プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

愛しき日々

2008/08/18(Mon) Category : 人生・世代
「彼女の遺志を繋いでいく事が残された者の使命」
―その思いから掲載させていただくことになりました。
知人のご友人の話です。





可愛い顔立ちの女性だった

頑張り屋で、

生き甲斐である看護士をしつつ、いろいろな資格も取り

輝いていた



腫瘍ができた

顔だった

変形していく顔

片眼は失明した




しかし、彼女は顔を隠さず行動した

杖をついて電車に乗り、看護士の仕事を続けた

大学に入り直し、趣味も極め師範となった

そして……永眠した




「頑張る」




私も彼女も、大好きな言葉だった

が、私は積み上げてきた半生を失い、彼女は命を失った

いろいろな思いがよぎる



今、私は頑張ることではなく

あるがままの自分で生きている



そして、闘病しつつますます輝いた彼女を見習って

私も自分自身で勝負しよう

形ではなく心で



そして、肩の力を抜いて心の底から笑える日々を積み重ねていこう

お盆―居酒屋で彼女の好きだった塩辛を頼み、酒を酌み交わしたい










戦闘モードで生きていた知人は、現世的価値を根底から砕かれ、
絶望と殺意と自死念慮の闇を彷徨った後、
一日一日の喜怒哀楽を大切にする幸せに辿り着きました。



くっだらな~い(笑)
あれは楽しかったね~
こんなことして笑ったね~
あの時は泣いたね~……



そういう日々が、何より愛おしく大切なのです



関連記事
 
Comment2  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

心が救われました^^

最近色々な事に焦りを感じてしまっていたので先生の日記を読んでちょっと気持ちが軽くなりました。

「一日一日の喜怒哀楽を大切にする幸せ」・・・・・素晴らしい生き方ですね^^

 

感動しました

先生、私もその女性のように生きたいです。

素晴らしいお話を、ありがとうございました。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード