プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

指導者を見分ける10ポイント

2008/05/24(Sat) Category : 見方・考え方・価値観-パラダイム
社会は人で成り立っている。
人はデコボコしている。
だから、いろいろなところにいろいろな人がいる。

芋洗いのようにぶつかり合えば角が取れて丸くなるのだが、
小さい頃から統制されてぶつかることがないため、人が成熟しにくくなっている。

さらに、「自己責任」「効率優先」「利潤第一」などの資本「主義」が、社会の成熟を妨害する。
生き方に「主義」なんぞない。

さて、その主義が社会のあらゆる組織に行き渡っているので、無防備に組織に入った人は虚を突かれることになる。

なぜ、こんな人が社長?
なぜ、こんな人が管理職?
なぜ、こんな人が先生? 
なぜ、こんな人が(職業)? (←適当に入れてください --;)
なぜ、こんな人が親? 
なぜ、こんな人が……





特に、夢に向かって、自腹を切って、意気揚々と研修に臨んだときなど、そのショックは大きいだろう。それが、カウンセラーを養成する研修などであればなおさらだ。

そういう場で、自分の方が間違っているのか? 自分の方が悪いのか? と悩む人も出てこよう。
自分で望んで行っただけに、「逃げてはいけない」という第三次禁止令を自分に課している場合がある。

その場合、指導者の「指示に従わないことを禁ずる第一次禁止令」と「異議申し立てを禁ずる第二次禁止令」の挟み撃ち(ダブルバインド)に簡単に陥って、身動きとれないままに苦しいだけの時間を過ごすことになる。

そして、我慢している時間の間中、実はズタズタに傷ついている。その蓄積が後でドカンと自分に襲いかかってくることになる。
だから、自分を守るために
自分の気持ちに従おう。
五感の苦しさに従おう。

そして、即刻その場を離れよう。
そこは、あなたのいるべき場所ではない。





指導者は次のポイントで見分けるとよい。
(これは、あくまで個人的観点なので、ご参考まで)

1,肩書き、経歴をやたらと吹聴する

2,でも、自己開示しない(心を開かない)

3,受講者にのびのびした雰囲気を与えない

4,受講者の理解の進度を無視して機械的に進める

5,蘊蓄ばかりで、教科書的な通り一遍のことしか言えない

6,本質的な質問には「言っていることがよくわからない」など慇懃に逃げる

7,こちらの主張をみなまで言わせず、言葉を重ねて遮り自分の主張を押しつける

8,自分を高みに置くような態度を取る(半笑いやあやし口調など)

9,受講者との交流を避ける

10,スケープゴートを作る



まぁ、細かい解説は置くが、要するに、このような態度を取る人は中身のないハラッサーだということ。このような指導者の下で、決して実力がつくことはない。

次に、ハラッサーにとって自己開示してくる人間は脅威なので、まず自己開示した人がスケープゴートになり密かな攻撃の対象となるだろう。

さらに、このような指導者の下には、指導者の意向を察知してその評価にそぐうように行動する人物(親に気に入られたいというACの強い人)も、まぁ大体現れてくる。だから、指導者がスケープゴートを決めれば、いじめが始まる。

というわけで、こういう人の下に我慢して居続けることに何の意味もありません(キッパリ!)。





人は自分の器以上の人間を育てることはできない。
自分が苦しいときは、自分が相手以上の器だからだ。

相手のちっぽけな鋳型に自分がはめ込まれるのが苦しいのだ。
それが、親子関係でも、先生-生徒の関係であってもね。

苦しいときは、自分がすでに相手を超えている。
だから、とっとと出ていこう。



そして、出ていくならその指導者に向かって言いたいことを言って出ていくのもいい。
だって、自腹を切っているのだから言う権利を持っている(言わない権利も持っている)。

言わないことで後を引きずりそうなら、思い切って言おう(親子の関係も同じ)。言われてはじめて自分のやっていることに気づく場合があるからね。
受講料は、言う権利を使うために(使うも使わないも自由)投資したと思えばよい。


そのような講師に出逢って葛藤し、そして自分の気持ちに添って行動して抜け出した―その全てのプロセスが自分の身になるだろう。そして、同じように葛藤している人を救うことができるようになるだろう。

だから、あなたの成長のために出逢ったのです。
そして、さっさと卒業しましょう。



関連記事
 
Comment5  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

良かった

あの職場、やめて良かった。
今書いてることは、テーマの「指導者」とはちょっと違うかも知れないけれど……。
二人きりで、ずっと苦しくて、こんなに些細なことでどうして相手(上司にあたる)が怒鳴ったり怒ったりしてくるのかわからなくて、そのうち相手が部屋に入ってくるだけでおかしなくらい緊張するようになってしまった。私を指導……してたつもりだったのかな? でも、さっぱりわからなかったよ。ごめんね。これまでに、もっと良い伝え方、叱り方をする人たちにたくさん出会ってきてたからかな。

自分を責める気持ち、あったけど。あの人の元で、頑張り続けないでいて、良かった。早く逃げ出してよかった。私の味方になってくれて支えてくれた家族に感謝です。

 

はじめまして

まさに今 私と子供が所属している集団を離れたい、でもどのようにすれば…と悩んでいるところでした
離れようとすればするほど引き止める力が強くなり(そのように感じているだけ?)でも気がおかしくなりそうな程苦しくなる…指導者から直接、ではなく指導者の言葉に感銘を受けた周囲の人間から「あなたは間違っている、そんな考えでは子供がかわいそう、私達はこの組織なしでは生きていけない事を忘れてはならない」と言われ、おかしいのは私なのかとも思い…
でも、この苦しさが答えだと思います
思考は役に立たない、決断と行動だ…とわかってはいるんだけど子供がらみのことでもあり、いつ、どのように…と悩んでいるところでした
一歩踏み出せば楽になるのはわかっているのに、意気地なしです

 

学校で

子供の小学校の担任がまさにハラッサーです。
そしてちゃんとお気に入りのACが数人います。
授業が進むいい先生との周囲の評価でしたが、実際は「効率優先」の人間だったのです。
我が子はずっと「なんかおかしい・・」と私に日々の不満を話してくれます。効率優先なので学級運営を律速させる感情や意見は無視されるためなのでしょう。

>そして、即刻その場を離れよう。
>そこは、あなたのいるべき場所ではない。

この言葉を子供に言いました。
友達もたくさんいるしこの学校にはいい先生もたくさんいるので未練があるようなのですが、「いつでも出ていく用意はしておくよ」と子供に伝えました。

悲しい事ですが、これが日本の普通の学校にある普通の学級のひとつの現実です。




 

驚きました

おはようございます
 この記事を拝見して自分の事かと驚き、週末は考え続けていました。週明けの昨日、思っていたことを書きつづり、さて、これをどうしようかとまた迷い・・・。
 今朝、コメントを拝見してふっきれた気がしています。
似た境遇の方がいらっしゃるものですね。勇気づけられました。
 書いた物は出そう。それが自分のためであり、後に続く人のためにもなるかもしれない。
 思いはそこに置いてから出掛けよう。
 気持ちを外に出したって、恐ろしいことはきっと何も起こらないよ。
 そんな気持ちになっています。
 さっさと用事を済ませて視線を前に向けます。
 ありがとうございました。

 

最高の卒業証書を頂きました!

中尾先生
こんばんは。

先日は、とても危ないところを助けていただき、本当にありがとうございます。
お礼が大変遅くなりまして、申し訳ありません。
あの翌日からも、わたしの人生はジェットコースターの如く、良い意味での偶然の連鎖が連なり、ようやく静かな土日を迎えられたところです。。。クタクタで寝ているだけの土日でしたが^^;)。

あの日の電話カウンセリングで、すべての点と線が繋がりました。
3時間か4時間近くカウンセリングをして頂いた感覚でしたが、電話を切って時計を見ると1時間ちょっとしか経っていなかったことにとても驚きました^^)。

あの後、わずか2ヶ月足らずの産業カウンセラー講座で起きたすべてを理解し、すっかり自分を取り戻すことができました。

これまでのわたしの人生なら、間違いなく最後の一撃を入れに行っていたと思いますが、
今回は、不思議とそういう気持ちが強くありません。

なによりも中尾先生に言って頂いた
「もうカウンセラーの気持ち持ってるよ。」
これが、わたしの卒業証書です。
どこぞの講座の修了書や資格なんぞとは比べ物にならない価値があります!

後で、ふと思いました。
「障害者介護、レースメカニック、レーシングドライバー、システムエンジニア・・・これまでの自分の人生で、ちゃんと資格取ってから何かしたことあったんかいな(笑)。」

とってもわたしらしい卒業だと思います。

これからも、皮や形に拘ることなく、ひとりひとりの気持ちと向き合い、受け止めあえる人生を目指して参ります。

感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました♪

#今年の春もひょんなことから耐久レースに出まして、遂に2位表彰台に上がりました!
これで、心置きなく20年やったモータースポーツに終止符が打てます♪

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード