プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

水戸両親鉄アレイ殺害事件

2008/05/20(Tue) Category : 少年犯罪・家族事件簿
【週間東洋経済「子ども格差」特集「家族を追い詰める国」日本】②

■「お膳立て症候群」の悲劇

2004年11月24日、19歳の少年が寝ていた両親を鉄アレイで殴り殺した。この両親も、まさか自分がそういう目に遭うとは思いも寄らなかったはずである。次項の図にあるとおり優秀な両親および子ども達だった。一見、どこにも非の打ち所がないように見える家庭のどこに事件の芽が潜んでいたのだろうか。

私の相談者にも、外では優秀な先生、医師、会社員の方がいるが、その優秀さの背景には自分の親に認められたいというドライバー(無意識に自分を駆り立てるもの)が働いていることも多く、配偶者選びから子育てに至るまで、親のお眼鏡にかなうように行動していることがある。

事件の家も厳しく監視する祖父の下で、両親は家庭でも完璧な教師を続けていたのではないだろうか。
『体が小さく、大人しく控えめで真面目だった』と近所の人が言っている。これも体や行動に表れたサインである。現在では、愛情不足が発達を疎外することが「愛情遮断症候群」として知られている。また、大人しいことも厳しい親の下でまま見られることだ。つまり、子どもの心身が萎縮しているのである。

水戸両親鉄アレイ殺害事件

子どもは思春期になると親離れの「脱愛行動」をし始める。
しかし、親が子離れできない場合、家出したり不良とつき合ったり、故意に親との間を断つ「情緒的離脱」を始める。姉達が県外の大学を選んだのも合法的な離脱と言えるだろう。

姉二人の進学は、少年と妹への無言のプレッシャーになったことだろう。
特に長男である少年へのプレッシャーがきつかったことは想像に難くない。
私がお伺いしている不登校の子達は、親の期待に応えようとして、敷かれたレールを懸命に走り続けて疲れ果てた健気な子ども達ばかりだ。少年も妹も、中学で力尽きたのだろう。エリート高校に進学するも欠席が増えて、やがて不登校となり、ついにニート状態になった。

すると母親は教師を辞め、ニュージーランドに別荘を購入して少年と妹の3人で生活を始めた。

この母親の行動をどう感じるかが、わが子を救えるかどうかの分かれ目となる。




少年と妹は、今はただ休みたいだけなのだ。
にもかかわらず、親は放っておいてくれず、リハビリのレールを歩かせようとした。しかも、仕事を捨て別荘まで購入したということは有無を言わせないということである。自ら退路を断ち、親の言うことを聞かせようとしたのである。

あらゆることに先回りしてお膳立てされ、後はその上を走らされるだけの人生が“自分の人生”と言えるだろうか。

自分の人生は、自分で自分の行動を選択したときにはじめてスタートする。
この少年は、ただ親のシナリオの上を走らされ、くたくたになった。
しかしゆっくりと休むことも許されず、この先もずっと親の敷くレールから逃れられないと思ったとき

『自分の人生にどこまでも介入してくる両親を亡き者にする以外に自分の生きる道はない』―これが、少年の言葉である。

私は、子どもの言葉は、いつも真実を言っていると感じる。



<続く>

関連記事
 
Comment2  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

懸權而動ハカリニカケシコウシテウゴク「孫子」

川を埋めて作られた緑道を自転車で通る時、ちょっとだけ感じる楽しさを味わう自由も無くなるけれど、それでも今よりは楽になれるのかどうなのかと、

權(はかり)に懸けて、どう動くか決めるのは子供の方。

子供を「信じて」いて
というか、有り得ぬほど馬鹿にしていて、高を括ったまま殺されない親はいますよ。

親が子供のためを思うのなら、
親を殺さない方が今より自由になれることを、親自身が変わることによって、子供が感じ取れるようにして上げる事でしょう。

 

両親を亡き者にしても自由になるどころか2重3重の不自由になるということまでは考えられないのでしょうか。やはり精神に障害をきたしていると見て早く精神科に行くしかないと思いますが、そんな子供の精神状態に親が気づいた時、どうするのが1番良いのでしょう。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード