プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

心を結びつけた一枚の写真

2008/07/12(Sat) Category : 縁-ネットワーキング
ここに1枚の写真がある。
四川地震で日本救援隊が、発見した母子の遺体に黙祷を捧げている写真だ。
http://j1.people.com.cn/2008/05/19/jp20080519_88402.html

実際に新聞ではどのように報道されていたのかが、下記サイトにある(画像検索で発見)。
http://blog.livedoor.jp/touxia/archives/50957895.html

この写真を撮った中国人の随行カメラマンがインタビューに答えていたのを見た(随分前)。

「この場面は歴史を変える!」


彼はそう思って、夢中でシャッターを切ったそうだ。

そして、それは感動を持って中国の人々に受け入れられた。
日本救援隊の黙祷写真に、感謝と感動の書き込み多数』(中国情報局05/19)
四川地震で在日中国人が追悼集会「日本、ありがとう」』(同05/19)
嫌中・反日バトルに異変、地震記事で目立つ応援と感謝』(同05/16)



私も、感動と共にその写真を見つめていた。

肌の色や言葉が違っても、人は人。
主義主張が異なろうとも、人は人。

人は意気に感じて動く。
人を結びつけるものは「心」。

心なき行動は、同じ日本人同士の間をも殺伐とさせ、
心ある行動は、人種を越えて人を結びつける



小さな競争社会で追い詰められている人々を見、
国際間で助け合う人々を見る



答えは、とうに出ているだろう?



助け合おうよ。





関連記事
 
Comment1  |  Trackback1
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

四川地震 日本救援隊

日本救助隊が活躍している。 テレビでも報道されるし、新聞でも報道される。 中国の新聞で報道されているのを 画像にしてみた・・・ 四川省 青川で・・・倒壊した建物から 発見された 遺体に対して 黙祷をささげる 日本救助隊・・・の写真。 この 礼儀... ...

 
 
 

Comment

 

初めまして。
いつも新鮮な感動を覚えながら拝見させていただいております。

最近ひょんなことから相談を受ける機会が増え、皆が仕事や市場に追い立てられている、との中尾先生のお言葉通りだと再認識する日々です。

中尾先生の声が更に広がってくだされば、と願っております。

拙文失礼致しました。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード