プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

環境と感情

2008/10/22(Wed) Category : 心と感情
陽が陰れば、人の心も曇り
台風が来れば、身構え
雷が鳴れば、身を縮めて通り過ぎるのを待つ

穏やかならざる天候の時、人も緊張する

そして、
快晴、微風、うららかな時、
人は外に飛び出して伸び伸びしたくなる


そう-
人が伸び伸びと活動的になるのは、自然環境が穏やかなとき

その時人は、
自然の存在を忘れ、自分のやりたいことに集中しているだろう

その存在を忘れるくらいに安心しきって身をゆだねているのだ。
そういう時に人は、もっとも活き活きと輝くのだろう。



----------------------------------------------------
私は、人が活き活きとしているのを見るのが好きだ。だから、
私の理想は、忘れ去られるくらいの安心できる存在になること
いわば、空気のような存在
(なかなかできませんが…)

そのためには、自分の中に苛立ちや怒りがあるとダメ。
それらの波動は、黙っていても必ず相手に伝わる。
そして、相手は緊張する。

だから、苛立ちや怒りを吐き出していかなければね
そうならないように、感情を溜め込まない環境にしなくてはね
つまり、感情を吐き出し、受け止めることのできる環境

感情を出すにも受けるにも、安心できる環境とゆったりした時間が必要
自分の内側に目を向けるには、外からの情報遮断が必要



----------------------------------------------------
だからね、感情主体に考えるならね…

1,情報不要
テレビ、電話、新聞、雑誌、本、ネットなどの「情報」は、ことさらの時以外不要。意識を外に向けるよりも内に向ける方が進むべき道が見えてくる。余計な情報は遮断しよう。

2,モノ不要
モノには念や情や価値がこもっている。モノがあればあるほど自分は縛られ、窮屈になる。心の空洞をモノで埋めれば埋めるほど、心は出てこない。だから、モノ不要。

3,鎖国政策
情報やモノが不要であれば、地産地消で十分。
それに、「鎖国」という外交手段で、国が他国に翻弄されすぎないことも大切。

4,競争不要
「競争」はいらない。競争ではなく、人の気持ちを引き出すことで組織改革を成功させた実績があるので、私はまやかしの競争神話には乗りません。そもそも、人は競争させることではなく、認められることで成果を上げる。

5,労働制限
「働く時間」は制限する。無制限は工夫を生まない。これも、会社時代に実証済み。

6,開発規制
「開発(破壊)」も制限する。何より身近な自然が人の心の安定に大切。



----------------------------------------------------
経済が豊かでも、幸せではないことが証明された現在

そろそろ、

「心豊か」な国を目指して 方向転換しませか?




合い言葉は、「GNH(Gross National Happiness :国民総幸福度)」!







ブータンの「GNH(国民総幸福度)」に学ぶ発展の哲学

ブータンと養老孟司
「笑顔の国」から「怒りの国」へ





関連記事
 
Comment4  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

1.第二次世界戦争を最後の戦争とするのが国連の目的で、第二次世界戦争の結果を遵守し、遵守させなければなりません。 米英の対日戦争は宗教戦争でもあって、戦争の結果を認めず対日宗教戦争を継続する過激な宗教指導者は米の政治に影響力を持っています。これに便乗して世界戦争の結果に違背

する危険な対日要求をする国は多いです。
日本との平和条約26条により日本は領域の割譲は出来ません。
第二次世界戦争の結果に関する情報は必要でしょう。

米を始めとする第二次世界戦争の最終的な連合国と日本との平和条約、次いで、降伏文書とそのポツダム宣言条項そのカイロ宣言条項、その他の第二次世界戦争の結果である条約、次いで、日本との平和条約の5条と国連憲章107条により国連憲章です。
自主独立の日本人の民族国家は存続しますから日本は最高法規を憲法のままとする権利があります。

憲法は、自国の主権の存する国民の福利を国家の唯一無二の目的とするよう命じる事を原理とする法です。

2.日本の領域に関する日本と連合国の決定は世界戦争の結果そのものです。
戦後の不法占拠は制裁して退去させ、戦争の結果の不法占拠は米に退去を命令強制するよう要請し、残存権利権源請求権を完全化してくれるよう連合国の諸国と韓国に嘆願し、失地は買い戻す事を願い出るべきでしょう。嘆願して色々言われ、反論したり反省したりするべきだと思います。
3.鎖国は理想ですが、日米同盟は対等ではない共同覇権同盟で、第二次世界戦争後の秩序そのものです。日本は米に宗教国家として振る舞う事を自制し、人類史上初の正統性性有る実質単独覇権国として責任有る振る舞いをするよう求めて行く必要が在ります。
安保理常任理事国にならないと、国連軍の防衛行動強制行動への参戦要請を拒否すると日本との平和条約5条aⅢ違反で国連憲章53条107条の適用になり、第二次世界戦争の結果として無制限の制裁になります。
拒否権を持つ常任理事国となっても、既に国連から権限を与えられている国連軍からの要請は拒否できませんが。
4.働く事を傍楽とするのは日本人の福利でしょうが、企業の存在目的を株主利益の追求ではなくするのですから、株式に投資して利益を得る事により幸福を追求する外国人の権利を制限することになり、日本企業の株式支配権を外人から日本人が買い戻す政策を取るか、賠償しないといけません。相続税を廃止して日本人所有の株式の安売りを止める等しないと。
5.法人所得税を強い累進制にして経費を大幅に認めると、企業は人材を資産として蓄積します。
6.都心の建ぺい率容積率高さ制限を最も厳しくし、離れる程緩くすること。
暗渠化された河川を元に戻し、旧河川敷を緑地に戻して川幅を拡げないと治水関係のお金が際限無くかかります。

 

螺旋階段疲れたなぁ~

共依存によって、奪われたことばかりですねぇ~

私、休む(サナギかな?)って宣言したんですよねぇ~

止まりたかったんですよねぇ~

止まれないからって、巻き込まないでほしかったんですよねぇ~

激し過ぎて、ど~しよ~も無かったですねぇ~

拒否しても強引で、散財までして、逃避しつづけてましたねぇ~

人間不信が続きましたねぇ~

経験しないと共感出来ないですもんねぇ~

全身蕁麻疹にもなっちゃいましたねぇ~

そりゃあ感情麻痺しますよねぇ~

強制鎖国ですぅ~

今でも鎖国したいです、私………


ちょっと体調も悪いから(天気も悪いから?)、ここ数日なんだか落ちる手前だなぁ~

あっ!そういえば!!

あんなに香ってた金木犀の香りが、無くなったよぉなぁ?すぐ散るのかぁ~…

 

いいなぁ

蟷螂の孵化に出会うのは、楽しいですねぇ。
うちにも来ないかなぁ

 

~自然~

我が家に蟷螂が来訪しました(*^_^*)

ナント!今日観てみると~…

産卵してました!!ビックリです(^。^;)

気にいったようですねぇ~…

まさかの産卵です…

(´ー`)どうなるのでしょう??

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード