プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
02 ≪│2017/03│≫ 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

「あなたの子どもを加害者にしないために」復刊希望コメント(10)-2008.0701~2008.0714

2008.07.14 ねこうさ1028
信じがたい事件が多くなってきている中、自分の子どもが加害者にならないとは断言できない人が多いと思う。自分もその一人なので、ぜひ復刊していただき、読んでみたいし、またたくさんの方にも呼んでいただきたいと思う。


2008.07.12 シュウ
著者、中尾英司さんのホームページの言葉に共感でき、この本を非常に読みたくなりました。先日、悲惨な犯罪が秋葉原で起きてしまいました。そのことについ て、深く考えている時、中尾英司さんのホームページに行き着き、私の考えていたことが、そこには書いてありました。まさにそれを言いたかった!という心境でした。この本がもっと多くの人の手に入るようになれば…と思い、復刊を希望致しました。そして、私もこの本を手に入れたい人間の一人です。


2008.07.11 のんのん
自分も読んでみたいし、学校のPTA図書で購入してもらいたいと思って投票しました。


2008.07.11 RAN
育児をする上で非常に参考になると聞きました。親のしつけや態度がどれほど子供に影響を及ぼし、それが失敗するとどれほど恐ろしい事が起きるのかがよくわかるとのことで、大変興味があります。
復刊すれば必ず読んでみたいので、ぜひ復刊お願いいたします。


2008.07.10 sachiko
あちこちに起こる現代の家族問題の核心にせまる良書。一家に1冊あった方がよい。大切に一生懸命育てたはずの子どもを知らず知らず深く暗い落とし穴に落としてしまわないために全ての親に読んでほしい。


2008.07.10 麗
子を持つ親として、是非今後の子育てに参考にしたいです。
どうか宜しくお願い致します。


2008.07.10 しのしの
自分の子育てを振り返るために、読みたいと思った本です。子供との接し方の指標となる本だと知り、ますます読みたくなりました。今の社会情勢を思うと、この本の重要性が増していると感じます。ぜひ復刊をお願いいたします。


2008.07.10 GAPPA
今 こそ、未来の日本を背負うこどもたちが伸びやかに前向きに成長できるよう育てていきたいと親が本気で取り組まなければならない時期にきています。こどもの 成長はとても早く、私も一刻も早くこの本を読んで子育ての参考にしたいと思っております。図書館や古本屋でも見つからないため、ぜひ復刊を宜しくお願いい たします。


2008.07.09 シールド
中尾英司さんのホームページに偶然たどりつき、この本を知りました。
わたしは三人の男子を育てています。
この本を読むことで、親である私が更に変われたら、子どもたちは救われる
という想いで、投票させていただきます。


2008.07.07 さら
今の時代に必要な本で解決したいけど、解決の仕方がわからないという方にぜひ読んでほしい


2008.07.07 薔薇
5ヶ月の男の子の母親です。先日起こった秋葉原の事件等、子育てに日々悩んでいる親としては気になることがたくさんあります。是非、この本を読んでみたいです。


2008.07.07 riversider
今、子育てについて悩んでいます。問題は子どもではなく自分の心との戦いと分かっています。この本にはそのことをもっと教えてくれると確信しています。一刻も早い復刊をどうぞよろしくお願いいたします。


2008.07.06 よっちゃん
著者のブログを拝見し、共感したので、是非読んでみたいと思いました。
今の時代にとても必要な本だという気がします。


2008.07.06 みーたん
知人に子供がいるなら是非読んだらいいと薦められたので読みたいと思いました


2008.07.06 大絶画
内容に興味があります。1度読んでみたいです。


2008.07.05 yy
図書館でしか読めないのが
歯がゆい!!!


2008.07.05 灯鳥
著者のブログ読者です。
絶望さえ必要だと書いていたブログの記事を見て私は泣いてしまった。DV夫殺害の彼女も、秋葉原の彼も、歯科医宅の兄妹も、そしてこの本に書かれているらし い少年Aにも、私は似ていた。彼らは彼らの人生を歩んでいるはずなのに、事件のたびにそこに自分がいるような苦しさを覚えた。たぶん、私と同じような感覚 に陥った方にも著者の言葉は語りかけてくると思います。
この本が必要な方の手に渡ることを願って一票入れます。普通の値段なら自分も一読してみたいです。


2008.07.04 ジョージ
復刊するなら今しかありません
絶対に売れます
秋葉原事件の記憶が薄れる前に
是非復刊をお願いします


2008.07.04 kuma
親が子に接する態度で振り回されるのは子供。
子供が親を振り回したり出来ません。
結局は親が子をどう考えるか、によるんだと思います。
それ以前にまずは自分と自分の親の関係を見直すことだと思いますが。
じっくりこの本を読みながら考えたいです。


2008.07.04 アヒル
とても気になる本です。子育てしている「今」、是非、読みたいと思っております。中古本がプレミア価格で、販売されていますが、とても購入できません。復刊を切に希望しております。


2008.07.04 にーこ
「楽しい子育て」で知りました。
男の子を育てる母として是非読みたいと思います


2008.07.03 なっちゃん
親としては気になるタイトルです。現在は高額ですし、たくさんの人が気軽に読めないなんて・・・もったいないです。


2008.07.03 svgbf07
秋 葉原通り魔事件をきっかけに、中尾英司さんのことを知りました。あの酒鬼薔薇事件を深く鋭く洞察したというこの本を、読んでみたくてたまりません。悲劇の 再生産を食い止める糸口が隠されているかもしれない本書が1万円で中古販売されているなんて、市場原理とはいえやっぱり「マネーがモラルを失って」(中尾 英司)います。ぜひとも復刊をお願いします。


2008.07.03 keikei
ぜひとも読みたいです。
アマゾンでは、中古で1万円を超えています…。


2008.07.03 kei
小さな子供がいますのでぜひ読んでみたいです。


2008.07.03 ゆっきゅん
男の子3人の母です。今まで嚇しながら子育てしてきた気がします。悲しい事件が多い世の中で、これから思春期に入っていく息子たちと、親としてきちんと向かい合いたいです。著者のHPを見て大変勉強になりました。ぜひ復刊をお願いいたします!!


2008.07.03 mia
わが子を加害者にしたくない、そんな母親はきっと日本中にいると思います。今の時代に必要な本だと感じました。よろしくお願いいたします。


2008.07.01 ishikou
この本を読んで、間違った育て方をすると大切な子どもを犯罪者にしてしまうという恐ろしい事実を知りました。
子どもに伝えるべき一番大事なことは何かを、わかり易く丁寧に教えてくれる本です。


2008.07.01 takikana
子供がいるのでぜひ読みたいからです。
世間で騒がれている事件を繰り返してはいけないと思うし。
家庭での教育の仕方などを知りたいです。


2008.07.01 oyonyon
機能不全家族やAC、家族システムについて勉強しています。
秋葉原事件は、AC事件そのものと感じています。
援助職としてぜひ読みたいと思いました。


2008.07.01 assa
子育て中の親として是非読んでみたい一冊です。


2008.07.01 やっちゃんこ
是非、復刊を希望します。私も読んで勉強したいです。







復刊投票を是非お願いいたします(m--m)↓
http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=38996



関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード