プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

子は母親の意志を待っている

2008/10/24(Fri) Category : (家族)カウンセリング
さて、押し込められていた母親が気づき、意志を持って活き活きと動き始めると、待ってましたとばかりに子どもが息を吹き返しはじめる。

「お母さんはこの頃、いつも笑顔だね」
「お化粧が上手くなったんじゃない」
「そんな服着るなんて驚き~(*_*)」
「部屋が変わってきた」
「モノがなくなってスッキリしたね!」

こうなると、母親が子ども達の背を押し、子ども達が母親の背を押して、ガンガンに回転し始める。子ども達の持つ潜在エネルギーは物凄いものがある。そして、その勢いが自分たちを操っていたエンヤ婆(またも出ました、エンヤ婆!^^;)の霧を吹き飛ばし、ブラックホールの勢力を駆逐していく。


そして、ある出来事でものすごく喜んだお子さんの口から思わず出た一言が
「中尾さんパワーだね!」

いや、これも嬉しかったです(^^)。



-------------------------------------------------------
こうして、あちこちのご家庭が息を吹き返していくのを見るのは楽しい。

何よりも強いのは、人の持つ「意志の力」。
母親が自分と闘って「意志」を持てば、実は怖いものはない。
子どもという巨大なパワーが、あなたの味方になるだろう。


ちっぽけに見える子ども達
でも、懸命に懸命に貴方を支え続けている

今の貴方は本当に幸せなのかと問いかけながら
でも、要求せず、貴方の決断をただ待ち続けている

押しつぶされても、ズタズタになっても、
それでもなお、支え続ける

折角この世に生を受けて
あきらめたくないから

きっといつか何かをつかみたいから





FUNKY MONKEY BABYS 「ちっぽけな勇気」







「子のため」に頑張っている親






関連記事
 
Comment2  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

あっ私だ\(^^:;)

親を支え続けた小さな私…ですね。

 

今どんな歌聴いてるの?という私に息子が嬉しそうに貸してくれたのがFUNKY MONKEY BABYS だった。「ちっぽけな勇気」を聴いたとたん
嗚咽がもれ畳に突っ伏して号泣していた。

この子たちに支え続けられてきたことがわかった
懸命に私たち親を背負い続けながらも、自分らしくいきたいと願い続けている健気さにうちのめされた。

あの時私は私に、やれることは全部る!と誓ったのだと思う。

中尾さんにメールで気持ちを吐き出し、同時に「楽しむな!」という親からの禁止令も破り続けた。
FUNKY MONKEY BABYS の野外ライブに息子たちと行ったのも、禁止令を破るためだった。
だから一番楽しんでいたのは、私だったな。
ごめんね!こどもたち
わたしもあきらめないでがんばります!

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード