プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

「あなたの子どもを加害者にしないために」復刊希望コメント(3)-2008.0615~2008.0616

2008.06.16 yashu
現在子供を育てていて、ぜひ読みたいと常々思っております。
復刊を本当に願います。早く読みたいです!!


2008.06.16 にゃんこ
私 は子供は居ませんが、だからこそ客観的に見られるのかも知れませんが昔は私の場合スパルタ教育で育ったから、心が弱く他人に対する警戒心が強い人間に育っ たけど、ゆとり教育で育ったいまの若者は自己中心的で物事の善し悪しがわからない動物に近いまま体だけ大人になってる。教育が極端だからこういう現象が起 こるのだと私は思うのですが、この本の作者はどう考えておられるのか知りたくて投稿しました。


2008.06.16 まるりん
秋葉原の事件後、子育てに自信が持てなくなってしまった時に著者のブログに出会い、この本があることを知りました。すぐにでも読みたく、購入しようにも2万円弱・・・。とても手が出せません。近隣市町の図書館にも問い合わせましたが、残念ながら見つかりませんでした。
他の方のレビューを見て、ますます子育て中の今読まなければいけない本だ、と思います。復刊を強く希望します。


2008.06.16 霧子
私も子供を持つ親として最近の色んな事件を見たり聞いたりして家の子に限ってと言う考えでは、絶対いけないと思ってます。親子関係を上手く保ち子と共に成長出来たらとそう考えて是非読みたい本です。


2008.06.16 やま鳩
も しも、本心から、昨今の不条理な犯罪を無くしたいと思うなら、その根っこである親子関係を直視しなければ、その嘆きには意味がありません。これらの犯罪は 日本の親子関係が危機に瀕している警鐘です。犯罪に結びつかなくても、現に今、子供達の小さな胸が、両親の無知によって引き裂かれんばかりの苦痛にあえ ぎ、人間性の芽を摘まれようとしているとしたら・・・。親から子、そのまた孫への負の連鎖を断つ為、待ったなしの具体的な行動が必要です。その為の本で す。


2008.06.16 ニコリ
今の日本に必要なもののうち、最も根源的な事が書いてある本ではないかと期待しているからです。


2008.06.16 たま子
読みたいです。事件が続く今、本当に読みたいです。


2008.06.16 南の島
子供と関わるすべての人に読んで欲しい。


2008.06.16 machannah
著者の考え方に共感を覚えているので、この本を我が子の子育ての指針としたい。


2008.06.16 のまど
今の教育界には絶対必要な本です。ぜひぜひ復刊お願いします。


2008.06.16 がんばるよ☆
最近の犯罪を知るにつけ、その犯人の育ち方が普通ではないのではないか?と思いました。
今後 こんな事件が無くなる事を祈りつつ・・・。又
二人の子供が教師をしていますので、家族で読みたいと思います。


2008.06.16 じゅんちゃん
秋葉原の事件のような事が繰り返されないためにも、子供との向き合い方をもう一度考えたいと感じた為。


2008.06.16 ヨッピー
『あなたの子どもを加害者にしないために』この本に出会えた事を誇りに感じています。すべての方がたに是非読んでいただきたいすばらしい本です。
誰もがうっかり忘れてしまっている大切なことに気付かせてくれるとても素晴らしい本だと思います。是非 復刊させてくださるようお願い申し上げます。


twins room 2008.06.16 もも
私は去年この本を手に入れて読みましたが、たくさんの親やこれから親になる方に是非読んでいただきたので一日も早い復刊を希望します。


2008.06.16 stardust1213
今の時代を改めて見つめ直すための一助となる書籍だと思います。


2008.06.16 鮫
どうしても読みたいです。その一言に尽きます。


2008.06.16 コバやん
先生のHPを見ていて、本も是非読みたい!と強く思ったのですが、絶版との事で、本当に残念でなりません。是非、いつでも望む人の手に取れる形にして欲しいです。


2008.06.16 きらく2005
筆者のサイトを拝見して、この本に興味をもちました。


2008.06.16 カイ
作者のブログを読んでいます。是非、書籍も読みたいと思います。


2008.06.16 やま
現在にとても必要な本だと思っています。是非復刊して欲しいです。


2008.06.16 あっきー♪
埋もれさせてしまうにはもったいない本だから。たくさんの方に読んでいただきたいです。


2008.06.16 龍丸
中古品を2倍以上の値段で買いました。もっとたくさんの方々に読んでいただきたいのでぜひ復刊してください。


2008.06.16 あっぷるつりー
私は一冊持っていますが、とてもいい本です。なのに、出版社倒産のために在庫がなくアマゾンで19998円という高値で古本が売られています。
1500円で買えたものなのに、欲しいという声を自分の周りでも聞くのでなんとか復刊してほしいと願ってやみません。


2008.06.16 ひとこ
あなたの子どもを加害者にしないために、のHPを愛読しています。
現在子育て中のこともあり、著者の本を手にとってみたいと思っています。


2008.06.15 あねさん
この本はとても必要です。
誰もがすぐに手に出来なければ日本は壊れてしまいます。


2008.06.15 とみ
内容に興味があるので


2008.06.15 はな
誰からも愛されず理解されずに育った人たちの寂しい叫びが事件を引き起こしているのだと思います。とても興味があります。


2008.06.15 papachibi
前から購入したかったのですが出版社が倒産してしまいました。
是非とも読んでみたいからです。


2008.06.15 あるがままのわたし
中尾さんのこの本を読んで、息子に感じていた不安は単なる思い過ごしではないことがはっきりと解りました。正直読み進めるのが苦しい内容でした。我が家を近 所の人は「問題のない家庭」だと思っているでしょうが、外からは家庭という密室の中で実はとんでもないことが日々行われていることが見えないものだとつく づく思いました。

母親のわたしがしてきたことは、私の不安を解消するために、大切なわが子を道具にしてきたということだった。自分の加害性の大きさに愕然 としながらも、「理解」が大きな軌道修正のきっかけとなりました。この本に出合えたことで、紙一重のところにあった大切な息子を加害者にしないですむこと ができたと思っています。たくさんの人にこの本を読んでもらいたい!と望んでいます。もうこれ以上、少年青年の犯罪によって加害者をだしてはいけないと強 く思います。


2008.06.15 ねこ
是非、読んでみたい本だと思います。


心のままに・・・ 2008.06.15 nz550
今この本を復刊することは時宜にかなっている。
売れる可能性はあると思うのですが、どうでしょう。


2008.06.15 のい
秋葉原の事件など、社会を揺るがす問題が起きている現状を食い止められると思ったので、復刊を希望します。


2008.06.15 まな
ブログで著者の考え方に興味を持ちました。自分の子育てに役立てたいと思っています。


2008.06.15 ルウ
著者のサイトを見させていただいたのですが、適切なことを言われていると感じます。自分は子供はおりませんが、将来の為、社会の為にぜひ読んでみたい本です。


2008.06.15 ろうず
中尾先生にカウンセリングで非常にお世話になり、先生の著書をすごく読みたくなったので。


2008.06.15 hai-mama
育児書を読んでも、書いてあることが他人事のように思えましたが、この本の中には私がたくさんいると思えました。そのあとで同じ育児書を読んだら、その内容がとても身に沁みました。自分の意識が変わりました。親に限らず、いろんな立場の方にも、是非、ご一読の1冊です。







2万円近い中古価格、心苦しい限りです。復刊投票を是非お願いいたします(m--m)↓
http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=38996





関連記事
 
Comment0  |  Trackback1
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

愚痴

先日の秋葉原な独りよがりな大迷惑な事件もそうですが、 相談する人もいなくて、愚痴を言う相手もいない人ほど怖いものって ありませんよね。 それがどんどん自分に溜まっていって、それを発散するすべも 知らないばっかりに、なりふり構わずにそれをぶつけ... ...

 
 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード