プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

国民に毒を食わせた国

2008/09/10(Wed) Category : 社会事件簿
自分に問いかけてみよう」で疑問を呈した「比較優位の原則」。
それに政治が絡むと、工業製品を売るなら農産物を買えという取り引きになる(ウルグアイ・ラウンド)。

結果、米を作るな、米を作らないなら金をやるというおバカな減反政策がまかり通り、働かないことに対して税金が使われた。
働きたくても働けない苦しさ、仕事がないのに金が支払われることの辛さ、何より生き甲斐を奪われ人生を奪われる虚しさ―この三重苦を国はお百姓に押しつけ国土は荒れた。

その一方で、米が余っているのに外国から米を買うというおバカの上塗りをしている(税金を使って→これで、二重に無駄金が使われていることが分かるだろう)。

もともと他国民が食べる米+作れば買ってくれる。そりゃ手間をかけず農薬漬けにもなるだろう(食べる人の顔が見えない大量流通には、無責任になる要素がある)。で、「毒入り危険」の米が入ってきたわけだ(メタミドホスは人に有害なので、日本では農薬・殺虫剤として使用してはいけない→つまり、“毒 ”です)。

そもそも、だ。なぜ、毒入り米を突き返さない?
購入義務があるから? それが不良品でも、毒入りでも購入義務があるの? どう考えてもおかしいでしょう。

それを農水省の担当者は
『事故米といえども国費で購入した国の財産。価値あるものは少額でも売らなければ無駄と指摘されかねない』(絶句!)

毒に価値があるのかい!(怒)
もはや米以前に、官僚の判断が相当に汚染されていることが分かる。

そして、農水省は保管料、運送費、焼却費を払いたくないために、業者に売ろうとする。国が毒を売っているのだ。この行為自体が“異常”ではないか?

三笠フーズしか買いに来なかったこともある(農政事務所の職員)―当たり前でしょう。まともな業者なら買いに来るはずがない。

百歩譲って、売る相手が産廃業者などの廃棄業者ならまだ分かる。が、農水省が売った相手は「三笠フーズ」。その先に菓子メーカーや清酒メーカーなどがあることは分かり切っていたはずだ。最終的には、国民の口の中に入るのである。毒が!

つまり、農水省は、“その先”がどうなるのかを知っていた上で売っていたのである。腹立たしくないかい? 農水省は釈明のためにぼーっとした人物をメディアに立てて誤魔化す気か? もっと本質をついて怒れよメディア。

農水省は毒を売っておいて、アリバイとしての立ち入り調査をし、自分たちに罪はないと逃げようとしている。
『現物は確認されないし、粉にした後に「すぐに出荷して物はありません」と言えば済んだ』(三笠フーズ社員)―完全な出来レースでしょ。

農林水産業がこれだけこけにされている国もない。
地方の衰退を目の当たりにしているだけに、いやそうでなくとも、この事件には憤りがある。

自民党の総裁選の茶番にはすっかり嫌気がさして、候補者達の顔が映るだけでテレビを見ない。もっともらしい顔して出てくるだけで、もう結構、もう沢山と思ってしまう。あのような顔しか並ばない政治の貧困が哀しい。

今回被害を被った菓子や清酒メーカーの経営者が言っていることは、「信頼」の上にしか社会は成立しないと言うことだ。

経済第一主義というイデオロギーのために安心と安全と社会への信頼が失われたこの世界。

政治家を選ぶ判断基準を、私たち一人一人が変えていかなければならない。


関連記事
 
Comment2  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

先生、ありがとう

「不良品をどうして返品できないの?」「これが日本国内のメーカーだったら、あっという間に自主回収とお詫び広告の嵐なのに」
ずっとそう思っていました。
こんなことをやっているから、「あの国には、何をやっても大丈夫」と、思わせてしまう。
一つ譲れば、一つ押し込まれて、包囲網はどんどん狭められているという気がして仕方がないのです。
産んでも産んでも、男性が毒と戦で殺してしまう。
お金なんかあったって、こんな事では産む気が失せるのです。

 

■三笠フーズ立ち入り、5年で96回=それでも見抜けず―国民を愚弄する農水省腐れ木っ端役人、ここまで杜撰な管理体制!!

こんにちは。この偽装事件に関しては、もちろん三笠フーズは悪いですが、それ以上に農水省の対応が悪すぎるどころか事件を誘発しています。他にも日本国内で偽装が多いのは、偽装を仕組む民間企業も悪いのですが、そういった環境を作っている農水省にも問題があると思います。詳細は、是非私のブログをご覧になってください。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード