プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

「あなたの子どもを加害者にしないために」復刊希望コメント(9)-2008.0626~2008.0630

2008.06.30 衣織
絶対にこの本は今の私たちに必要で知らなければならない大事な本だと思います。私は、中尾様の本を読みたいです。読んでこれからの生活に生かしたい…そう思います。ぜひ復刊お願い致します!!


2008.06.30 Dadakaoru
サカキバラ事件、そして秋葉原事件・・・この二つの事件のそこにあるものは「親」。親として、どう子供を育てるのか、その指針の一つとなると思います。


2008.06.30 rena
ぜひこの本を読んで勉強したいと考えています


2008.06.30 ちびちびまるこ
良い本と紹介されたため


2008.06.29 まめちゃん
産業カウンセラーの立場から及びキャリアカウンセラーをめざす者として現代の若者の置かれた立ち位置ややり場のない心境、鬱屈したエネルギーを暴発させていく心のぶれやぎりぎりの選択にどうしても関心がいきます。続く青少年犯罪への予防策として、いかに事前に暴発をくいとめられるか、また、そのために自分に何ができるかという課題を自らに課す上で、本著はその一端として大いに参考になると思います。


復刊ドットコム 2008.06.29 ホッシー
子育てに貴重な情報が満載されているため


2008.06.29 みどり
今、あとを絶たない少年犯罪には、決定的に気づかなければならないことがあるんだと思います。
家の間取りだとか、いろんな説があるのですが、私はまだ他にもっと決定的なことがあると思っています。
著者のサイトなどから、本当に考えること、思い当たることが多くありこういった本は是非、多くの親にじいちゃん、ばあちゃん。。その他大人に、もっともっと大勢の人に知ってほしいからです。
どうぞよろしくお願いします。


2008.06.29 繭
今の時代に必要と感じた。とにかく多くの人に読む機会を与えてほしい。家族のあり方、子供への影響、気づかないところで蝕まれていく心・・・悲しいです。復刊を強く希望いたします。


2008.06.29 りのりの
著者のブログを読んでいてぜひ著書も拝読したいと思ったため


2008.06.28 カリョウ
遠くの図書館から借りないと読めないから。


2008.06.28 トム
読んでみたいからです


2008.06.28 わたうさ
わかりやすいと評判になっていたため


2008.06.28 としろう
本質的ではない表層的な問題を本質的な問題であるかのように取り扱う記事や番組が多い中、加害者の心の内に迫った貴重な本であり、是非多くの方々に読んでい ただきたいと思います。これ以上加害者も被害者もだしてはいけない、という著者の意気込みが感じられるお勧めの本であるにもかかわらず、これが手に入らな いというのは大きな損失だと思います。


2008.06.28 Hazama
知人からの紹介で興味を持ちました。


2008.06.27 よじゅん
モラ夫と暮らし子供が影響をうけていると感じているから参考にしたい


2008.06.27 ひめこんの母
昨今、通り魔事件等劣悪な事件が後を絶たない。しかしこれらの加害者にもすべて親がいる。つまり加害者もこども時代があったわけで、その時代をどう過ごした かが、その後の人生に大きく影響していると思われる。小さい子どもを持つ親は、将来こどもを事件の加害者にしないよう育ててやらねばならないと思う。それ が犯罪社会を少しでも広げない一番の近道である。この本はそれに答えてくれるものだと思う。


2008.06.27 maemae
子育て中の母親として自分の子供達のためにまた、周囲の人たちから自分の家族を守るためにぜひ読みたいので。


2008.06.27 マンボウ
自分の子供が加害者にならないために読んでみたいから。


2008.06.27 じゅんこ
あの事件については、衝撃が走りました。”アキバ系”の独特のユニークさはこれからの数少ない日本の希望だったはずなのに無差別殺人の舞台になるとは・・・ ”無差別殺人を起こすような犯罪の加害者の心理について、なぜだかわからない・・では親としてはすみません。中尾さんの著書をぜひ、きちんと読みたいの で、ぜひ、復刊していただきたいです。


2008.06.27 まさすけ
良い本だと聞きぜひ読んでみたいです。


2008.06.27 hana
最近また起こってしまった悲しい事件をまた起こさないためにも、広く読んでほしい本だと思います。


2008.06.27 よろいち
異常とも思える犯罪の多発に対する対策として、社会として取り組むべきと言う著者(中尾氏)の持論に賛同して。


2008.06.27 ヤッピー
中尾さんの講演を聴き、この本を読む中で、酒鬼薔薇事件や今回の秋葉原事件だけでなく、「認められない」「聴いてもらえない」ことが、人間にとってどんなに つらいことかをつらつら考えています。これは、子どもだけでなく、夫に認められない専業主婦しかり、上司に一方的に責められる部下しかりです。今この本を 多くの方が読むことが必要だと痛切に感じています。本質を誤った「精神異常者論」や「特異なケース」といった整理は、こういった事件を根本的に防ぐことに なりません。復刊を切に希望します。


2008.06.27 めんたんぴん
お子さんやお孫さんのいる方には、是非読んで頂きたい良書です。
この本の中に書かれていることを、評論家的に捉えるのではなく、自分自身の問題として捉えることが大切です。そうすれば、自分自身の「あり方」を振り返るのに良いきかっけとなり、多くの「気づき」を得ることができます。


2008.06.27 チビ
読んだ人がとても感動したとの事なので読んでみたいと思ったから


2008.06.27 aki
興味があるため


2008.06.26 かぱこ
若い世代の理由なき凶悪な犯行が多発している世の中。小さな子供を持つ親として、どうのように子供を正しい道へ導いていけばよいのかという、参考にしたいため。


2008.06.26 アンコ
子供を持つ親として是非読んでみたい。
秋葉原事件の犯人のような人間をこれ以上見たくない。


2008.06.26 モチ
筆者の方のサイトでこのご本のことを知りました。
未読ではありますが、サイトを拝見する限り今の時代に必要な本だと思います。自分自身がはたからは羨まれる、しかし中身は牢獄かそれ以下のような家庭に育 ち、酷い目にあってようやく抜け出して今もどうにか生きてはいますが、同じような目に遭っていた人があまりに多いことにも、あんなことがくり返されること にも耐え難い思いがします。
廃刊のため古本の価格が高騰しているとのことですが、この本を切に必要としている方々に広く適正価格で行き渡るよう、どうか復刊をお願いいたします。


2008.06.26 モチ田
著者ご本人のブログで紹介されているのを見て興味を持ちました。
是非読んでみたいです。復刊を希望します。


2008.06.26 ムッチー
著者のブログを通して、本を知りました。カウンセラーの視点から,家族の問題を論じています。家族の関係について考える材料にしたいので、ぜひ復刊してください。


2008.06.26 j_shimamu
メールマガジンにて紹介され是非読んでみたいと思ったからです


2008.06.26 こんちゃん
ぜひ読んで子育ての参考にしたいです。


2008.06.26 crlair
今の時代に絶対に必要だと思うからです。
是非読んでみたいし 同じ想いの保護者の方は沢山いらっしゃると思います。
絶対復刊してください!
一日も早い朗報をお待ちしております。


2008.06.26 はっち
秋葉原事件以降、いろいろな所でこの本について目にする事が多かった為。


2008.06.26 akeko47
まだ読んだときがないので。知人からの紹介で。
自分の子供を加害者にしないために。


2008.06.26 マドレアーニャ
今の世の中、自分だけが心がけてそれで大丈夫なのか、周りの交友関係の把握など不安は一杯!男の子3人の母親として是非一読しておきたい


2008.06.26 エビサンローラン
この本を読まれた方がとても感動されたそうです。
現在子育て中で、秋葉原の事件なんかもありましたし、早く読んでみたいです。


2008.06.26 katu
現在の社会が抱える家族の問題を解決する糸口になる本だと思いました。子供を持つ親として誰もが感じている事だと思います。一度是非読んで見たいから復刊して欲しいと思います。







復刊投票を是非お願いいたします(m--m)↓
http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=38996

関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード