プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

梯子を外された小泉チルドレン

2008/09/27(Sat) Category : 世相・社会
【小泉純一郎元首相引退に思うこと③】

それから、小泉チルドレンの方々。
組織改革の時に、時としてこのようなボスが現れることがある。私も体験者だ。

にこやかで人当たりがよく、バイタリティがあり、情熱的に話しをするため人を惹きつけ、期待を持たせる。その人が「俺がやる」と改革を立ち上げ、一緒にやる者この指止まれと人集めをすれば、「我こそは」と思う者達が集まってくる。

ところが、改革はじっくりと腰を据えてかからなければできるものではない。
しかし、エネルギーの出し方には人それぞれにタイプがあって、瞬発的にエネルギーを出す人は持続的にエネルギーを出すことができない。

結局、コマを揃えたところでガス欠。「後はやって」と投げ出してしまう。
屋根の上に登ってこいと声をかけておいて、上がっていくと、自分は降りて梯子を外してどこかに去ってしまう。このように屋根の上にポツンと放り出されて途方に暮れている「改革事務局」を私は見てきた。

実際、私も次のような場面があった。


--------------------------------------------------------------

「ランチタイムミーティングの途中で、『これから会議があるから』と中座されるとモチベーションが下がります。部長が召集されたから人が集まってきたのであって、私の下ではありません。経営に対して影響力を持つ部長が話を聞いてくれるからこそ、ランチタイムミーティングも力が入るのです。その部長が中座するようでは、残された我々はいったい何なのかということになってしまいます。改革のために知恵を出すために集まったのではありませんか。知恵の出し合いをするなら、最後まで討議に参加していただかなくては困ります」

しかし、竹下はもうおよび腰であった。営業部隊の人事の関係でトラブルが起こったのを契機に、気持ちはすでに古巣に戻っていた。
〈開発本部唯一の“気楽に真面目な話ができる場”だ。どのように形を変えて存続できるか……〉
 島津は、腕を組んだまま、しばらく座っていた。

【「あきらめの壁をぶち破った人々」より】

--------------------------------------------------------------

というわけで、ここからが勝負だ。
生き残れるかどうかは、あなたの本気度にかかっている。
与えられた仕事としてやっているのか、それとも、自分が取り組むべきこととして情熱を持ってやっているのか。

突破口は、現場を足で回ること。
それ以外には、ない。






ご参考までに、上記組織改革の全てを書いた本「あきらめの壁をぶち破った人々」の中には、主だった人だけでも下記のように14人もの特徴的な人々が登場する。いずれも、「あぁ、いるいる」と思うような人ばかりだろう。

組織の人間模様の中で迷い道に入り込んでしまわないためにも、ご参考にしていただければ幸いである。尚、小泉タイプは「①思いつき突進型」です。



★登場人物の類型-----------------------------------------

<リーダー類型>
①思いつき突進型   竹下部長(52)アイディアマンだが熱しやすくさめやすい
②軍隊型       岩山次長(57)部下は手足。逸脱を許さぬ統制支配
③お神輿型     柳田部長(53)学者・公家タイプ。のらりくらりと行動せず
④団塊型      江藤次長(49)タテヨコに身動きがとれず袋小路
⑤プレイングマネージャー型   富樫課長(44)部下を使って成果を上げることを役割と考える
⑥チェンジリーダー型   島津(39)EQリーダー。個人と組織の自律、育成を考える

<コアメンバー類型>
①課題設定型   神山課長(44)本質的問題に切り込む
②与件遂行型   荒井課長(44)与えられた課題を効率的にこなす
③現実調整型   浜崎課長(44)今ある現実からどう生み出すかを考える

<運用メンバー類型>
①クーデター型     関(33)混乱につけ入る
②日和見型       寺西(35)混乱に飲み込まれる
③サイレントマジョリティ型  坂東(54)混乱を打開したい気持ちはあるが…

<職務の人物モデル>
①ITコーディネーター   緒方(35)現場に飛び込むシステムマン
②コンサルタント      一橋(40)現場にコミットするコンサルタント





管理職の支配の類型



関連記事
 
Comment2  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

橋下府知事

小泉さんの分析を読んで、同じことを大阪府知事に対して感じます。
彼は弁護士時代は、同業者や自分の所属する弁護士会をテレビで批判して騒動に巻き込んだ挙句、立候補。
その府知事職も続けるつもりはなく国政に転身するつもりらしい。
ただのデストロイヤーです。

 

小泉さんらしい幕の引き方ですね。
麻生内閣にはショックが大きいかもしれません。
それにしても後継ぎが次男でしたっけ、またも身内議員の登場でしょうか。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード