プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

「あなたの子どもを加害者にしないために」―大切なのは、自分を変える勇気を持つこと

届きました!
復刊版「あなたの子どもを加害者にしないために」♪

あなたの子どもを加害者にしないために

コメントを頂いたので、今か今かと待っていたら、午後届きましたよ~。ブッキングさん、本日一斉に発送したんでしょうかね~。

本の「復刊によせて」にも書きましたが、本当に皆様のご声援のお陰です(↓)。
あなたの子どもを加害者にしないために-帯

ありがとうございました(m--m)。

ご感想を是非お待ちしております。
よろしければ、ご遠慮なくどんどんトラックバックしてくださいね~。
「あなたの子どもを加害者にしないために」トラックバックセンター



「復刻版あとがき」を掲載させていただきます。




★大切なのは、自分を変える勇気を持つこと

1997年の神戸児童殺傷事件も、2008年の秋葉原通り魔事件も、ともに家庭内で心を追い詰められた子どもたちによる事件です。
しかし、社会の受け止め方は大きく異なりました。

10年前は、異常者による犯行とみなしていましたが、
秋葉原の事件では「もしかしたら我が家も……」と他人事ではない反応が見られたのです。

また、本書刊行当時、本書のタイトルは「うちはそういう子育てはしていない」と敬遠されました。しかし、現在は、このストレートなタイトルが親を惹きつけているようです。

わずか3年の差ですが、人々の心は大きく変化していると実感します。
一つは、追い詰められている人が増えたということです。
もう一つは、ブログを武器にして弱者が声を上げ始めたということです。

追い詰められていた人は、この思いが自分一人ではないことに気づき始めました。その追い詰められた方々の力が、自分たちの心情を代弁するかのような本書を再度世に復活させてくれたと思います。

知識は気づきを生み、行動を変えます。
今の日本の社会や制度は「心」を大事にしていないとつくづく感じます。
是非、本書を読み力を得て、一人一人が自分を変える勇気を持ってください。
そこからしか、日本は変わっていきません。

また、本書に書かれているものの見方や知識を共有することが、ハラッサーやモンスターペアレンツをのさばりにくくします。地域社会が大切であることも改めて認識できれば、ワークライフバランスの是正にもつながるでしょう。

地域に面的に広げるために講演やセミナーなどどこへでもお伺いしたいと思います。
それが、本書を再びこの世に誕生させてくれた皆様へのご恩返しです。

私たちの子どもたちのために、住みよい社会を取り戻しましょう。

ありがとうございました。

中尾英司

関連記事
 
Comment6  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

怖かった

こわい
私の存在の不確かさ
じぶんが居ることを
目の前にある机に触れた感覚で確認していた毎日
私も透明な存在だ
自分が暴走しそうな恐怖感
あたしだって、彼と大差ないんじゃないか
この本を読んだ子どもに
力が欲しい

 

昨日届きました。
私の母もAの母に似ています。
ずっと私を認めなかった、認めないまま、去年亡くなりました。
物心ついた頃から苦しかったんです。
この苦しみはどこから来るのか?自分は他人と違う感じがする、どうしてなのか?と原因を探してきました。
やっと自分がおかしくなったプロセスがわかり、それを母にぶつけたら、Aの母のように素通りされました。
何度も母に対して絶望してきました。
気持ちを受け止めてもらえなかった苦しみ、今も持ち続けています。

二度と同じ悲劇が繰り返されぬよう、現在の幼い子供達に救いを差し伸べられるような安住の地が社会に芽生えますように。

 

返せ!!!と何度も何度も叫びたくなる…歯や顎や頭が痛くなる程の怒りの凄まじい力は経験しないと分からない…
小学生の時に親にしがみつかれ無になりたくなった…悪夢にうなされながら日々が過ぎていった…自分だけ同級生とは何かが違い…ずっとモヤモヤがあった…
親から解放されたと思ったら…別の人間たちがあっちこっちを引っ張り出した…わけがわからなくなった…何を信じればいいのか分からなくなった…あまりの恐怖に鬱病が酷くなって停止した…感覚が消えた…

取り返しのつかないこと…それは身体に沢山残っている…そしてそれぞれの時代を真剣に楽しめなかったことは何よりも悔しい…

親を救ったのに…

何故…?

何故なんだろう…?


 

取り返しのつかない事がある

 父は子供の僕にいいました。いい大学に入っていい成績で卒業しなさい。そうすれば父よりも幸せになれるだろう、と。父がずっと見ていたのは私ではなく私の成績でした。彼は私の好きな事物を一つでも知っているのだろうか?
 
 母はAの母に良く似ている。絶対に謝らない。必ずいいわけをする。子供に対してつねに優位であろうとする。支配的である。彼女には余裕がないのだ。だから周りを自分を守る道具にしかできない。
 私は母に言った。あなたは子供を、愛したい時に、愛したいように、愛したい分しか愛さないね、と。母は応えた。あったりまえじゃない、と。
 私は皮肉を言ったのだ。そもそもあれが私を愛したことなど一度もない。

 怒りで心が暴れる。やがて疲れて無気力になる。幾度も繰り返すうちに心は弾力を失う。救われる、ということが私にはすでにわからない。私は産まれてこなければ良かった。

 私にはAの苦しみが痛い程に刺さった。
 
 
 

 

少年が殺害した子の、近所で知り合いの方のブログに辿り着いちゃいました…
子猫の虐待をポイントに(2ちゃんねるで酷いらしい)動物虐待者に重罪を!と叫んでいましてね、法律などをアメリカ並に!と…
今は、通報しましょう!と、たまにネットで活動しているだけのようですが、集まる方々が殺意だらけでして…
許せないのはわかるんです。私も悲劇を見て不安定になりましたから…
でも、同じ事を!とか死刑に!とか怒りのままの文章に、私は凄い嫌悪を感じてしまうんです。
刑務所や死刑で、確かに自分たちは安全になった気にもなりますし、復讐になり怒りがおさまるのかもしれません。(死刑は地縛霊生産だと思うのですがね…)
それでも私は、次のステップを少しでも言える方がいないのかコメントを読んでみたのですが…全くいないんですね…
そこに悲しみを覚えるのは、また違った苦痛でして…
近所だったからこそ、異常者!変態!イラクやアフガンへ派遣されて犬死にしろ!と、激しく差別することによって、安定させようという作用なのでしょうか?
もちろん善意でのことでもあるでしょうから、表現が難しいのですが…
霊的なものに少し敏感なので「殺してどーなる?」とも思うわけで…
敵を愛する努力もしてみる価値があるのでは?理解した方が見えてくる何かがあるのでは?そんなに言い続けるエネルギーがあるのなら動物への活動を本格的にやって下さいよ!アメリカが正しいとは思えません!経済主体のエゴ国家です!あなたが言うように、どんな理由があろうとも、人間へも動物へも、虐待や殺害は許されません!
…矛盾を感じるのは、私の視野が広まったからでしょうか?
恐怖感が足りないのでしょうか?
好みの対象を主観的に愛することは、楽チンなんですよね…
無知の罪は罪にはならないのでしょうが…

ちょっと複雑です…どう社会と付き合うべきか、いまいち掴めません…

 

届きました!

私も1票を投じさせてもらいました。
届いてから、読みたくてウズウズしてましたが・・・
やっと、今から読めます。

今、虐待防止の研修を受講中ですが、

共依存
DOイズム・BEイズム
網状家族
自己覚知
ヤマアラシのジレンマ
etc・・・

ここで学んだことをフィードバックできます!

私も学び始めたばかりですが
家族システム論が、広く普及する事を願っています。






      

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード