プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
02 ≪│2017/03│≫ 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

井上康生-自律を勝ち得た柔道人生

2008/05/04(Sun) Category : 人物
フジテレビの「ザ・ノンフィクション」で井上康生選手の柔道人生を見た。
疲れもあって半分うつらとしつつ、見るともなく見ている感じだったが、

あ、父親を背負っているな…

あ、父親が変わったな…

あ、堕ちてふっきたな…

とポツンポツンと思いが湧きながら


父の言葉に苦笑する井上選手

強気の言葉を言う井上選手

じっと物思いに沈む井上選手

その時々の映像が印象に残っていた



そして、
最後の大会に望む姿を見たとき、

不意に急激に感情がこみ上げて、ボロボロ泣いてしまった



あー、何も背負わず、自分のために柔道を楽しんでいる

そう感じて、涙があふれて止まらなかった。



よかったなー、よかったなー、
自分のために柔道ができてよかったなー…


最後は、思い残すことのない自分の柔道ができて
笑顔で引退することができて
本当によかったなー


言葉にすると、そう言う思いが私を満たしていた。
そして、心からホッとした…。


私の場合、いつものことなのだが、“不意”にくるのである。
直前まで冷静だったはずなのに
一挙に来て、気づいたら涙があふれている
心が何か感じたら、考える間もなく体が反応している感じだ
あとで、あれこれとそのこみ上げてきた気持ちの正体を探すことになる。



---------------------------------------------------------
5歳で柔道をはじめ、10歳で父を背負って石段を往復して父を本気にさせて以降、家族を巻き込んだ柔道人生を突き進んでいく。

しかし、
「康生に2位は似合わない」と言った母を99年6月(享年51)に亡くし(享年51)、
共に柔道をやって支えていた兄も05年6月に急逝(享年32)。

「もうこれ以上犠牲を出したくない」と言っていた康生氏のつぶやきの中に、全てが込められていたような気がした。

負けることが許されない柔道日本。その中でも、勝つことを宿命づけられた康生氏。「日の丸」を背負う重圧は一人で耐えきれるものではなかっただろう。彼は、母や兄が共に背負ってくれたことを実感したから、あのように言ったのではないだろうか。

康生氏は糖尿病を患う父を心配するように言っていた。
今父がどうにかなったら、柔道を続けている意味はない、と。
彼は、5歳の時から父を背負い続けていたのだ。


---------------------------------------------------------
04年アテネ五輪で敗れ、続く05年の嘉納杯で右大胸筋断裂の大けがをして弱きになる康生氏は、その父に支援を求める。もはや心の支えが必要だった。

しかし、父の言葉は重かった。
画面を通してからも、思うようにならない息子への苛立ちや心配が伝わってくる。それが息子の自信を失わせていく。

「辛い」「木」を見る「親」であることの、いかに難しいことか。
わが子を信じて、ただ見守ることがどんなにし難いことか。


だから、父は自ら離れた。
身近にいて見ているのが辛ければ去るしかない。それに、伝えるべきは全て伝えてあった。

見放されたかのような康生氏は、次々に負けてどん底に堕ちる。
それを支えたのは、結婚したばかりの妻だった。

その間父親は、自分こそが弱気になってしまっていたことを悟る。彼は、父「親」になった。
一方、康生氏は、失うものがなくなって吹っ切れたのだろう。鮮やかに必殺の内またで一本勝ちを決めていった。



---------------------------------------------------------
子が優秀ないい子でいる内は、親は「親」になれない。
子が苦しむ姿を共に苦しんで見守る中で、はじめて「親」になれる。

一方、背負ってきた父が自ら背をおりて去ったことで、はじめて子は自分自身と向き合うことができた。子は「自律」したのである。

そして、その背景には、祈るように見守っていた妻の姿がある。

彼はいろいろな心の発達課題を乗り越えて、大会に臨んだ。
それはもはやご褒美だったのではないか。
彼は、最後の試合を楽しんだのではないだろうか。



---------------------------------------------------------
背負うものがあるから強くなれる―そういう側面もあろう。しかし、必ず無理が来る。
何より、背負い背負われる関係の中で自律はできない。

背負うのは自分の思いだけで十分。
自分の体は、「自分の気持ち」お一人様の乗り物なのだ。

彼は、それで十分強くなれることを最後に見せてくれた。
そして、あの笑顔が充実とは何かを教えてくれた。



---------------------------------------------------------
2日、彼は引退を表明した。
「本日をもって第一線から退く決意をいたしました。5歳から始めて、柔道にすべての情熱を注いできました。わが柔道人生に悔いはなし、という気持ちです」


「自律」を勝ち得ることが、人生の勝利である。
心から、おめでとうを言いたい。


そして、しばらくゆっくりしてほしいと思う。


お疲れさまでした。


ありがとう。


関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード