プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

「言葉にならない感情」の出し方

2008/06/03(Tue) Category : 心と感情
胸の中に肌色のゴムのような膜があって瘤のような盛り上がりが見える

取り出して机の上に置けますか、と聞かれたら

机の上に“それ”はあった


ソフトボールくらいの黒い球。少し紺も混じっているかな…
上に、さっきの肌色のものがヘタみたいにくっついている

胸の中にあったものは、この塊だったんだ…
それほど重くはないが、外は堅い

中は見えますか、と聞かれたら

半分に割れて、中身が流れ出していた
真っ黒のコールタールのようなもの

流れはゆっくりで、こちらに向かってくるがやがて止まる感じ
それが、蒸発しはじめた。消えてなくなっていく…

殻の方は、と聞かれて見ると
殻の方も崩れるままに消え去っていく



ヘタのようなものは?
…そういえば、近くにいる気がするが見えない

あ、ヒラヒラと殻の上を飛んでいる
見届けているような感じ

そして、どこかへ飛んでいった…





たとえばこのように、言葉にならない感情を取り出していくことがある

遠い昔に押し込めた感情はタイムカプセルに閉じこめられて、掘り出されるのを待っている。


「あまりに理不尽な出来事」は、自分がその経験(事実)を拒否しているために、その時のシーン丸ごとタイムカプセルに閉じこめられている。だから、そのカプセルが出てくると、まるで今目の前で展開しているようにリアルな光景と感情がそのまんま蘇る。これをフラッシュバックという。とてもつらいのだが、その感情を味わうことが、その感情を救うことになる。

そして、救われた感情は、その出来事を自分の人生の物語の一シーンに織り込んでいく。こうして、人生のミッシングリンクはつながり、その出来事はいつしか「思い出」に変わっていく…。

(この場合、世代間連鎖の視点を持っていると、その“理不尽”についての理解が深まるので、そのようなカウンセラーに導かれるとよいと思う)





もう一つ苦しいのが、「言葉にならない感情」だ。

受け止めてもらえなかった感情が、長い期間の間に、新鮮な植物が石油や石炭になるようにタールのようになっている。明確な言葉にはならないが、“それ”が何の象徴なのか、そこにどのような感情があるのかは感じることができる(上記には書いてないけど)。

自分に受け止めてもらった感情は、静かに消えていく。
こうして、心のコップの水位を少しづつ下げていく。


関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード