プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

母なし子ザル「レディ」の父親

2008/04/07(Mon) Category : 子育て
岡山突き落とし事件の父親インタビューを見た日、ズ-ムイン!ス-パ-で、札幌円山動物園の母を亡くしたチンパンジー「レディ」のその後を見た。

以前、「札幌円山動物園の母なし子ザル」で書いたが、現在、育ての親の祐川猛さんが、レディを猿の仲間に戻そうと苦心されている。


柵に近寄ったかと思うと、かじられて指を骨折。レディ引っ込む。
檻の中で祐川さんが寝っ転がり、その胸の上にしがみついているレディの手の平を踏んでいくサル-挨拶らしいのだが…レディ引っ込む。

そして、血を分けた兄登場。
やはり血のつながりがあるだけある、と祐川さんも言うほどのやさしさを見せ、ここが突破口かと思いきや、兄急死…。

まぁ…試練が待ち受ける。

が、レディの自律、レディの幸せのために、決してあきらめず淡々と努力を続ける祐川さん。

そして、ついに一晩サルの仲間と過ごすことになる。
その時、中を映すモニターを、ただじっと見つめる祐川さん。
一晩中立ちっぱなしで見つめていたのではないだろうか。



う~む…ここに、理想の父親がいる-そう、思った。



1日中ベタベタ一緒でも嫌がらず、
決して無理強いせず、
それとなくチャンスを提供しつつ、
ただ、時が来るのを待っている。


この日、私は好対照の二人の父親像を見た。

囲い込もうとする父親と
手放そうとする父親と

Doing Father と
Being Father と

見守り続ける祐川さんは、
「親」という字を体現していると思った。





円山動物園のチンパンジー達

レディの動画

「親」という字




関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード