プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

大地震と国の対応

2008/05/16(Fri) Category : 世相・社会
東京オリンピックが間もなく開始されようとしていたとする。
そこに大地震が起きた。

関東大震災であれば、当然オリンピックは中止だ。
では、他の地域で起きた場合どうだろうか。

北海道、もしくは九州などの全域規模の地震が起きたら
あるいは、東京の隣の県で甚大な被害の出た地震が起きたら

または日本が多民族国家で、
地震が起きた地域が少数民族の居住区だとしたら…



国がオリンピック中止の決断を下し、
全力を挙げてその地に住む人の救済に当たれば

国と国民の信頼関係は確固としたものになり
オリンピックの成功以上に世界はその国を評価するだろう

また世界が救援のために手を結べば
オリンピック以上に国と国の関係は近しくなるだろう



または、オリンピックを延期して復興記念として同じ地で開催することで、それこそ喜びの声にあふれるだろう。

柔軟に生きることのできる世界であれば、柔軟に対応することができる。



全ての出来事は、人と人との信頼をつないでいくか切っていくかのいずれかの結果になる。
「国」という形は何のために存在しているのか。
その存在理由は常に問われている。


四川大地震-私はたまたまそこに住んでいなかっただけだ
自分が被災者ならどう思うだろう
国際オリンピック委員会も何かの提案ができるのではないか…





災害に対する国の姿勢が人の意識を変える

「富士山大噴火」に見る望ましい国のあり方




関連記事
 
Comment1  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

オリンピックを利用すると言う考えはありませんか?

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード