プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

ソフトボール「金!」おめでとう!!

2008/08/22(Fri) Category : スポーツ
おめでとう!

最後がよかった。
上野と相性が悪いというユングが、なんとよりによってノーアウトで出塁。意地を見せた。続くは、1番、2番、3番だ(ったと思う)。

途中雨に降られて中断したときも、またアメリカにツキが行くんじゃないか…などと、チラと頭をかすめたりしていたものだから心配だった。

その上、上野は昨日、対米戦、対オーストラリア戦ともに延長を連投で投げ抜き、この最終回、疲労は極限に来ているはずだ。

う~ん、大丈夫かな…と、思ってみている間に、ピシッとしめた。
トップ3を打ち取ったのだから、文句なしだ。
守りがサイコーだったね!

互いにピッチャーもバッターもよく、ピリピリと緊張して少しでも気を抜いた方が負け、という緊迫した試合で見応えがあった。

米国は一度勝った相手に、否、ずっと勝っていた相手に負けたのだから、悔しかったろうね。

負けても這い上がり、連投の上の延長でもあきらめず、そしてもぎとった。
決してあきらめない、最後まであきらめない…あきらめないことの大切さを体で教えてくれた。

解説も絶叫し、そして泣いていたね~。

表彰台の上野の晴れた笑顔が本当によかった。清々しかった。




記事を見ると、昨日サヨナラ弾をぶっぱなした西山の言葉。
「上野さんが頑張っていたので、早く助けたかった」

その西山も、アキレス腱断裂で開幕前に離脱した「不動のショート」内藤の代わりにセカンドからショートへコンバートされたという。内藤のパワーももらったのだろう。

それに、心臓に先天性の異常があり、中2のときに大手術を受けた体での全力プレー…。
西山もまた、夢をあきらめない大切さを教えてくれている。

それぞれの人が、それぞれのあきらめないドラマを持っているのだろう。
そのあきらめない力が一つとなって、あの強敵アメリカを下したのだ。
力の差はなく、執念の差だったと言ってもいいかもしれない。



それにしても…ソフトボールと野球が、ロンドン五輪から外されるとは知らなかった(世間に疎い… --;)。最後となる北京で「悲願の金」をもぎとったわけだ。よかったね!
本当におめでとう!



関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード