プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
12 ≪│2017/01│≫ 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

ひめゆりの証言-大城信子(17歳)

2008/10/28(Tue) Category : 戦争
『砲弾の降りしきる中を手術室から壕へ患者の誘導は大変な仕事でした』

『誘導の途中、ほとんどの患者がかわいそうなくらい唸り続けでした。』

『そんな時、至近弾に見舞われると、泥みずの中であろうと石ころだらけの中であろうと、サッと身を伏せます。その時だけは今までうんうん唸って、「痛い。痛い」と連発していた患者も不思議と静かになっていました』


大城信子(17歳)






【手記を全て読みたい方は、「ひめゆり記念資料館」ガイドブックをご覧ください】


関連記事
 
Comment3  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

ガマでしたね(^^;)

自然洞窟をガマって言うんでしたね。

私も忘れていました。

そして何があったのかもう一度、簡単にではありますが、読みました。

人間は主観的ですね。

 

ガマ

「ガマ」という言葉が浮かびました!壕をガマと呼ぶんですよね!

修学旅行でガマに入りました!!

私たちのクラスが入ったのは、出入りがラクなガマだったのですが、大きなガマでした。

皆で懐中電灯を消すんですよ…。懐中電灯があってもかなり暗いのに…。(しかも私…懐中電灯が消え( ̄▽ ̄;)歩きずらかったなぁ…)

皆で静かに座って、真っ暗闇を体感………

皆さん!体験なさってみて下さい(^O^)/

今、忘れていたので、ガマを調べました!!

ドラマ「さとうきび畑」(でしたよね?)なども見たので、納得と悲しみと恐怖で、泣けてきました…。

戦争は、人間を辞めないと出来ませんねぇ………

 

はじめまして

3年前、彼の暴力が始まりました。一緒に治そうと必死になったものの、何をしたらいいのかもわからないし、どこに相談しても彼に内緒でシェルターに逃げなさいと言われるばかり…愛があるのかもう既にわからないところまで来ていましたが、当時は自分にすべて原因があるのではないか…と思い、逃げることも出来ず毎日悩んでいました。3日に1度、ひどいときは骨を折られました。生きた心地がしなかった。親にも兄弟にも友達にも相談できず、あざだらけの体を隠してました。彼はプライドが高く自信のない人、私も弱虫で甘えん坊で彼に依存していました。治ったといえるのかはまだわかりませんが、今は3月から暴力を受けていません。たくさん説得して、2人で毎日その日の反省文と相手の気持ちを想像した短い日記を書き、交換して読みました。いまは喧嘩した日だけ書いています。彼が自分が悪いときちんと認められた時点で(日記を書く決意をした時点で)暴力は治ったに等しいのではないかと思っています。彼は自分の非を認めるのが怖かったと言っていました。すべての人に効果があるかわかりませんが、私より影響力がある方に知っていただき、ひとりでも多くの女性に希望と幸せを手にしてほしくて書き

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード