プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

言葉に現れる人の本質

2008/09/27(Sat) Category : 世相・社会
【小泉純一郎元首相引退に思うこと②】

『2005年の郵政選挙で小泉旋風に乗って初当選した“小泉チルドレン”の間には「これからどうすればいいのか」という戸惑いや、「信じられない」との驚きが広がった。

第3次小泉改造内閣で少子化担当相に抜てきされた猪口邦子氏(56)は「私は何も聞いていない…」と一瞬、言葉を詰まらせた。「本人の口からハッキリ聞くまで信じられない」と繰り返した。首相秘書官も務めた小野次郎氏(55)は「信じられない。間違いではないのか」と驚くばかり。』【9月26日スポーツ報知】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080926-00000099-sph-soci

何を今更驚いているの、という思いだ。 彼は、既に2年前に「政治家は常に使い捨てにされることを覚悟しないといけない。甘えちゃいけない。使い捨てが嫌なら国会議員にならない方がいい」と、自分で集めたチルドレン達に言っていた。
さらに言えば、全国民に対して「自己責任」を押しつけた人物である。



----------------------------------------------------------
心理学的に翻訳すれば、彼は次のように言っていたのである。

『私は、政治家を使い捨てにするよ(=全ての人・職業を使い捨てにするよ)』
『使い捨てにされるのが政治家なんだから、異議申し立ては聞かないよ』

『私は、ボスとしての責任は取らないよ』

このように、無責任であることを宣言しているわけだから、自分の出番がないと分かれば逃げ足が速いのも当然だった。うがった見方だが、彼は小池百合子を潮目を見る道具に使ったのではないかとさえ思ってしまう。そして、小池惨敗を見て潮目の変化を確認し、去ることにしたのではないだろうか。



----------------------------------------------------------
私たちは、冷静にその人の言動と結果を見極めなければならない。
彼の元で、人を道具として扱う「改正労働者派遣法」が成立し、女・子共・老人・病人はおろか若者までが切り捨てられ、地方が崩壊し、ハラッサーや「キレる大人」が増大し、自殺者が3万人の高原状態を続けているのは偶然ではない。

彼は一貫して、とんでもないことを言い、そして実行している。
政治家を含めてどんな職業であれ、生き甲斐を持ってするものでしょう?
ただの道具として働く結果は、決して人のためにならないでしょう?

トップが無責任でよいというモデルを示したことが、全てを現場責任に押しつけて利益さえ上がれば何でもやるという「詐欺社会」を登場させてしまったでしょう。

一国の首相は、鑑なのだ!



----------------------------------------------------------
私たちは、自分たちの選んだ結果が自分たちに返ってくるという貴重な体験をした。

この苦しい体験から私たちが学ぶべきことは、キャラだけで政治家を選ぶのではなく、その人のポリシーや何をしようとしているのかというビジョンで選ばなくてはいけないと言うことだ。そして、それは言動に表れる。だから、マスコミは国民に伝えるべき言動に敏感になってほしい。

イケメンブーム、見た目指向になってから、人の本質を見る目が社会全体から失われている気がする。




関連記事
 
Comment1  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

自己責任

みんなわかっていて、選んだものかと思っていました。

他人のせい、政治のせいで、保護ばかり求めるのを一旦止めて、自己責任とはどういうものか感じてみたいって流れなんだろうか?とか・・。

みんな無責任は変わりないから、逆にあれだけはっきり言われると気持ち良かったかもしれません。

投票する時に、自分の得になる政治家を選ぶのか、将来的に国を守れる政治家を選ぶのか、難しい所ですね。

弱者とされる人達は、前者だと信じたのでしょうか?
後者だと信じて自滅しているのなら、それはそれで潔い選択だなーと感心します。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード