦闘している人から言われた。

私は、「釜爺(かまじぃ)」だそうだ。

「千と千尋の神隠し」に出てくる湯屋の心臓であるボイラーのお守りをしている、あのクモじいさんだ。



「間違えるな、6つめの駅だぞ」と、
短い言葉で的確に指示し、
鍵を渡したあとは任せる。

その辺が、とても似ているという。

“あの”世界で、ただ一人「愛」を語れる人物とのこと(←褒めすぎ)。


でも、

うれしいね!(*^^*)
かまじぃ!


関連記事
 
Comment1  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

中尾さんのイメージ

私はユパさまのように感じてた。年がバレますね(^^;
作中でのポジションはにてると思います。
釜じいもユパさまも仙人みたい。

世界を救う方法を求めて放浪する。
英雄視される賢者なのに、穏やかに「負うた子に教えられたな」とやさしく笑うかっこよさ。
今自律を目指す人すべて、それぞれにナウシカであり王蟲。
トルメキア兵に親を殺され激情に駈られた彼女を、バッチこーいと受けとめて道を示す。
彼に受けとめられたから、彼女は王蟲の怒りを受けとめることができたのだと思う。

勝手にそんなイメージを持っちゃってます。
おのおの世界を救うのは、それぞれのナウシカ。
その物語でとても重要な位置にいる人だと思う。
宮崎アニメだったので便乗コメしました。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード