プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

皆様、コメントをありがとうございます

2008/07/25(Fri) Category : 私の姿勢
皆様、コメントをありがとうございます(m--m)。
いつもいつも、ありがたく思っております。

続編を書けなかったのは、訪問カウンセリング、電話&スカイプカウンセリング、メールカウンセリングが立て込んでいた上に、雑誌掲載原稿の手直しが入ってしまったからです(昨日締め切り)。

本日も、これから訪問カウンセリングに出かけますので、また改めて書かせていただきますが、ご心配をおかけすることになりますので、ちょっと一言書いておかなければと思いました。
私の問題への関わり方は下記に書いておりますので、まずはそちらをお読みいただければと思います。

「問題」と「事件」への関わり方-私のカウンセリング姿勢

私が「あなたの子どもを加害者にしないために」を書いた理由






(ps)
電話をかけようかどうしようか迷われている方へ。

上記のように書くと、「忙しいのに時間を取らせて申し訳ない」と思う方がいらっしゃいます。気持ちを出したいときがかけたいときですので、その時に電話してください。気持ちで行動することをストップさせるような思考はインナーペアレンツです。気持ちのままに行動することが、インナーペアレンツを小さくし自己一致に近づく道とお考え下さい。

また、このように考える方は、いつも親(人)を優先して自分を後回しにされてきた方だと思います。それは、自分が自分を見捨ててきたことになります。自分に「我慢させてばかりでゴメンね」と謝りましょう。そして、我慢し続けた自分を救い出すことに全力をかけしましょう。

もう我慢させてはいけません。
ですから、躊躇せずにかけることです。

ただし、上記のような状況ですのでつながらないときもあります。その時もめげずに、また折を見てかけ直してみてください。



関連記事
 
Comment1  |  Trackback1
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

そっちじゃない!!気をつけて!!

こんなふうに、言ってもらっていたのに、 という記事を夜中に読む。 そうなんだよ。 なかなか部屋が片付かないのも、 夜中までウダウダ考えちゃうのも、 インナーペアレンツ(内なる親)が かまって、 かまって、 と纏わりついているのを、相手しちゃって... ...

 
 
 

Comment

 

先生、こんばんは

毎日お忙しい日々をお過ごしなのですね。
体に気をつけてくださいね。
8月2日の講演を聞きに行きたかったのですが、その日は地元のお祭りで、花火があがります。
去年は、何とか近所で見れましたが(まだ回復段階だった)今年は現地まで行って見る予定です。
二年前、部屋にこもって音だけ聞いていた事が遠い過去になりました。
観覧席もくじ引きで当たり、埼玉在住の友達が、花火を見る為にだけに強行スケジュールで帰省してきます。
先生の事を思い出しながら目いっぱい楽しみたいと思います。
今苦しんでいる人達をたくさん救ってあげてくださいね。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード