プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

Change!

2008/09/23(Tue) Category : 世相・社会
小泉内閣の閣僚が雁首を揃えた自民党総裁選び。
もうこれしか持ち駒がないの?

情けなく思った人も多いのではないだろうか。
日本の政治の貧困を象徴していて、見るに堪えなかった。

ある朝の番組で、立候補してよかったことを一人づつ述べてくださいと言われ、揃いも揃って「地方の疲弊の実態が分かった」というようなことを述べたとき、たまたま聞いていた娘が「今更、そんなこと言ってんの?」と…。

日本という国の実態を知らずして官僚の言いなりとなり、党内の勢力争い、及び永田町、そして米国という矮小化された世界でしか生きていなかった自民党は、一度下野して目から鱗を落とさなければ、国の足を引っ張る重荷になってしまうだろう。



足並みも乱れている。
後期高齢者医療制度を維持すると言っていた桝添厚労大臣が、あるテレビ番組で
「見直す」発言をしたとき、公明党の政調会長が「聞いていない!」と憤慨してかみついた。

総裁選び前日の番組で、麻生氏は後期高齢者医療制度を撤廃する考えはないことを言っていたのに、確か同じ日に桝添厚労大臣は「廃止する」旨の発言をしている。そして、今日は早「見直し」に後退している。しかも、あきらかに誤魔化し程度の内容だ。自民党内も、もはやバラバラだ。

その間にも農水大臣は辞任するし…。

もはや政権を任せられる政党ではなくなっているだろう。



私たちは、小泉劇場に踊らされ、煮え湯を飲まされた。

小泉改革以降の日本がどうなったのか、自民党の面々も今更に感じているようだが、国がモラルを手放したツケと、政治に生活をないがしろにされた怒りは、あちらこちらで爆発している。

そして、その現場に私はいる。
生活は困窮し、人は追い込まれている。これまでにも書いてきたが、政治が人を追い詰めている。こんな国ってないだろう。

政治を変えなければならない。

地方分権ではなく、地方主権。
車社会ではなく、人社会(←当たり前のことを欠かざるを得ないことが情けないが…)。

総理を選ぶのではない。
政権を担ってしかるべき政党を選ぼうよ。

最初から何でもできる人はいない。
育てていくのは私たちだ。






【ご参考】
■欽ちゃんの仮装大賞とコイズミ劇場
http://www.kosonippon.org/mail/bk_2005/bk050930.php

■お袋に届いた「ねんきん特別便」
http://www11.ocn.ne.jp/~uten/colam_o-18.html



関連記事
 
Comment2  |  Trackback1
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

総裁選アーカイブをアーカイブ⇒地方どさ回り葬祭賤一座、肝心な勧進元の自民議員が選挙で尻に火がついてどっちらけ。(笑)

 あとで検索で探す時にも便利かもと言うことで、【毎日】の総裁選アーカイブをアーカイブしておきます。まだいく日か残っているので、その分はまた後で追加します。写真なども追加の予定。  「自民党総裁選 アーカイブ」をアーカイブする前に、その中でも目についた記?... ...

 
 
 

Comment

 

私は、小泉ブームのミーハー世論を疑問に思っていました。

結果、小泉は「郵政民営化だけが目的」でした。

孝太郎が「親父に、目的は一つに絞れ」的なことを言われたと言っていましたが…、納得…。


私の親は散々ぶっ壊れて、やっと楽に生きれるようになりました。

楽とは「執着しない」という感じですね。

医療で無理矢理生きねばならない、というのを捨てることが一番の薬だったように思います。

世間体も乗り越えた感じでしたね。自由に生きていましたよぉ~。

そして清々しく肉体から旅立ちました!

私のように「死」や「苦しみ」を実感したからこそ、「生」や「世界」「地球」について、真剣に考えられるようになるのかもしれませんね…。

真実が見えたからこそ、家族や社会の過ちの押し付けに疲弊したのですが…。


それと…、福田は…、政治を全くワカッテナイどころか…、酷く幼稚ですよね…。

哀れですね…。

哀れ過ぎて、何も言う言葉が見つかりません…。

先日の発言で、彼の今後が見えたような気がしました…。

 

出来レースなど見たくもない!

中尾先生、こんばんは。

わたしが10代の頃(恐らく80年代前半)に見た、政治のニュース場面を思い出しました。

「どこかの一部のえらそうなおっさんたちが、自分たちの為だけに勝手なことをやっている。」

と云う印象が今も残りますが、今回も同じものを感じました。

わたしはこの9月末で、会社の経営悪化を理由にリストラされました。

30代後半という自分の年齢もありますが、今の転職の難しさはそれだけでは無い様な気がしています。

ワークライフバランスを考えたら、物理的に生活が出来ない。
何も贅沢しているわけでも、家やクルマのローンを抱えているわけでもない生活なのに、家族4人の生活費の最低限度を稼ぎ出すためには、何の社会貢献も果たさない、地球環境破壊を助長するに他ならない仕事に、家族との時間を犠牲にして就くしか選択肢が残されて居ないのではないかと思う状況です。

管理社会は、職業選択の可能性を確実に「資格」という大義名分で埋め尽くしていました。

都会で生きるか、地方で生きるか、産業で生きるか、農水に生きるかと云う選択肢も、自分が知ってる地方の荒廃ぶりを見る限り、もはや残されているとは思えません。

退職するにあたり、
「契約社員にもかかわらず、会社を良くしようと頑張ってましたが、
正社員の人たちは自分のこととは思えない。
知っていても、見て見ぬフリをする人より、よっぽど立派な人です。」

と、云ってくれた人も居ましたが、家族の生活を思えば、もはや綺麗ごとを云っていられるかどうかのギリギリの線まで追い詰められていると云うのが、実際のところです。

リーマンの一件による影響を、ひた隠しにして、まだ経済第一主義を転がり続けようとする日米連合。

リストラ前の暇つぶしに会社で見ていた戦時中の生活のWeb記事を見ていて、
なんだか鉄砲や爆弾こそ使っていないが、今は確実に戦時中の生活や精神状態に近づいて行っているような気がしました。

要塞のような隣の人の顔も見えない庭の無い壁だらけの家に生涯を捧げるようなローンを組み、「安全」の名分の基、装甲車のような巨大な自動車に数年先の収入の行き先を決められ、気持ちが右にも左にも行けなくなりながら、ただ会社員と云う既得権にしがみつき続けることが、益々強くなっていくのでしょう。

資本主義、経済第一主義がナニ主義になれば良いのかは、知る由もありませんが、何をみるにつけ、もう本質が残された領域は北極の氷の如く、消え行く寸前にまで来ているのだと思いました。

経済成長やしつけ、教育を実行してきた者、関わってきた者たちが、日本社会の親だとするならば、
「悪かった。経済成長は間違えていた。しつけ、教育は押し付けだった。」
と、認めて欲しい。

そこから、気持ちの時代が始まるのではないでしょうか。

そのためには、わたしの世代が、家族を抱えた状態で、その親たちと闘わなければならないが。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード