プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

目が三角形で上目遣いの人

2008/11/13(Thu) Category : 脳内親vs小さいちゃん
【脳内親vs小さいちゃん】

以下のことは、人によって違います。
さらに、以下のようであったからといって、それが説明内容に直接結びつくものではありません。あくまで、そのような事例があったということです。



【目蓋】------------------------------------------------

インナーペアレンツに支配されているとき、目蓋は三角形になって目を覆う。そう、丁度般若の面みたいに。そこから、上目遣いに人を探る。

般若


(昔の人は人間をよく観察していたなと感じる。
子を支配するインナーペアレンツは飢えた鬼だ。
生命エネルギーを食い尽くしていくだけではなく、時として本当に命を奪う。
人が心に鬼を宿すとき、顔は般若になるのだろう。

にしても、お面には鬼神面、怨霊面いろいろあるけれど……
女性の面の方が怖いよね~ ^^;)



インナーチャイルドが現れて感情を出した後、目蓋はお椀のように円弧を描いて目を開かせる。その時人は、ゆったりと率直に人を見る。

同じ人でも、インナーペアレンツに支配されているときとインナーチャイルドを解放して自分に戻ったときは顔つきが異なり、随分若々しくなる。








能面「般若」


のべおか天下一薪能




関連記事
 
Comment1  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

般若(´Д`)

女の怨念は、そりゃあ!もう(>_<)末恐ろしいですよ!!!

体験してみて、あぁはなりたくない(┬┬_┬┬)と、本気で思いました!!

そもそも幼い頃から、大人の女性には、懐かなかったなぁ(゜゜)なんでだろう??

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード