プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

自分を受け止められない自分

2008/05/17(Sat) Category : 心と感情
なんで?

なんで、この感情を自分が引き受けなきゃならないの?



このイヤな重たい感情は、親から背負わされたもの

あのとき、そのとき、このとき…

理不尽に押しつけられ、無造作に傷つけられ、押し込められ、蔑まれ、


たくさんのシーンと共に

怒り、恨み、辛み、憎しみ、悔しさ、嘆き、哀しさ…たくさんの感情がある




なんのために苦しい思いまでして

ここまで感情を抱え込んできたの?


それは、いつか親にぶつけてやりたいから!

そのチャンスを待ち続けて、苦しみ続けてきた


この感情達は、その原因を作った親にぶつけるべきもの

私が引き受けるべき感情ではない!



<と、どこかで思っていると気持ちが出てこない。自分がストップをかけているからね。おまけに…>




ぶつけたとしても、親が受け止めてくれなかったらどうしよう

それこそ、天涯孤独に突き落とされる…


<最後の希望を失うのが怖くてチャンスを作ることもできなくなる。さらに…>



ぶつけたら、親がどうにかなってしまうのではないか

親だって、かわいそうな人達なのだ…


<と、親への心配で蓋をする…>






ところが…

そう思っている間中、実は、

「自分の感情達」は「自分」に見捨てられている。



自分の中にある負の感情を自分が感じるのは損だ、イヤだ

そんな気持ちで自分が怒ったり、泣いたりするのはバカバカしい

見たくない過去は切り離して前向きに生きよう

と思っている間中、「自分の感情達」は「自分」を振り向かせようと画策を続ける。



それは、

体や心の症状となって表れたり、

衝動的な行動になったり、

人や物への依存や支配となって表れたり、

間違った選択となって表れたりする。




それは、

「自分」が「自分の感情達」を受け止めようとしないからだ。

だから、「自分の感情達」は「自分」をスルーして、直接外の対象へ向かおうとあがく。



負の感情を自分が感じることは、損でもバカバカしいことでもない。

自分を大事にすることなのだ。



なぜなら、

全ての感情は自分自身。

自分から生まれたかわいい子ども達。


ならば、

この感情は認めてあげる。この感情は見たくない。

なんて親がするような差別をせずに、全ての感情を受け止めてあげよう。


なにしろ、

「自分の感情達」を救うことができるのは「自分」しかいないのだ。


まず、自分で受け止める

親にぶつけるかどうかは、オプション(選択)だ。







さぁ、


決意をしよう。




「自分」だけは「自分の感情達」を見捨てない




「自分」は「自分の感情達」を救い出す




関連記事
 
Comment10  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

気持ちを出すことに許可を出したら溢れるように気持ちが出てきて、すごい強い力。
親のことがわかってきて、自分の気持ちは自分で受け止めるんだよ。と自分で決めて、そうする側から、「なんで私が嫌な気持ちを受け止めなきゃならないの?私悪くないのに!」
という気持ちが沸き上がる。
すごく強くて、ヘトヘト。
怒りもすごくて、顔が険しくなっているなぁと自分でわかっているから、怒りを色んな方法で出すけど、段々気付く怒りのレベルが強くなっているのを実感する。
ものすごい我慢してたんだね、と思うと同時に、焦らずやろう、子どもいないけど、今、自分の中の子どもを育てているんだって思った。

 

雪の街からさま

ゆっくりあせらず。
やってみます。
雪の街からさんのおっしゃった
「後から気がついて、メールで謝ったこともあります。(>_<) 
その時はスッと楽になりました。相手の反応よりも、自分の気が済んだという感じでした。 」
という心理状態にまで行けるのは、現実と向き合い深く考えられた結果与えられるご褒美なのかもしれないと感じました。
本当に助言をありがとうございます。

 

たこりん様

ごめんなさい。m(__)m
私だって、謝れる時ばかりじゃないんですよ。(>_<)
失敗しながら、それをたくさんの人たちに許してもらい、受け止めてもらいながらでいいんだなあと、いっぱいいっぱいの今は自分ができないことは勘弁してもらおうと思えるのが、やっとこの頃です。ずい分時間がかかりました。それでも今も一進一退です。(^_^;)

『もう少し心の整理が必要なように感じます。 』
それでいいと思います。
無理しないで、自分のペースでいいと思います。
今日、明日で出来るようになるなんて無理。少しずつ、少しずつ。
私も、焦らないようにと、いつも言い聞かせています。

たこりんさんのコメントで、私も共感できて嬉しかったです。
コメントしてみようと思える機会を与えていただいて、ありがとうございました。(*^_^*)

 

雪の街からさま

ありがとうございます。

私は自分の小ささに呆然としているところです。
あの人やこの人になんと言って誤ればいいのか
言葉がみつかりません。
頭でぐるぐる考えて、人に伝えることができないのは以前からです。
とても怖くてできないんです。
言ってみたこともありますが、とても不自然ですっきりとはしませんでした。
もう少し心の整理が必要なように感じます。
会社で、いつも強がっていますので
弱みを見せると、何もかも崩れてしまいそうで怖いです。
でも、暴言を吐いて孤立する状況には不安でいっぱいです。
孤立するというのは、私の思い込みかもしれないんですが。。。
なんで私だけ?って思ってしまいます。
なんで私だけ人より劣っている気がするんでしょう?

雪の街からさま 
聞いてくださってありがとうございます。

 

たこりん様

『人に自分の意見を言いまくって気分が悪くなるのはなぜ? 』

そういう時、ありますね。
とっても気分が悪くて、でもどうしてなのか分からなくて、いつまでもモヤモヤして。
でも原因が分からないからそのまま振り切って過ぎて、また同じ思いをして・・・。

私は今は、自分の気持ちで言ってないからかなあと思うようになりました。
建前でものを言っていたり、自分の意見を正当化してぶつけただけだったり、主張しすぎて相手に押し付けてしまったり・・・。
あるいは、親に対する後ろめたさだったりしたかもしれません。

後から気がついて、メールで謝ったこともあります。(>_<) 
その時はスッと楽になりました。相手の反応よりも、自分の気が済んだという感じでした。

逆に、素直な気持ちをそのまま伝えられた時って、とっても楽だなあと思います。
不思議と相手も嫌な顔をしないみたい。
上記、謝った時もそうだったんだと思います。

気持ちに良いも悪いもないというのは、本当だなあと思います。(*^_^*)
自分を責めないで。
どんな気持ちも、大切なあなたです。

 

暴走する自分

自分に集中しようと思い新年を迎えたのに・・・
人に意見したり、指導という名の強制をしたり。
今日の自分を想うと、もうだめだという気持ちに七転八倒
この感情に向き合うのは怖くてアルコールにたよる
人に自分の意見を言いまくって気分が悪くなるのはなぜ?
いつもだいたいそうなんです。
くるしい。この気持ちに向き合うべきなのですか?

 

しょうがないよ、と自分を許す

産まれたときからガス室にいたんだから。
自然の空気は、かえって苦しいもの。
自分を受け止めるのだって、時間がかかるものだよ。
練習、練習♪

 

ここに宣言

直視するのが嫌になるほど、情けない今の自分。だから二重人格みたいに、よそいきの顔を持ってる。私のブログはよそいき。キレイごとばかり。

どんなに人から褒められても私だけは本当のこと知ってる。

私は逃げてる。

大人になったら幸せになれるかなぁと思っていた子どもの頃の自分。不幸せだったってことだよ。

もういい加減、気づいてるフリ。解ってるフリ。自分を受け止めてるフリは止めた!

「いろいろ勉強したみたいだけど、あなたは自分と向き合うの向き合わないの?」
と問いたくなるあの人。あの人は自分と同じ解ったフリで逃げてるから。

だから嫌悪感を持ったんだ。

親とも切れた。夫も自分と向き合い始めた。
子どものためって思ってるうちはダメって解った。

もう誰のせいにもできない。
もう逃げられない。


「どこまでも自分を受け止めてやる。」


 

まさに!うちの共依存者です。

私には、解っていたんですけどねぇ…(┬┬_┬┬)

周りの誰もが、私が問題であると、認識していましたね…。

誤解でぇす…(´Д`)

私は昔から、自分にドップリ浸かるタイプです。

「心の穴」だって、小学生の時に、認識していましたからね…。

動き回る共依存者こそが、逃亡者なのだと…、皆気付けない(┬_┬)

救援者に、なりたいだけなのです…。

 

迷っている時に、その答えをここでもらってます。
どこかで見られてるのか?と思うぐらい、的確に!!
いつも、ありがとう。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード