プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

ありがとうがいっぱいの母の日

2008/05/12(Mon) Category : 家族小景
終日、逐語検討訓練の指導。
皆さんの失敗も楽しいし、経験を通じて得たことを伝えていけることが嬉しい。



夕刻、団塊世代の友人と落ち合う。産業カウンセラー養成講座の同期。
大企業に勤め、昨年定年だが延長で働いており、カウンセリング及びカウンセリングマインドの必要性を会社に説いて、今度幹部にプレゼンすることになったので、ちょっと見てほしいという。

今40年来の趣味であるカントリーをやっていて、先ほどまでバンドメンバーとやっていたというテンガロンハットにカウボーイの出で立ち。まぁ、よく似合っている。今度は歌を聞きに来てくれとのこと(腕を上げたようだ ^^)。
団塊世代は退職後引きこもっている人も多く、「何にもないなんて事はない、なんか若い頃やっていたことがあるだろう」と声をかけては引っ張り出そうとされているようだ。



その後、丁度よい時間となったので、バイト帰りの娘と待ち合わせ。
花屋を3軒回って、カーネーション。ついでにケーキ。
まぁ、電車の中から家に着くまで娘はしゃべっていた。
夕食後、妻は花に驚き、ケーキに喜び。

母の日のケーキ



そうそう、帰宅すると明日発売の週間東洋経済が届いていた。
明日(5/12)店頭に並べるわけだから、今日届くわけだ。
私の記事は72ページにあります。是非お読みください(^^;)




その後、相談者の方から電話。
迷い迷われての半年。慟哭、怒り、解体、整理、分析、解釈、逡巡…その方は自分の中を巡り続けた。
私は、それをずっと見守り続けていた。
そして、三重、四重、五重の結界をぶち破って、ついに大いなる第一歩を踏み出された。

ここに到達できたのは、私がぶれないからだと言う。
いろいろな人から時折言われることだが、私がぶれないのは「その人への信頼」である。

そして…
母の日のまさしくこの日、
その方は自分の母親の結界から生まれ出で、
子の母親への道の第一歩を踏みしめた。

お誕生、おめでとう!




喜びの一杯詰まった母の日だった。




関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード