プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

ブログ「あなたの子どもを加害者にしないために」活用の仕方

2008/07/09(Wed) Category : 私の姿勢
記事を基にした母親勉強会など、私のブログで学ばれている方も多いようです。そういう方が、よりわかりやすいように工夫をしました(→お急ぎの方は下記★★まで飛んでください m--m)。

■--------------------------------------------------------

私の考え方の枠組みはシステムズアプローチである。
簡単に言えば、個に還元して問題を見るのではなく、集団丸ごとを見るものの見方だ。

その座標軸を提供してくれたのが、理論生物学者のフォン・ベルタランフィ。
彼のおかげで、全ての学問は集団を扱えるようになった。(ありがとう!^^)

たとえば、個に還元するしかなかった心理学が「家族」を扱えるようになった結果、「家族療法」が登場した。人は関係性の中で生きているから、個に還元してもしょうがない。全ての学問をシステムズアプローチの上で用いれば「実学」になると思う。

実際、私はシステムズアプローチの観点で組織の問題を見ることができたので、組織改革の視点が座った。また、「あなたの子どもを加害者にしないために」は、交流分析を用いて少年Aの心理に迫っているが、私はシステムズアプローチの上に立って交流分析を用いている。

システムズアプローチの特徴は多々あるが、分かりやすいポイントを1つあげると、犯人捜しをする「直線的因果律」ではなく、因果は巡る「循環的因果律」でものを見る見方だ。

例えば、個に還元する心理学では問題のある人のことをクライエント(患者)と呼ぶが、家族療法ではIP(インデックス・パーソン、アイデンティファイド・パーソン)、つまり「指標となる人」という呼び方をする。
問題があるのはその人ではなく、その人を取り巻く環境。「指標となる人」は、その環境がおかしいことを体を張って示している「炭坑のカナリア」と見る見方だ。だから環境が変われば問題行動もなくなる。親という環境が変われば、子どもも変化するように。


--------------------------------------------------------
結局、全ての生物は環境の動物であるよ、ということ。
人もまた人の環境であるよ、ということ。
だから、環境を大切にしたい。
自然を大切にすることと人を大切にすることはイコールだ。

この当たり前のことをベルタランフィは理論化してくれた。
そして、このようなものの見方、考え方が広まれば世の中住みやすくなると思っている。私は、わが子に住みやすい社会を提供していきたい。だから、この考え方がどんどん広まることを願っている。大学で難しく勉強せずとも、このようなブログで実践的にどんどん身につけていって欲しい。そのため、せっせと事例解説をしたりしているわけだ。事件を取り上げるのも、そういう思いからである。

読んでいる内に、分かってくることと思う。
何か分かったら、自分で記事を書いてみるといい。そうして、どんどん自分のものにして欲しい。自分のものになるということは、そのような生き方ができるということだ。それは、きっとあなたを解放するだろう。

*当ブログはリンクフリーです。
リンクしていただいて、記事をご活用いただければ幸いです。





(追記)
★-------------------------------------------------------

勉強会をされている母親グループからお招きを受けて講演を行ったりします。
数名で勉強会を立ち上げ、私のブログから親御さんが興味を持ちそうな所をコピーして配布し、興味を持つ人の輪を広げていって講演という流れです。

地域の人が知識を共有することで、互いの共通語ができて話がしやすくなりますし、ハラッサーはでしゃばりにくくなります。自分の子育てが変わるだけではなく、冷静にハラッサーを撃退できるようになります。自分の思いを支える確かな言葉を持てば、人は強くなれるのです。

勉強は、お金や地位のために行うのではありません。自分を表現する言葉を得るためにあります。ベルタランフィが当たり前のことを理論化してくれたように、私も、当たり前のことを人が人に説明できるように、との思いでこのブログを書いています。

今や待ったなしのところに人類全体が追い込まれていますから、四の五の言わずにできることをどんどんやっていかなければ間に合いません。わが子に住みやすい社会を残していきたいですから、できることは何でもやりたいと思います。



★★------------------------------------------------------

もし、ご覧の皆様のブラウザが「IE7」か「Firefox2」「Firefox3」であれば、下記サイトで「ブラウザに組み込む」ボタンをただ押すだけで、検索窓に当ブログのブログ内検索を組み込むことができます。
http://search-plugin.com/detail.php?id=222

Firefox3検索窓


記事の中で専門用語の解説や事例紹介などもしておりますので、心理学を実践的に学ぶことができると思います。ご活用いただければ幸いです。例えば、上記のお試し検索窓で、下記のようなキーワードで検索してみてください。

(例)
Firefox3-myblog検索結果


「Firefox3」をインストールすれば、あとは上記ページで「ブラウザに組み込む」ボタンを押すだけ。
Firefox3については、「使えて楽しい Firefox3♪」の記事をご参照ください。






■当ブログのキーワード(一部)---------------------------
源家族
世代間連鎖
世代間引き継ぎ
承認欲求
無条件の愛情
無償の愛情
条件付き愛情
抱きしめる
ハグする
愛情飢餓
存在不安
根源的不安
甲殻類
外骨格
内骨格
役割ロボット
餓鬼、餓鬼人間
カニ人間
イルカ人間
反響定位
お膳立て症候群
操り人形症候群
操り人形
マリオネット
妙な操られ感
連鎖を断つ
エスカレーション

家族の役割
居場所
安全基地
危険基地
崩壊基地
夫婦連合
世代間境界
世代間信頼
世代間癒着
機能不全家族
動的家族画
モデリング
ロールモデル
夫婦モデル
親子モデル
家族モデル
生き方モデル
自律モデル

システムズアプローチ
直線的因果律
円環的因果律
循環的因果律
サイバネティクス
ホメオスタシス
第1次変化
第2次変化
形態維持的変化
形態発生的変化
フィードバック
ポジティブフィードバック
ネガティブフィードバック
自己修正フィードバック
エントロピー
感情エントロピー
開放定常系
価値閉塞空間
環境馴化
人間は環境の動物
情況の囚人
子は親の鏡
欠乏欲求
自己実現欲求
承認欲求
IP(インデックスパースン)
炭坑のカナリア
ロストワン
スケープゴート
割れ窓理論
ブロークンウィンドウ
アノミー

ブラックボックス
ブラックホール
サティアン
結界
胎内
監獄
看守
囲い込み
恐怖支配
支配と服従
真綿の支配
完全統制区域

母子未分離
母子カプセル
父子カプセル
家族カプセル
大人になれない大人
IC
インナーチャイルド
IP(←インナーペアレンツとインデックスパーソンの両方で使われています)
インナーペアレンツ
インナーマザー
鬼子母神
母胎回帰
情緒的遮断
情緒的離脱
情報遮断
脱愛行動
期待圧力
トラウマ
サバイバー
ビルトイン
プログラム
脳内イメージ
洗脳
同化
脱カルト
サイン
宿命
運命
健全な魂
天は自ら助くる者を助く

モラルハラスメント
モラハラ
モラ夫
モラ母
パワーハラスメント
パワハラ
ドメスティックバイオレンス
DVシェルター
DVサイクル
言葉のDV
デートDV
精神的暴力
理不尽
雪隠詰め
変面
ハラッサー
ハラッシー
モンスターペアレント
モンスターマザー
ハラスメントスクール

ダブルバインド
二重拘束
ストッパー
禁止令
第1次禁止令、第一次禁止令
第2次禁止令、第二次禁止令
第3次禁止令、第三次禁止令
絶対禁忌
タブー
許可
パーミッション
ドライバー
イネイブラー
セルフエフィカシー
自己効力感
セルフエスティーム
自尊心
学習生無力症
エンプティチェア
空の椅子

交流分析
人生脚本
自我状態
自我構造
自我浸食
自我癒着
二身一体
心身一如
自我の代行
性格の鎧
自己イメージ
自己概念
自己概念の循環効果
レッテル貼り
自動思考
人生の基本的立場
人生態度
生きる力
ストローク
ストローク飢餓
ストローク欠乏
母性的愛情欠乏症候群
愛情遮断性低身長症
ディスカウント
スタンプ感情
スタンプ集め
エゴ
セルフ
超自我
時間の構造化
モデリング
ABC理論
ABCDEモデル
マズローの欲求5段階説
カープマンの三角形のドラマ
共依存

ストレス理論
ストレス反応
ストレス耐性
ストレッサー
サポーター
情緒反応
汎適応症候群
情動中心対処
問題中心対処
コーピング
防衛機制
自己投影
抑圧
代償行為
デイリーハッスルズ

心のコップ
キレる
キレるメカニズム
キレる大人
怒る 叱る
代理感情
解離性健忘
逃走
喪失
喪失体験
対象喪失
グリーフワーク
フラッシュバック

発達課題
青年期の危機
中年期の危機
アイデンティティコンプレックス
ゴーギャンコンプレックス
マージナルマン
周辺人
四十不惑
石の上にも3年
7年転機説
さなぎ

家庭内暴力
引きこもり
不登校
自殺
自傷
リスカ
いじめ
万引き
離婚

虐待
ネグレクト
心理的ネグレクト

パニック障害
脳脊髄液減少症
化学物質過敏症
水中毒
認知症
抑うつ神経症
性同一性障害
解離性障害
人間不信
対人恐怖
恋愛依存
ギャンブル依存
アルコール依存


パラサイト
ストーカー
ストーキング
犯罪臨界
ゼロトレランス

ワークライフバランス
ワーカホリック
過労死
仕事中毒
マネージャー症候群
サンドイッチ症候群
不作為の罪
未必の故意
イネイブラー
ハインリッヒの法則
1:29:300の法則
モラルとモラール
チェンジモンスター
アサーティブコミュニケーション

関連記事
 
Comment2  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

ありがとうございます m(__)m

ある方のブログで、こちらのブログ記事が紹介されてまして、昨日お訪ねしてみました。
内容の充実ぶり、素晴らしさに驚き 今わくわくして読ませて頂いております。
たくさんの気づきを与えて頂くことは間違いないと思います。
とにかく、一言お礼を申し上げたくなりました。
ありがとうございます。

 

アイデンティティコンプレックス

私は3人兄弟の長男として育ちましたが、実父ではなく虚偽の認知でした。
何度も訊きましたが、実父だとはねつけられアイデンティティコンプレックスに苦しんできました。母の死後にやっと真実を訊きだしました。苦しい日々でした。日本ではあまり使われない言葉ですが、神経症なんですよね。アメリカの知人から聞いたのです、それは神経症だと。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード