プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

生きようよ

2008/11/23(Sun) Category : 人物
山田泉さんが11月22日、ご永眠された。

闘いを見せていただいた。

講演後に本を購入し、サインしていただく際に握手を求めたら、驚かれたように、しかし嬉しそうに、しっかり握手を返された。あの時の顔が目蓋に残る。

闘われた方が残された詩

それを全文掲載したい。




「生きようよ」


山から朝日がのぼるまち
海に夕日がしずむまち
このまちの小さなおかしやで
私はいのちをもらったの

みんな私を知ってるの
私もみんな知ってるの
やさしい笑顔のこのまちで
心をいっぱいもらったの

楽しいときには笑ったの
かなしいときには泣いてたの
子どもの弱さが愛しくて
大人の強さがかなしくて

いつも子どもとともにいて
いつも子どもに支えられて
幸せもらって生きてきた
ここにいたいのこのままずっと

桜が風に舞うように
いのちも流れて大空へ
失いかけて見えてくる
生きてる今 いのちの重さ

はじまりはいつも笑顔なの
芽吹いたばかりのあなただから
かけがえのないいのちをだいて
助け合おうよ 生きていこうよ

今の私にできること
小さないのちをうたうこと
生きようよ このまちで
生きたいの あなたと
限りあるこの時を
生きようよ 支えあって







作詞 山田泉
作曲 李政美(い ぢょんみ/Lee Jeongmi)
絵  山ん葉
【李政美 「生きようよ」】




詞の一つ一つが響いてくる

涙が出た。

ご冥福をお祈りします。






乳がんと闘う山田泉さん講演会「いのちの授業をもう一度」

どげしよっかえ? 豊後の山ちゃんワイワイ日記



関連記事
 
Comment1  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

先生、亡くなったんですか(´Д`)…

ある場面が、心に残っています…。

…あら?言葉にならないなぁ(。。;)

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード